<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

割烹 さいとう@台東区下谷2丁目

テーマ。
みんながいいって言うからいいって言うの、やめようぜ。


さて。
何度かチャレンジするも、いつも大行列です。
いつ来ても、その並びは変わらないので、腹をくくって繋がりました。
イベント、イベント(^_^;

割烹さいとう @ 入谷

平日のお昼。ひととおり人生片付いた老夫婦がやたら多いですな。
あとはインチキな輩にスチャラカ社員ばかりな客層。

常連を見つけては、わざとらしく

「ちょっと社長がお呼びですけど」

とか言って行列から連れ出して優遇する女店員...

こちら一般客は、
並び概ね30人のなか、大人しく12:40に行列に接続。
13:51に店内に導かれました。

やや疲れた体で入店すると。

そうだったぁ。全部座敷だったんだっけ。

『んもぅ』

と疲れた顔で靴紐を解いていると、
お店さんにもお客さんにも迷惑だから皆さんつっかけで行きましょう。

ったく、喜んで1時間も2時間も待つくせに、
なんで紐の1分やそこらが待てないかねぇ。。。

ま、それはさておき、
並びの間にオーダーが採られましたので、それを待ちます。

で、この盛況ぶりですし、相席は別に何とも思いませんが、
なにも “お誕生席” にしてくれなくても…

「上座でお願いします。」

だって。落ち着かないなぁ...



e0164825_1194690.jpg


まぐろの漬け丼850円

一瞬、フリーズ。

お皿で出てきましたよ。
ご飯は?あ、隠れてました。ほっ。間違えられたかと思った。
ご飯が隠れるほどのマグロの赤身と中トロ。
下足の煮物と、味噌汁にお新香が付いてます。

つか…


つか!


つーかさぁ...

お皿で出てくんの?

丼でしょ?ど・ん・ぶ・り!

しかも、プラスチックだかのお皿。

『子供の給食やないぞぉ・・・』

まあ事情は推察できますけど、
少なくとも割烹と名乗っているからには、
もう少しおもてなし感があってもよいのでは・・・

かっ込んでやる体制万全で仕切ったのに、
のっけから変化して入られましたな。
しかも、思ったより見た目が貧相ですよねぇ。
雑誌やらで見たのとは随分違うな。

具の大盛り200円、てのを追加オーダーしないといけなかったのか。
さらに、ご飯おかわり自由って‥‥

丼スタイルの人はどーやって頼むんだろ???

平らげてからだとご飯だけになっちゃうし、
お刺身残したまんまのお皿を渡すんだろうか…

最初っからご飯大盛りで頼むのか???


刺身自体も美味しいっちゃ美味しいけど、
そうそう騒ぐほどの事は…
多少落ちるネタでも、
醤油で漬けとけばスジも柔らかく食べれるんですよ、赤身って。
これを200円追加して、
1時間待って、プラスチック皿…か。べつにお得感ないなぁ…


落ち着かないお誕生席で、
忸怩たる思いを抱きながらペロンと完食。

『あらま早いわね』

って視線を両側から一気に浴びる特等席は、
最後まで変な空気でいっぱい。

『もう。とっとと帰ろ』

と、そそくさと出ようと思いましたが、そうだ。靴紐だ。

「ありがとうございましたぁ」

まだだ、まだまだ!
まだ早いって!!!

店員さんのその声と、紐を結び終わるまでの“間"が、
きっと間抜け同士の図、
になっていたことは言うまでもありません(^_^;


まあ、イベントというか、観光地というか・・・


しかし、どうも納得がいかない。

割烹ってなんだ!?


どうせ俺が悪いんだ...


<
入谷/さいとう
東京都台東区下谷2-9-7
TEL 03-3873-7321
営業時間 全日 / 11:30~14:00 、17:00~21:00 (LO)
オープン日 1995年
備考 海鮮丼などのメニューは、ランチタイムのみ混雑次第で、開店時間が早まることあり。ランチタイム混雑時も14時時点に店舗前に並んでいればお食事ができます。


[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-30 14:55 | 今日の、変な店 | Trackback | Comments(3)  

ラーメン二郎@ 亀戸店

蔵前橋通り沿いにあります二郎です。

「おい、兄さんたち。うち並ぶの?並ぶんなら中入ってくれよ。そっちがわ並ばれっと問題なんだ」

「食券さきに買ってくれよ」

「手ぇ出すなよ。となりのお客さんに迷惑だろ」

ちょっと細身の、どっちかって言うと柔い印象のご主人ですが。
どっこい手癖、躾のなってない夏休みのガキんちょにパンパンと鉈(なた)を振り降ろしていきます。
スパンスパン軽快に斬れてゆきます。愉快愉快(^^

灼熱の正午。空席アリ状態。
食券を買う前に他人様の丼をチラ見して確認。いけそうなので小豚700円を購入。
暑いからスタミナが必要なんです。体重落ちてるし。

カウンターのいちばん奥の席へ。
これが失敗か、暑いあつい。
風もなく、エアコンもまず無いんでしょう。
なんもせんうちから吹き出る汗。
いやぁ、マイッタ。と思うも間もなくご主人からコールの催促。

「旦那は?」

「あ、ああ。」

ここさんは出来上がりじゃなくて早い目にコールするんですな。

思わず

「あ、ナシナシで」(麻雀じゃねぇって)

「へ?」

「あ。にんにく無しで」


咄嗟の声掛けで反応できませんでした(^^;

でも、このわたしに向けられたご主人の目は、
ガキ共に突き刺した目とは違い、気遣いのある商売人の目ですから安心(なにが?)です。

e0164825_1319587.jpg

小豚にんにく無し700円

む?どうもいつもの二郎とは雰囲気の違う丼がやってきました。

豚は やや薄切りで5枚。端っこのコロコロしたのも混入。
脂身はほとんど取り去られて綺麗に整えられてます。
スープは非乳化で、ちゃっちゃ系のように細かい背脂が浮いてます。
さあ、汗だくになって食ってやるぜ、てな勢いで豚とヤサイを浸して口へ。

ん~。味が、ちがう。。。スープが、なんか違わないか?
ベースも、醤油の種類も違うんでしょうか。

「ふーん、こんなんもあるんだ。」

と、今度は麺をほじくり起こすと、
これもまた雰囲気の違う、やや細め(二郎比)の縮れの少ない麺が登場。

e0164825_13211697.jpg

これはちょっと違うでしょう。二郎っぽくない。
スタンスを変えてみると、こうなるよって例なんでしょうか。
スープが飲める(気がする)カロリー控えめ二郎ですね。

あまり豚さんでダシを取らないんでしょうか。
あの暴力的な、中毒性のあるスープとは一線を画す作品ですね。
いまいち物足りないので七味で調整を試みます。
・・・・・
どうも違うのでコショウで再調整。こちらでなんとか落ち着きました。

麺の細いのも二郎らしくなく、チュルチュルっと啜れてしまう麺です。
まるで余所のラーメンのよう。
量的にもライトな感じですので問題なく完食。
珍しくレンゲが置いてあるので、浮いている背脂を乗せてスープを頂きました。
お!こうすると豚の甘さが引き立って旨いスープが表現されました。
これは意外な変化。
もしかしたらアブラコールで良くなるかもしれませんな。

そう、ここ亀戸の二郎は、
麺が足を引っ張っているのか、二郎としてはいまいちパッとしませんが、
ラーメンとしてなら無難な旨さ、といったところでしょうか。

もうひとつこう、満たされなかった、という印象でしたけど。





にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
レストラン・飲食店
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
亀戸/二郎
住所 東京都江東区亀戸4-35-17 エレガントコーポラス 101号
TEL 03-3637-2681
営業時間 10:30~14:00 17:00~19:00(麺がなくなりしだい終了)
最寄り駅 亀戸駅、亀戸水神駅、東あずま駅
[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-27 23:26 | 今日の二郎/二郎系 | Trackback | Comments(0)  

《閉店》そば匠 楽庵@アリオ北砂店

こういう大きな建物のメシ屋は注意なのは承知してますけど、
腹が減ってはなんとやら。
蕎麦屋を見つけたので座りました。

平日の午後1時すぎ。
ご老人ばかりですが、8割は埋まってます座席。そこに期待しましょう。
きれいな店内もいまいち落ち着かないのは、
目隠しが低いから前後左右の他人さまが気になるんです。
みなさんもご同様なようで、いろんな人とチラチラ目が合うんですよね(^^;
とくに正面の婆さまずーとこちらをみています。
目が合うてもそらしません。こわ~(-。-;)

さて、あまり天ぷらには期待できない感じがしたのは経験値のなせる業。


e0164825_19115718.jpg


親子丼とざるそばのセット870円
会計時に914円に変化します。さきに書いといてください。

蕎麦は水に濡れてみずみずしく、
なのにどこか粉っぽさが残ります。
つゆは万人向けに甘く。
まあ、わるかないですがね。期待しないぶん割とたべれます。
しかし、親子丼がねぇ…

ちょっと箸で突いたら湧き出てきました。つゆ…
えー、これじゃ何処ぞのつゆだくじゃないですかー。
まるで親子丼の液状化現象。どんどんふやかっておじやになってゆくわたしの親子丼。
フツーなら蕎麦のほうをサッサといただくんですが、
丼を先にやっつけないといけない羽目に。
まるで茶漬けのようにジュルジュル流し込みました。
絶対間違えたな、分量。。。


e0164825_191347.jpg


いや、まてよ。
こちらのお店さん関西系らしいから、もしや西の丼はこうなのかもしれない。
冷したぬきの例もあるから、って、まさかね(^^;

快く持って来てくれたそば湯は、そこそこ白濁してて良いですが。
しかし、なにかとちょいちょい目が合う正面のおばあちゃん。
ずーっとこっち見てるんですが。
不気味だってば(^^;
やっぱりちょっと、店の造りが・・・

で、北砂のおばばさま。わたしより先に来てて、こちらが席を立っても全く帰る気配無し。
どうせ蕎麦屋酒やるんなら、こういう処じゃないでしょうに(^^;


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
西大島/楽庵
東京都江東区北砂2-17-1 アリオ北砂 3F
TEL 03-3646-0884
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)


周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-26 09:27 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)  

中華蕎麦 無地@関原2丁目

いつの間にか、こんなお店ができていました。
ちょいと不便な立地なうえ、
落ち着いた感じの控えめな外観から、あまり目立ちません。
が、入る前からセンスの良さを見てとれる構えです。

中華蕎麦 無地 @ 西新井




e0164825_16331093.jpg


特製中華蕎麦大盛り。1000円。
スープはこってりとあっさりを選べます。
節たっぷり効かせたこってりスープはトロみがかった醤油味。
横たわる大振りのチャーシューはトロトロふわふわで、
箸で優しく扱わないと崩れてゆきます。
この、口の中で溶けるように消えてゆく旨々なチャーシューは、
スープに隠れて3枚。
太めに切られたメンマもコリプリな食感が対照的でいい。
そして麺は、博多長浜を思わせる極細麺。意外ね。
さすが大盛り。結構な量です。

店主も奥さん(たぶん)も、まだ商売に慣れてない感じの
ぎこちなさが残る、しかし丁寧な接客応対も好感。
なぜ、このスープにこの麺なのか、という問題はありますが、
何かがきっかけで大繁盛店になってしまうような
控えめながら大物感あり、なお店です。

べつに流行らなくてもいいから、ながく続いてほしい、と思います。



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
西新井/無地
東京都足立区関原2-48-14
03-3852-5031
[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-12 16:52 | 今日のラーメン | Trackback | Comments(0)  

★皿うどん★ 宝来軒@江戸川区中葛西2丁目

なぜ監視カメラの画像が店内モニターに・・・?

一之江の先に、美味しいちゃんぽんを出す店がある、とゆーので探してみましょう。
なんでもその店には、結構な量の皿うどんもある、という事なんですよ。
長崎の名物食は、ちゃんぽんよりも皿うどんのほうが好きですんで、楽しみです。

環七の内回りへ葛西橋通りから入っていくと、
すぐに色褪せた赤い幌の店が現れました。



e0164825_0364588.jpg


宝来軒@葛西

なんか、ボローい。薄汚~い。
でも満員。テーブル4つに、こあがりにも6人テーブルが3つ。ほぼ満員。
さらに2階にもお客さんが居るようです。人気ですねー。
いちばん奥の、厨房脇のテーブルに相席となりました。

水差しが、p、、、ペットボトルの使いまわし。
テーブルもちょっち汚れが気になる。
さらに、なんか変なニオイ。
ブリーチかなんかの乾いたニオイが気になります。
ボロイのはいいけど、清潔にはしよう。
食べる前から、ちょっと減点気味。
まあ、綺麗にしようとしてるんだから、って気を取り直して。




e0164825_037443.jpg

皿うどん800円

た、たしかに凄い量だわ。これで普通盛り。
100円アップの大盛りやいかに。
おっと相席の御人、大盛りですかい。
うわ!更に凄い絵柄。
なんだこれ、ソンブレロか(^_^;
しかしウマソ~!

イカがごろごろ。
なんで薩摩揚げ?九州だからいいのか。
本場でも入ってるんでしょうか。詳しくないので謎です。
揚げた細めんはパリパリ。餡を吸ってシナシナ。
うんま~、けど、減らねー(^_^;
写真は途中経過の図。
まあ30㎝はあろうかってゆーお皿にテンコ盛りですから、
お酢かけて辛子つけて、どーにかこーにか完食にこぎつけました。
こう暑いと食欲もダウンしてますから、普通盛りでギリギリでした。
満腹感は夕飯時まで続いちゃいましたよ。

なにか、太めんの皿うどんもメニューにあって、
こっちは麺を揚げてないからヘルシーだよ、って事ですんで、
折りを見て再訪したいですね。

ん~、でも、この臭いは最後まで気になってしまった。
ので、サービス面で減点。
せっかく美味しいし、ボリュームもあっていいんですが・・・

やや、提携駐車場がありましたか。失敗した。
ここに貼られても気づかないな~(^^;
ので、やはりサービス面で減点。


にほんブログ村 グルメブログへ
葛西/宝来軒
東京都江戸川区中葛西2-22-9
03-3687-7273
[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-09 16:52 | 今日のラーメン | Trackback | Comments(1)  

天狗蕎麦 やぶ忠@足立区椿二丁目

足立区も、なかなかどうして興味深い蕎麦屋さんがたくさんあります。
しかし、広いからね、区内。
訪ね歩くのも大変です(^^;

で、今日は、美味しい云々よりも
“蕎麦を食わす”という視点でご紹介いたしましょう。


e0164825_22293181.jpg


椿町 天狗蕎麦やぶ忠 @ 足立区椿

以前に連れてこられたときには、『つけとろ』をいただきました。
もりやせいろでは喉越しが良くないので食べるのに苦労する、
と言われ、とろろのチカラを借りて食らいついたのでした。
たしかに啜るなんてこととは無縁の、
むしゃむしゃ齧りつく、といった蕎麦でした。
そして何より、ちゃんと蕎麦の味、香りが生きている、
そう感じられる蕎麦だったのを覚えております。

久しぶりの訪問。
駐車場は2台しか置けません。
もう2台は路駐できますが、住宅街なので遠慮したほうがいいでしょう。
路地ひとつ先にコインパがありますので、今日はそこへ。

お店の入口手前右には蕎麦打ち台が。
ガラッと開けると大きな天狗がお出迎え。
囲炉裏の周りも座敷も相席で満席の活況ぶり。
たまたま開いた一番奥のテーブルに座れました。


e0164825_22304750.jpg


カツ丼セット1150円

まえに食べたつけとろは750円でしたか。
ちなみに大盛りは全メニュー200円増しです。

甘いつゆと玉子で綴じられたカツは柔らかく美味しい。
ちょっと汁が多くて溜まっているのはご愛敬か。
そして蕎麦です。
そうそう、これこれ。
自家製石臼引き立ての文句のとおり、
素晴らしく香り、そして太く、これにワシワシ食らいつく。

まさに「オレ、蕎麦喰ってるぜー」感が凄い!

今日は少し水切りに難があったようで、少し残念。
それでもかっ喰らい系蕎麦に変わりはなく、
楽しみながらの昼蕎麦です。

もうこれは、蕎麦を思いっきり食べたい人のための、お店。
蕎麦でお腹いっぱいにしたい人のためのお店、です。

一升そば、なんてイベントも用意されてます。
生蕎麦2人前や、そば粉だけ、のおみやげもありますんで、
この感じをご家庭でもどうぞ、ってトコです。

種もんで満腹にするなら、角萬か。
しかし、蕎麦そのもので、がっつり!目一杯!!なら、
ここ『やぶ忠』さんがおススメです(^^




にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
西新井大師西/やぶ忠
東京都足立区椿2-13-13
03-3897-6074
11:30~15:00 17:00~20:30 水曜定休 
[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-07 21:53 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 本郷@足立区梅島1丁目

この街一番の蕎麦屋だそうですよ。
そう聞いてやって参りました。
駅からすぐはすぐなんですが、
ちょっと見過ごしてしまいそうなほどに こじんまりしたお店です。

e0164825_18374370.jpg


本郷@梅島

カウンターはありません。
黒い木のテーブル5つのみで、
簾や目隠しなど木目の使い方が落ち着く店内。
近所のおばはんが寛ぐ、少しザワザワした感じがある1時過ぎ、
が、静かに一杯やってるオヤジもいたりで雰囲気もよいですね。

e0164825_18381471.jpg


ねぎトロ丼とせいろ
味噌汁おしんこ甘味付きで840円。
ねぎトロ丼のかわりに、えびと野菜の天丼も選べますランチです。

e0164825_18375774.jpg


先におそばが来ました。
さすがは街一番。おいしいです。
お汁にちょっと漬けてススッと。
程よい香りと一緒にいただく旨い蕎麦。


e0164825_18383861.jpg


間もなくねぎトロ丼が来ました。
蒲鉾と厚焼き玉子を配った、小どんぶり。
専用の醤油注しが細やかな演出。
初めてのお店で、
満足のいくお昼でよかった。
美味しかったです。

e0164825_1839925.jpg


せいろと田舎せいろ、2つメニューにありました。
今度は田舎を食べに来ましょう。

む?冷蔵庫にはヨーグルト酒なんてラベルの一升瓶が。
これまた夜の課題店ですか。

外に出ると、店の札が準備中に変わっていました。
お昼は14時で終わりのようです。

e0164825_18393276.jpg



にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
梅島/本郷
東京都足立区梅島1-13-15
03-3849-0052
11:30~14:00 17:00~20:00 木曜定休 

周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-06 16:54 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【閉店】鉄板ダイニング さがの@北千住西口

暑い日が続きますが、
いくら蕎麦好きでも、さすがに蕎麦屋さんばかりでは飽きてきます。
暑いので、ヤケになって鉄板屋で昼食です。
e0164825_145342.jpg

鉄板ダイニング さがの@北千住

駅前のロータリーにあります。
階段で2階に上がって行くわけですが、
その階段にBランチの食品サンプルが飾ってあります。

e0164825_145463.jpg


豚ホルモンの鉄板焼きに、味噌汁。
きんぴらごぼうとサラダにフルーツ。

イイ感じね(^^

なかなかに盛り沢山なBランチ700円ですので、
絵柄に誘われるままに店内へ。
ガラガラの涼しい店内へ。
ああ、暑い日は、この涼しさは嬉しい。

で、ランチですが、なんでBなのか、と思ったら、
ちゃんとAランチもあるんですね。
でもこれは鉄板で焼き焼きしながらのメニューなようなので、
当初の予定どおりBにしました。
さて、豚ホルモンは味付けを選べるそうで、
醤油、味噌、カレー味の3種類。
暑い日にカレーも魅力ですが、
仕事中にカレーのニオイをプンプンさせるのも立場上いかがなものか、
とゆー訳で醤油で頼んでみました。
ちなみにライスと烏龍茶はおかわり自由です。が、わたしは少食なのでいいです。

e0164825_1462417.jpg


豚ホルモン焼き定食

来ました。
ん~、器いっぱいで賑やかでいいです。いいんですが…

e0164825_14123880.jpg



もやし玉葱とでホルモン焼きですけど、水が出過ぎてるなー。
ふむ、案の定、ホルモン固い硬い。甲子園の送りバントみたい。
あるいは松井5敬遠の明徳くらい堅いわー。

で、妙に歯ごたえのいいのが紛れてるんですけど。
舌です。豚舌。トンタン…硬い…
よく知らないんですが、タンもホルモンに入るの?
そうなんだ。内蔵だけだと思ってました。
タンて、よっぽど煮ないと堅いでしょうよ。もっと薄く切って焼くとか。

かったくてもう、
噛めない、切れない、およびでない。

もはや飲み込むしかないのか、と、
永遠とも思える咀嚼をしているうちに、
味も素っ気もない、
ただの物体Xと化したホルモンらしき肉塊が口ん中にあるだけで不愉快になりつつ、

「ったく、こんな飽食の時代に、なにが悲しゅうてこんな食事せなあかんねん」

と、中途半端な関西弁を駆使しながら吐き出してみました…

「あかん」

キモ!(じゃ出すなよ)
こんなもんマジマジ見たらメシ食えなくなる、と思い、
大至急ナプキンで包んで忘れることにしました。

あとは落ち着いて、
味の効いてるモヤシと玉葱でライスを平らげ、
サイドメニューをかっ込んで終わらせました。
途中、悔しいので一つホルモンを口にしてみました。

『もしかしたら柔らかいのもあったりして・・・』

しかし、こんな短時間で劇的な変化など起こる筈もなく、
そんなわずかな望みも見事に断ち切られました。
そして何事も無かったかのように、
鉄板の近くで迂濶にも温められたスイカにかじりつくのでありました・・・

北千住で、お好み焼きといえば「嵯峨野」 です。
わたしも大好きな嵯峨野ですが、
鉄板焼きはそうはいきませんでした。


今の時代、
これでは勝てんよ、さがのさん。

気をつけよう ガラガラなのには わけがある

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

案の定、閉店・・・
駅の東西で人気の嵯峨野さんだけに、残念〆
[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-05 23:54 | 今日の食事 | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 美濃庵@五反野駅前

で、例の五反野。
そば処大平ですが、店を出て振り返ると、こーなっているわけだ。

e0164825_18184235.jpg


おとなりが、
お隣りも、蕎麦屋。

右の暖簾が大平。
左が美濃庵。

しかも、どー見ても一軒屋。
ひとつの建物で、別々の、蕎麦屋。
う~ん。何があったのかな?

こちらこあがりに、テーブルが3卓。昭和な店内です。


e0164825_1819366.jpg


鴨せいろ800円

右隣の大平と違い、こっちは一転にぎやかな店ですねぇ。
小学生が二人、店内でワイワイ遊んどります。
お客の連れてきてる子供かと思ったら、ここんちの子みたい(^^;
プロレスを始めよった…
これを落ち着かんから最悪と取るか、
ほのぼのとした光景とするか。人によるな。わたしは今日は後者ですが。
ようやく母親らしきが収めにきました。

すると、お父さん出前から帰ってきました。
旦那、子供を窘めるでもなく、

「おお。うん。そうか」

と話に笑顔で相槌。
この店は、客がいようがお構いなしに家族団欒を見せつけるスタイルなんだね。
いや、悪い意味ぢゃなくて、
微笑ましい、仲の良い親子の正しい姿ね。
元気な坊主は遊んでるだけぢゃなくて、
帳簿をつけるお手伝いもしておりました。

あ?そば?
ああ。おばあちゃんが持ってきてくれましたよ。
ふにゃらこ系の、香もあまり無い、ごく一般的な蕎麦です。
いちお本物の鴨肉だけど、どっちかって言うと残念なほう。

っと、ガキんちょがバット持って店に入ってきた。
友達だ(^^
へっちゃらかよ。
まるで昭和のドラマだな、こりゃ。
ちょっとある意味癒されて帰ってきましたよ。

で?蕎麦は旨かったかですって?
まあ、いいじゃないですか(^^

e0164825_1822149.jpg


美しき哉(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
五反野/美濃庵
東京都足立区弘道1丁目1−3
03-3849-6985



周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

by zacho_7henge | 2010-08-03 16:55 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)