サヨナラ負けの腹いせに酔っぱらいながら書いている。


昭和42年生まれのオヤジの話である。
サヨナラ負けの腹いせに酔っぱらいながら書いている。
興味があれば読めばいい。

子供のころの遊びといえば、メンコ、ビー玉、ベーゴマだった。
どれも学年上の近所の兄貴たちに仕込まれ、
同じように近所の子分に教えたものだった。
『だっちゃん』、『てっぱ』、『うっかい』なんて言葉は
今の餓鬼は知らないんだろう。
ときどき公園に来る、ポン菓子屋は一大イベントだった。
カラーひよこや粘土屋なんて、史料に出てくるような下町文化の只中でわたしも育った。
駄菓子屋の三角飴やきなこ餅は大好きで、
小遣いを貯めちゃあ、お好み焼き屋で 『ぼった』をつっ突いていた。
ベビースターなんざ金持ちの食いもんで、
われら貧乏はもっぱらラメックだった。

いまどきは見るスポーツは多彩だが、当時は野球か相撲くらいなもんだった。
いや、相撲なんざ年寄りの見るもんで、野球以外にはなかったと言っていい。
その野球も、巨人戦しかテレビでやらないもんだから、
もう日本中が巨人ファンだったんだろう。
時折いる天邪鬼がアンチ巨人だったりしたんだろうが、
その『アンチ巨人』なんて言葉すら、あったんだろうか定かでない。
大阪には阪神があったから事情は違ったろうが、
東京の田舎者はだいたいこんなところだ。

かなり小さいころ、われらがマリーンズの前身の本拠地、
東京スタジアムには行ったことがあるそうだ。
実際よく覚えていない。どこにあったかも、聞いたところでピンとこない。
お化け煙突なんかも聞いたことはあれど、いまいち記憶がはっきりしない微妙な世代である。

そんなわたしが、おやじに連れられ何度か国民的スポーツの野球を見に行った。
まだセリーグもパリーグも知らない、いや、野球自体をあまり知らない小学生時分に、
ぜいたくにも球場に連れて行ってもらったのだ。
野球をまだ、よく知らなかったから嬉しくとも何ともない。
でもお出かけだからワクワクしていた。当の本人はそんな程度だった。
しかし野球といえば巨人だ、くらいは認識していたから巨人戦を見に行くんだろうと思っていた。
ましてや後楽園球場だし。
しかし、下町貧乏の我が家にそんな当時のプラチナチケットが手に入るわけもなく、
そう、ご想像の通り観に言った試合は日ハム主催のロッテ戦だった。

テレビとはまったく違う、座席が丸見えの盛り上がりのかけらもないスタンドから、
カップラーメンをすすりながら試合を見ていた。
連れてきた当のオヤジも興味のないパリーグの試合にあまり盛り上がっていたとは思えない。

しかし、物心ついてから初めて生で野球を見たわたしには鮮烈に印象に残る野球観戦となった。
投げていたのは、あの村田兆治である。

あのマサカリ投法が全力全開でぶん回していた。

今までテレビで見てきた、ほかのどの投手とも違う、
まちがいなく全身全霊を込めているであろう投球フォームに完全に虜になった。
攻撃よりも守備が待ち遠しいという奇妙な観戦。
そして、勝利したとなれば完全にヒーローである。

村田兆治はわたしのあこがれのヒーローとなった。

そして、勝利したロッテというチームは、
本日ただ今たまたま見に来ただけの少年に、
巨人以上の最強チームであるという、人生最大の誤解を与えることになった。


その後の数十年の悲劇は、みなさんのご想像通りであり、歴史の通りである。


だからわたしは、突如快進撃を始めたここ数試合のほうが違和感で、
今日のような敗戦は特に何も思わない。


ウソです。


くやしい。


この悔しい思いを30年以上にわたって味わってきた。
免疫はあるが、やはり悔しい。


それでも、過去の自分を思えば、
ロッテファンであることを告白することすらできない時代を過ごしてきたわたしには、
いまの時代はたいへん幸せですよ。
なにせこの短い間に二度も日本一になるなんて遠慮のないことをしているんですからね。

そしてまた、昨年同様今年も期待を持たせてくれている。
嬉しいことです。

さあ、まだ始まったばかり。
いままで奇跡的に勝ち続けていたんだから、相手にだって奇跡は起こるさ。

気を取り直して、さ、また行こう。
だいじょうぶ。どんなときもオレたちがついてるぜ!



にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
2013交流戦
[PR]

by zacho_7henge | 2013-05-18 01:46 | 今日のロッテ | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://zacho7.exblog.jp/tb/20508417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オリオンズ狂 at 2013-05-18 06:09 x
筆者に激しく同意です(笑) ロッテ好きは墓場に潜っても続きそうです。私はド田舎岩手産で たまに放映された東京東映戦で負け続けるオリオンズへの判官びいきからがきっかけです。管理人さんより一回り年かさで オヤジのオヤジですが 夕べは神宮で畠山(岩手、専大北上出)に見事にやられるのを見て帰宅(あ~ぁこの道はいつかイヤいつも来た道だなぁと思いながら)…苦笑もいいところですね。でもファンはやめない!! 明日から又応援するのみ!! 出筆頑張って下さい、応援しています。
Commented by 米作 at 2013-05-18 08:59 x
これからも、ロッテファンとして長い忍耐と修行の日々が続きますね。(私の育った所も、もんじゃ焼きではなく、ぼったです)
Commented by zacho_7henge at 2013-05-19 00:21
・オリオンズ狂 さま

大先輩に応援をいただいて恐縮です。昨日は同じ岩手の同胞にやられたとあっては複雑でしたでしょうね。わたしは環境が少し変わって、今年は幕張に行けそうもありません。もしや最後の観戦チャンスかと、今夜は神宮に顔を出してまいりました。今日の試合も、いつぞやのロッテそのままでした。残念(^^;
Commented by zacho_7henge at 2013-05-19 00:23
・米作 さま

マリーンズのMは,マゾヒストのMでしょうかw
負けたことは忘れて応援に没頭しているんですから
思えば見る方は気楽なもんですね(^^;
ぼった、が通じるエリアは狭いですから、ご近所ですね(^^

<< 【観戦記】あちらさんの打球だけ... 天狗蕎麦 やぶ忠@足立区椿二丁目 >>