<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

【ケーキ屋さん】 ビィズショコラ@越谷市七左町3丁目

夏だ!



e0164825_613710.jpg



ビールだ!(^^;


e0164825_62973.jpg



マンゴー特集~~~(^^



e0164825_623654.jpg




マンゴーがいっぱい。

国産かなあ?

宮崎かなあ?


マンゴーだらけです(^^

おいしいよね~。012.gif



にほんブログ村 グルメブログへ
南越谷/ビィズ・ショコラ
埼玉県越谷市七左町3-24 1F
TEL 048-989-0141

以前のビズショコラ情報
・2010/01/24
・2010/10/16
・2011/04/07
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-30 06:00 | 今日の甘いもの系 | Trackback | Comments(0)  

陳建一麻婆豆腐店@木場店

雨にも関わらずかなりのウェィティングです。20名さまほど。
平日12時ちょうど。
わざわざ食べに来るというより、近隣の働くおじさんおばさんが中心ですから雨は関係ないですか。
ボードに名前を書いてからとなりのヨーカ堂さんで30分ほどヒマを潰して、
再び来てみましたがあまり事態は変わらず。おとなしく待つことにします。

e0164825_22562437.jpg


やや遠目ですが、中華鍋を優しく振るお兄さんの姿が見えます。
どうやら麻婆豆腐を作っている様子。
かなりの量ですが、優しく丁寧に、腰を入れて肩を揺すり大事に作っています。
なにかピアニストを想わせる、というと大袈裟でしょうか。
プロだな~、と嬉しくなります。その他の細かい動きもとても参考になります。


e0164825_22554017.jpg



店先には、あの陳さんの実物大のハリボテが、やっぱりあります。
周りには結構な人の波。。。
keipapa氏はよくこんな中でツーショット写真を撮りましたなぁ(^^; と感心しておりますと、

「〇〇さま。一名でお待ちの〇〇さまぁ~」

と呼び出されました。
一名を強調されるとどこか淋しいですねー。
2人用のテーブルに案内されました。カウンターに比べれば少しはゆったり食事ができそうです。


e0164825_22565611.jpg


陳建一麻婆豆腐店@深川ギャザリア1F

卓上には、おお、写真で見た赤と青の山椒です。
紙ナプキンにはお店のロゴが入ってますし、箸置きもとんがらしのダミーで感じ出してます。
このテーブルセット、まんま欲しいですねぇ(^O^)

Aが大辛の正宗麻婆豆腐、
Bが辛口の陳建一麻婆豆腐、
Cが甘口のお子ちゃま麻婆豆腐と3種類ありまして、それぞれも好みの辛さに調節してくれます。
卓上山椒もあることですし、まずはBで辛口のデフォルト(債務不履行でない)にしました。


e0164825_22571973.jpg


陳建一麻婆豆腐セット1050円

う~む。かなり多めなラー油が使われています。
味噌の味がとても良いですね。
辛めですが、隠れた甘味が支える深い味わい。美味しいです。
一般的にはこれで辛口でもいいですが、
やはり麻が不足していますのでオプションの2種の山椒を投入します。
香りの青は粉末の、しびれの赤は粒を砕いた破片状の山椒です。
やはりこの香りとピリピリ感が加わってようやく成立しますね。うむ、旨いです。

しかしこの小瓶、あまり出が良くないので根気よく振り掛けます。

しつこく振り掛けます。。。

かなり長いこと振っても満足のいく量が出ません。
若干イライラ気味で、ついにはフタを開けようか、といじりだします。

『ハッ!』

左となりの若いカップルがガン見しているのに気付きました。
女の子も、わたしが気付いたことに気付きましたね。み、見たなぁ!

「あ。か、辛くないですか?」

「え。ええ。辛くないんですよ」

期せずして若い娘さんと話をしてしまいました。
可憐な彼女も麻婆豆腐を食べておりました。

麻辣に慣れたわたしはAの正宗麻婆豆腐のラー油少なめがいいのでしょう。
そうすれば少しイカれた味覚の持ち主であるという誤解を受けないで済みます。

カレー皿で出されるご飯は、

『好きなだけお掛けなさい』
と言われているようですが、最近その衝動すらありません。
かなり洗脳されているんだな、と自覚しながらも美味しい麻婆豆腐を楽しんでまいりました。

幸せを共有できることこそ至福であります。
誰かと同じ麻婆を食べたくて、おっかけリーチ!
これが1000円でいただけるのも、駐車場が4時間無料なのも嬉しいことです。

Aを食べに、じゃない仕事があるので、ついでにまた来週伺います。
杏仁豆腐も食べ忘れたし(^^;

やるな、健一(^^
にほんブログ村 グルメブログへ
木場/ 陳建一麻婆豆腐店
東京都江東区木場1-5-10 深川ギャザリア ロータスパーク 1F
TEL 03-5857-2164
営業時間 [日~土] 11:00~22:30(L.O.21:30)
オープン日 2002年10月
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-29 23:24 | 今日の食事 | Trackback | Comments(0)  

《閉店》【お手軽系そば】 七福 弁天庵@越谷駅前店

駅の東口。
ガード下に数軒並ぶ飲食店のうちの1つ。7&iグループの手掛けるチェーン店です。
なんでもやりますよ、しかし(^^;

e0164825_12441142.jpg


リーズナブル系のお蕎麦屋さん。
セルフですが、カウンターにテーブルもあって、少しゆったりはできます。
以前小伝馬町あたりで食べた時も好印象でしたので、ランチにササッと利用してみます。
あちらは大黒庵という名前にしていましたが、
なんか少し名前を違えてるのは、もろチェーン店のイメージを嫌ってでしょうかね。

e0164825_12443534.jpg


梅おろしそば450円

今時の、しっかりしたおそばを食べさせてくれます。
コシを感じさせる、キリッとしたそばですね。
値段なりの満足なお昼になります。
梅を絡めて啜ると香りも爽やかで、ほてった体に嬉しい元気をくれますよ。
さすがリーズナブル系。スッと済ますに重宝します。

e0164825_12444968.jpg


焼酎にビールもありますから、ちょこっと帰りに寄って行く人もあるでしょうか。
遅くまでやっててくれると、ありがたいお店になるんじゃないでしょうか。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
越谷/弁天庵
埼玉県越谷市弥生町4-11 ファイン越谷
TEL 048-964-1233
営業時間 [月~土] 7:00~23:00 (L.O.22:30) [日・祝] 7:00 ~ 21:00
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-28 22:15 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 まるか家@足立区一ツ家2丁目

あの、忌々しい皇龍酒家の通り。
今日は贔屓のお店を我慢してこちらにしました。
ま、暑いのでラーメンを回避した、とも言えます。


e0164825_0554316.jpg


そば処 まるか家@足立区一ッ家

ちょいと辺鄙っちゃあ辺鄙なとこなんですけど、
やはり駐車場があるのは強いですね。クルマのお客さんでランチ満員です。
加えて近場の常連さんもお見えでお酒から入ったりして、
時間的には迷惑ですが、そんな繁盛ぶりのお店です。
テーブル6卓に小上がりのお店を、ホールにひとり、厨房2人で頑張ります。
そんなんで、ランチメニューは日替わりで1つに絞っているようです。


e0164825_0555459.jpg

海老天丼と冷わかめ蕎麦セット850円

アイスコーヒーが付きます。食後にお願いしました。
ごく普通の街なか仕様なおそばですが、
三ツ葉の香りは夏の冷やし系蕎麦にはとても合います。
爽やかな口当たりが、天丼の油をよく切ります。
その天丼ですが、小振りな海老が2尾にししとう1つ。紅生姜が添えてあります。
その紅生姜も天ぷらにしてくれてもよかったんですが(^^;
もう少し、あと少し丼つゆが欲しかったですねえ。
すこし遠慮がちなつゆの量でしたので、ご飯が淋しそうでした。

ポテサラに、瓜と蕪のおしんこも付いて充分ですが、
薬味の葱が少し乾き気味だったのは残念でした。
とはいえ、とてもハキハキと明るい接客のホールの女性に、
釜前からも元気なありがとうございました、の声。
とても居心地も良くて普段使いに大変よろしいんじゃないでしょうか。

む。そばがきぜんざい、なるものがメニューに。これはまた、いずれ・・・

e0164825_0562561.jpg


お蕎麦屋さんのブログが勉強になります(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
六町/まるか家
東京都足立区一ツ家2-13-6
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-27 13:23 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 柏屋@足立区千住2丁目

写真を追加しておきます。


e0164825_7594228.jpg

冷し五目そば850円

厚玉がついてるのに、なぜか目玉焼きも乗っけてきます。
それもかなりテキトーな出来(^^;

冷やたぬ、冷やぎつねより200円高いです、五目。

筍と椎茸を煮たのと、あとはチャーシューが1枚。

うーん、載ってはいますが、、、200円分の違いを検知できない。。。

柏屋さんらしく量だけはしっかり、ですがこの品目だけはちょいとCPが良くないですかねぇ。

にほんブログ村 ↓も覗いてみてね(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/柏屋
東京都足立区千住2-32
03-3881-2807

以前の柏屋さん情報
・おろしそば/冷しなめこそば
・鍋焼きうどん 大
・かきそば
・かつ定
・ちからそば
・冷し胡麻だれそば
・冷し焼豚そば
・豚天そば
・天とじ
・ちからそば
・親子なんばんそば
・鴨なんばんそば
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-27 00:57 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【立食そば】 八起そば@荒川区荒川7丁目

京成線の町屋駅からなら見えるんですけどね。
なにか遠慮がちにビルの隙間にあるもんですから、認知度が低いんでは、と心配になります。
チンチン電車の駅側にある立ち食い屋さんですが、
しかし心配には及びません。
この街であることを考えたら大変な人気店でしょう。店内お客さんが溢れてますよ。

e0164825_13255433.jpg


ちなみに都電、通称チンチン電車は、『町屋駅前』という駅名です。どーでもいいですか・・・(^^;
だいぶ年季の入ったおばちゃん二人で切り盛りする、10人で満員のカウンターのみのお店です。
本物の立ち食い店ですね。
揚げ置きの天ぷら群がズラリ並んでいやな予感ではありますが

e0164825_13262050.jpg


冷しかきあげそば390円

やはり、意地張ってるようにガチガチに固いかき揚げ天ぷらですが、
この際それはやむを得ないとしましょう。
結果ここさんの汁を吸って美味しくなりますから。

なにがいい、って、蕎麦がいいです。
キリッと締まって角のしっかりした蕎麦じゃないですか。
だしも鰹と昆布が香り、甘すぎない軽口なつゆです。
あらやだ、美味しいじゃない(^^

これだけの味を出してれば充分繁盛しますな、って感じの、
なかなかにレベルの高い立ち食い屋さんでした。
あの、ゆで太郎にも負けず劣らず、なお店ですね
個人商店なのかなあ。
でもポップとかWebを見ると、明らかにチェーン店っぽいんだけど・・・


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
町屋/八起そば
東京都荒川区荒川7-50-9 センターまちや 1F
TEL 090-5410-1015
営業時間 [月~土] 7:00~21:00  [日・祝] 9:30~20:00
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-26 16:16 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

中華 勝生@千住大橋

同じ名前の中華屋さんが大関横町にもあったような。。。

7月にオープンのお店ですね。
二郎を食べに行ったとき、駅前でおねいさんがビラ配りをしていました。
「麻婆辛い?山椒は?」
「辛くできますよ。でも日本人山椒嫌いだから入ってないです。でも入れますよ」
そんなやりとりをしたおねいさんが、ランチタイムに一人でホールを熟していました。
実は熟せてませんがha ha ha.

e0164825_74559.jpg


以前は喫茶店だったでしょうか。古くて汚くて話題にすることもなかったんですが、
内装は綺麗なお店に変身しました。お2階もあるとは意外です。
外装は予算の関係が垣間見れます。
労働者人口、また居住者人口の絶対数があまりに少ないこの地にあって、
もの珍しさも手伝ってか満員御礼。
全卓開放の時間帯に、ホール一人ですか。文字通り上を下への大騒ぎです。
オペレーション大苦戦必至のなか、ランチに無いものを頼んで迷惑だったでしょうか。
それでも対応します!と頑張る魂はマニュアルレスの個人商店ならでは、です。
昭和初期の日本人にも似た意気込みです。

e0164825_761062.jpg


辛くできるとゆーのでお願いしました。出来上がるまでは小皿がちょいちょい出されます。
唐辛子のかかった冷奴に、これまた豆腐とかぼちゃのお澄まし。
筍、茸と豚肉の春巻にザーサイと、続々登場です。


e0164825_764626.jpg


かなりバタバタのなか想定外のメニューながら定食の形にして用意してくれました。
うーん、今の時代、中国人=サービス悪い、みたいな公式はもはや偏見以外の何もない、という感想です。


e0164825_77991.jpg


麻婆豆腐定食680円

さて、流石にビラまきの時の山椒の会話は覚えていなかったようです。
ラー油だけで辛くされました。かなりオイリーな仕上げですが、
味は良好な街なか仕様の旨い麻婆豆腐。
これも水準以上のご飯が進むくんです。
豆腐が、横長でおもしろいの~。

e0164825_774325.jpg


最後にはぷるくにゅ系の柔らかい杏仁豆腐。なんですか素晴らしすぎるよおねいさん。
こんなにも盛り沢山にしてくれると嬉しいですね。ちょっとしたコースの気分ですよ(^^

e0164825_782999.jpg


しかし辛くしてほしい、となると
日本人は辣で辛いのを欲してるんだ、という認識、解釈は一般的なんでしょうね。
山椒の用意はあるそうなので頼めば対応してくれます。
次回はぜひお願いしましょう。


にほんブログ村 グルメブログへ
千住大橋/勝生

帰りは50円玉6枚でなんとか釣り銭を間に合わせられました(^^;
開店当初の慌しさはまだ続いておりますが、
千住大橋待望の期待が持てるお店の登場です。
この際、本場のホンマもんの食文化の展開もお願いしたいところです。
も少し落ち着いたら またのぞきに来ます。


店名 中華 勝生
住所 東京都足立区千住橋戸町11-20
TEL 03-3881-7999
営業時間 11:30~15:00 17:00~23:00
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-22 23:59 | 今日の食事 | Trackback | Comments(0)  

四川美食 福来 @竹ノ塚

駅の東口の大通り。
ま、ちょいと歩くんですけど、中華料理屋さんがポポポンて並んでいるところがあるんですよ。
そのうちの1軒は、やはり店名から気になるところです。
四川って書いてあったら速攻です(^^ゞ


e0164825_6314553.jpg


烏龍茶とともに、まずはゆで卵のサービス。ハードボイルドだぜ。
塩をして
『ゆで卵だって。珍来か?』
とか言いながら噛ります。

こちら小規模のチェーン店でしたか。
このほかに福利亭とか、中国家常菜とかの副題が付いています。
どれがお店の名前かわかりにくいところがチャイニーズ・イリュージョンですね。
スタッフは全員中国人。
ボンボン中国語が飛び交い異国情緒というか、アウェー感というか…
ランチにも関わらず客ひとりだったので
なにかマフィアに監禁でもされたかのような気分も味わえます。

e0164825_63215.jpg


次はコトン、とサラダのサービス。
手際の良い動きの厨房から、
ジャー、ジャー、とハイカロリックバーナーに焼かれて唸る鍋の音がします。
それを聞きながら
『中国もフレンチドレッシングでサラダは食うんだな』
とか余計なことを考えながらつっついて待ちます。

このお店、料理の待ち時間の繋ぎが、らしくない上手さを見せるんですね。
ちょっと声をかけたり、お茶を注ぎにきたり。
で、メニューを絞ったランチにしては思いのほか時間を掛けた調理でして、
その分"そういう"ものが出てきました。


e0164825_6323328.jpg


四川麻婆豆腐セット600円

ろっぴゃくえん!ランチタイムの格安メニュー。
入店からこっち、
あるとありがたい細かいサービスを散りばめながら、ようやく

「ライス無料でおかわりできますよ」

の声でセットが運ばれてきました。

四川と名が付き調理は本場中国人ですが、花椒は微塵もありません。
そこは残念ではありますが、色合いも良く味もよく載った豆腐。美味しそうです。
ラー油控えめで辛さは程々。ほんのり甘く、な街なか仕様です。
でもご飯が進む麻婆豆腐。これは好きじゃ(^^
少し辛味が足らないので、備え付けのラー油を回しかけてみましたが、
このラー油が少し独特な風味です。
わからないんですが、なにか味馴れないものが添加されています。


e0164825_6373585.jpg


しかしですね、四川の名からは誉められたものではないんですが、
大衆中華料理として充分美味しいですね。
ちなみにザーサイ、玉子スープ、ツルッと固い系の杏仁豆腐のセットでした。
これが600円で展開されたら嬉しくなります。


e0164825_6372640.jpg

 
帰りにはポイントカードをもらいました。10回食べに来ると1回無料になります。
ここが平日ランチでガラガラなのは不思議ですよ。
わたしなら週に3日は来てしまいそうです。

『なーんで客いないんだろ…』

会計を済ませて外に出ると、軒先でお弁当コーナーを広げていました。
5、6種類を用意して300円台で、そこそこ盛況。。。お、おい、自滅してないかえ?(^^;


にほんブログ村 グルメブログへ
竹ノ塚/四川美食・福来

日本人向けに合わせてしまった感のある料理ではありましたが、なんにしても納得ランチです。
きっとビールにつまみにも、夜使いにも応えてくれるに違いありません。
何人かで、週末の夜に伺いたいなと思わせてくれるお店でした。



店名 四川美食 福来 竹ノ塚店
住所 東京都足立区竹ノ塚2-29-12 エコーハウス 1F
TEL 03-3859-4933
営業時間 11:00~14:00 17:00~23:00
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-21 23:17 | 今日の食事 | Trackback | Comments(0)  

四川菜苑@竹ノ塚

ちょいと隣町に、陳健民に教えを乞うた方のお店があります。
陳麻婆豆腐が売りのお店です。
HPを見れば、ちょっちオイリーな感じですが、それでも本格四川、期待も高まります。
能書きだけ信じれば真打登場ってなもんですよ。
足立区最高の麻婆豆腐であることを願って祈って信じて。来い!来いっ!



e0164825_17323360.jpg


四川菜苑@竹ノ塚

駅からはかなり遠いのでクルマが便利です。
送迎車がありますが、5人くらい揃わないと動かないそうです。
建物は古く草臥れていますね。
店の中も薄暗く、汚いわけでは決してないですが、照明も古いので華やかさはありません。
昭和40年代の、ものすごく田舎にできた当時はハイカラな食堂、のイメージです。
ああだから、足立区はそういうところなんですよ。



e0164825_17333053.jpg


少し褒めましょう。
………
お店さん、名前がいいですよね(^^;




e0164825_17331230.jpg


陳麻婆豆腐ランチセット945円

薄明かりというか、薄暗い店内。
マホガニーなテーブルにビニールを敷くもんですから光りが変に反射してカメラが困ります。
実際はもっとラー油色の美味しそうな濃い色合いです。
ワカメと玉葱の玉子スープに、シェルのマカロニポテサラ。きゅうりのキューちゃんに、
デザートはこれ黒ごまプリン?杏仁豆腐に黒ごま入れるとかあるのかな?
ちと先にひと掬い。
うんま!これウマー(^_^
甘さとプルプルにゅるんが絶妙です。これ今までにくっついてきたデザートで一番美味しい。
陳建一ん家を軽く超えてないか?これ。これで安心。いくら辛くても大丈夫!強力な助っ人を得ました。



e0164825_17341419.jpg


なにしろ香りが凄いですから。
花椒のツンとした香りが上がります。hu ha ha間違いない。陳です、陳!
やや小さめに切られた豆腐は絹ごしで、かなりしっかりめに色付いています。浸みウマです。
その味噌はかなり濃いめで少し独特な味わいも隠れています。
ナンプラーではありませんが(^_^;
緑色のものは、これが葉にんにくか?と思いましたが、どうやらにんにくの芽ですね。
そして、蓮華で掬うと厄介なまでのラー油の量です。
どーせこれだけ浮かせるなら、ここに鷹の爪を鞘のまま仕込んでいただけると辛旨度として嬉しいです。
まあそんなことは置いといても辛くて旨いです。
ご飯の量は少なくはありませんが、味が濃いぶん進みが早くてガンガンご飯がススムくんです。
丼めしでいただいても丁度いいくらいです。(←余計な情報はいりません)
これは家で作りたい、ラー油マシの麻婆豆腐ですね。
好きな味です。ぜひ鷹の爪マシマシでいってみよう!ってくらいです。



e0164825_17335735.jpg


恥ずかしながら、これまでで一番辛かった雲林でもむせなかったわたしですが、
今回は油断したか一口目から花椒の突き上げにエホエホしてしまいました。
久々の花椒入り麻婆豆腐。啜るように口にしたのが間違いでした。まだまだ修業が足りません。
涙ながらに黒胡麻杏仁豆腐を笑顔で貪る親父の、なんと滑稽なことでしょう。
900円で楽しめる本格麻婆豆腐。かなり旨し!

おそらくここが足立区一番店ではないかという予感ですが、果たして…(^_^


にほんブログ村 グルメブログへ
竹ノ塚/四川菜苑
東京都足立区西伊興4-1-11
TEL 03-3897-6273
営業時間 11:30~22:00(L.O.21:30)
備考 7名~バス無料送迎あり
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-20 12:10 | 今日の食事 | Trackback | Comments(0)  

ラーメン富士丸@西新井大師~

立川の記憶が鮮明なうちに比べてみようかと。
なにやら若干にんにくシステムが変更になったかな?


e0164825_518111.jpg

ラーメン750円

にんにくマシの図、です。
こちらはキッチリ乳化したスーブで、なにより旨みが濃いです。
どっしりした力強さがあります。したがって、にんにく効果がグーッと上がりますよ。
とても良く味の染みた豚は相変わらずのほろほろ具合。
ガシガシ頬張る麺の存在感と、全てが攻撃的で迎え撃つのが楽しくてなりません。

そう、このテのラーメンは店主の遊び心の表現力如何でしょう。
『どーです旦那。これ、いけてます?』
ここの店主もまたやんちゃですばしっこそうなタイプ。それをわかって集まる客もいます。
邪魔にならない程度の明るい会話が、二郎とは明らかに違うこの店の雰囲気を作っています。
だからわたしも、また来たくなるんです(^^

いつ来ても、出来栄えはほとんど変わらずブレを見せないあたり、上手にやってるな、と感心します。
ここも完成の域にあるのでしょう。

ここは『ラーメン荘』の原点、旧マルジ西新井です。


立川ラーメン荘の情報
・ラーメン700円
以前の西新井富士丸情報
・ラーメン
[PR]

by zacho_7henge | 2011-07-15 13:25 | 今日の二郎/二郎系 | Trackback | Comments(0)