2017年 04月 14日 ( 1 )

 

ロッテ2-3西武 ああ、福浦…


9回、1死満塁。

代打、福浦。


誰もがサヨナラしかイメージしなかったその時、
誰もが抱いて疑わなかった幻想に
現実が襲いかかる。

テレビ観戦だから、
少し違うのかもしれないけど。


最後のそれは、
かの福浦が打ち損じるような球だったか。


薮田も幻想に覆われてなのか、
尊敬に値する男への配慮なのか、
賞賛の言葉をならべる。

しかし見逃しも、ファウルも、
余裕があったようには見えにくかった。


最後インパクトの瞬間。
それはセカンドの頭上を超える痛烈な長打になるはずだった。
あるいは二遊間を綺麗に割るクリーンヒットであるはずだった。

現実には、
縺れるような足取りの福浦が、
天を仰ぎながら一塁を駆け抜けていた。


彼自身が、
何かを決意しやしないか。

そんな心配がよぎる打席だった。




[PR]

by zacho_7henge | 2017-04-14 22:16 | 今日のロッテ | Trackback | Comments(2)