南千住砂場(砂場総本家)@荒川区南千住1丁目


その歴史を辿れば、『和泉屋』か、あるいは『津国屋』という
蕎麦屋のルーツにまで遡ることになる。
それこそ行き着くところまで行き着いてしまう3大暖簾のひとつ。

砂場。


その総本家は紆余曲折あってこの荒川区を新天地としましたが、
歴史の重さとは違う世界観で、
今日も時を重ねていっています。



e0164825_16204628.jpg


力そば970円税込
おもちは2枚。

『チーン』という音は、
まあちょいと残念ではありますが037.gif

前と変わらず、優しめのかけ汁。
すっきりした味に、するすると蕎麦をいただきます。


古い古い、お店の中。
今や他で見ることも少ない、船底天井。
蕎麦屋造りの古い歴史の一旦を伺わせます。

e0164825_16210989.jpg



荒川区の重要文化財の指定を受けた建物は、
そう、古いというよりは...な印象は否めません。

重文に指定されると改築も改装も儘ならない、と、
どこか別の事で聞いたことはあります。


それにしても、どこも雑多で、
その趣味は、見る目のないわたしには、まるで我楽多市のようで。

ずっと変わらない埃と誇り。
飲食店とは思えない臭さ。

やはり、来るたびどこか心配になる、
そんな歴史ある蕎麦屋。


ごちそうさまでした。またいつか029.gif


三ノ輪/砂場総本家
東京都荒川区南千住1-27-6
TEL 03-3891-5408
営業時間 10:30-20:00 木曜定休

以前の南千住砂場さん情報
・11/05/13天ぷらそば

周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図


.
[PR]

by zacho_7henge | 2016-11-15 12:01 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://zacho7.exblog.jp/tb/24927210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 繁盛店はテンポも込みで、スッと... 寒くなると、かつ丼にはかけ、が... >>