【蕎麦屋】 天狗蕎麦 やぶ忠@足立区椿二丁目

足立区も、なかなかどうして興味深い蕎麦屋さんがたくさんあります。
しかし、広いからね、区内。
訪ね歩くのも大変です(^^;

で、今日は、美味しい云々よりも
“蕎麦を食わす”という視点でご紹介いたしましょう。


e0164825_22293181.jpg


椿町 天狗蕎麦やぶ忠 @ 足立区椿

以前に連れてこられたときには、『つけとろ』をいただきました。
もりやせいろでは喉越しが良くないので食べるのに苦労する、
と言われ、とろろのチカラを借りて食らいついたのでした。
たしかに啜るなんてこととは無縁の、
むしゃむしゃ齧りつく、といった蕎麦でした。
そして何より、ちゃんと蕎麦の味、香りが生きている、
そう感じられる蕎麦だったのを覚えております。

久しぶりの訪問。
駐車場は2台しか置けません。
もう2台は路駐できますが、住宅街なので遠慮したほうがいいでしょう。
路地ひとつ先にコインパがありますので、今日はそこへ。

お店の入口手前右には蕎麦打ち台が。
ガラッと開けると大きな天狗がお出迎え。
囲炉裏の周りも座敷も相席で満席の活況ぶり。
たまたま開いた一番奥のテーブルに座れました。


e0164825_22304750.jpg


カツ丼セット1150円

まえに食べたつけとろは750円でしたか。
ちなみに大盛りは全メニュー200円増しです。

甘いつゆと玉子で綴じられたカツは柔らかく美味しい。
ちょっと汁が多くて溜まっているのはご愛敬か。
そして蕎麦です。
そうそう、これこれ。
自家製石臼引き立ての文句のとおり、
素晴らしく香り、そして太く、これにワシワシ食らいつく。

まさに「オレ、蕎麦喰ってるぜー」感が凄い!

今日は少し水切りに難があったようで、少し残念。
それでもかっ喰らい系蕎麦に変わりはなく、
楽しみながらの昼蕎麦です。

もうこれは、蕎麦を思いっきり食べたい人のための、お店。
蕎麦でお腹いっぱいにしたい人のためのお店、です。

一升そば、なんてイベントも用意されてます。
生蕎麦2人前や、そば粉だけ、のおみやげもありますんで、
この感じをご家庭でもどうぞ、ってトコです。

種もんで満腹にするなら、角萬か。
しかし、蕎麦そのもので、がっつり!目一杯!!なら、
ここ『やぶ忠』さんがおススメです(^^




にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
西新井大師西/やぶ忠
東京都足立区椿2-13-13
03-3897-6074
11:30~15:00 17:00~20:30 水曜定休 
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-08-07 21:53 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 本郷@足立区梅島1丁目

この街一番の蕎麦屋だそうですよ。
そう聞いてやって参りました。
駅からすぐはすぐなんですが、
ちょっと見過ごしてしまいそうなほどに こじんまりしたお店です。

e0164825_18374370.jpg


本郷@梅島

カウンターはありません。
黒い木のテーブル5つのみで、
簾や目隠しなど木目の使い方が落ち着く店内。
近所のおばはんが寛ぐ、少しザワザワした感じがある1時過ぎ、
が、静かに一杯やってるオヤジもいたりで雰囲気もよいですね。

e0164825_18381471.jpg


ねぎトロ丼とせいろ
味噌汁おしんこ甘味付きで840円。
ねぎトロ丼のかわりに、えびと野菜の天丼も選べますランチです。

e0164825_18375774.jpg


先におそばが来ました。
さすがは街一番。おいしいです。
お汁にちょっと漬けてススッと。
程よい香りと一緒にいただく旨い蕎麦。


e0164825_18383861.jpg


間もなくねぎトロ丼が来ました。
蒲鉾と厚焼き玉子を配った、小どんぶり。
専用の醤油注しが細やかな演出。
初めてのお店で、
満足のいくお昼でよかった。
美味しかったです。

e0164825_1839925.jpg


せいろと田舎せいろ、2つメニューにありました。
今度は田舎を食べに来ましょう。

む?冷蔵庫にはヨーグルト酒なんてラベルの一升瓶が。
これまた夜の課題店ですか。

外に出ると、店の札が準備中に変わっていました。
お昼は14時で終わりのようです。

e0164825_18393276.jpg



にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
梅島/本郷
東京都足立区梅島1-13-15
03-3849-0052
11:30~14:00 17:00~20:00 木曜定休 

周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-08-06 16:54 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【閉店】鉄板ダイニング さがの@北千住西口

暑い日が続きますが、
いくら蕎麦好きでも、さすがに蕎麦屋さんばかりでは飽きてきます。
暑いので、ヤケになって鉄板屋で昼食です。
e0164825_145342.jpg

鉄板ダイニング さがの@北千住

駅前のロータリーにあります。
階段で2階に上がって行くわけですが、
その階段にBランチの食品サンプルが飾ってあります。

e0164825_145463.jpg


豚ホルモンの鉄板焼きに、味噌汁。
きんぴらごぼうとサラダにフルーツ。

イイ感じね(^^

なかなかに盛り沢山なBランチ700円ですので、
絵柄に誘われるままに店内へ。
ガラガラの涼しい店内へ。
ああ、暑い日は、この涼しさは嬉しい。

で、ランチですが、なんでBなのか、と思ったら、
ちゃんとAランチもあるんですね。
でもこれは鉄板で焼き焼きしながらのメニューなようなので、
当初の予定どおりBにしました。
さて、豚ホルモンは味付けを選べるそうで、
醤油、味噌、カレー味の3種類。
暑い日にカレーも魅力ですが、
仕事中にカレーのニオイをプンプンさせるのも立場上いかがなものか、
とゆー訳で醤油で頼んでみました。
ちなみにライスと烏龍茶はおかわり自由です。が、わたしは少食なのでいいです。

e0164825_1462417.jpg


豚ホルモン焼き定食

来ました。
ん~、器いっぱいで賑やかでいいです。いいんですが…

e0164825_14123880.jpg



もやし玉葱とでホルモン焼きですけど、水が出過ぎてるなー。
ふむ、案の定、ホルモン固い硬い。甲子園の送りバントみたい。
あるいは松井5敬遠の明徳くらい堅いわー。

で、妙に歯ごたえのいいのが紛れてるんですけど。
舌です。豚舌。トンタン…硬い…
よく知らないんですが、タンもホルモンに入るの?
そうなんだ。内蔵だけだと思ってました。
タンて、よっぽど煮ないと堅いでしょうよ。もっと薄く切って焼くとか。

かったくてもう、
噛めない、切れない、およびでない。

もはや飲み込むしかないのか、と、
永遠とも思える咀嚼をしているうちに、
味も素っ気もない、
ただの物体Xと化したホルモンらしき肉塊が口ん中にあるだけで不愉快になりつつ、

「ったく、こんな飽食の時代に、なにが悲しゅうてこんな食事せなあかんねん」

と、中途半端な関西弁を駆使しながら吐き出してみました…

「あかん」

キモ!(じゃ出すなよ)
こんなもんマジマジ見たらメシ食えなくなる、と思い、
大至急ナプキンで包んで忘れることにしました。

あとは落ち着いて、
味の効いてるモヤシと玉葱でライスを平らげ、
サイドメニューをかっ込んで終わらせました。
途中、悔しいので一つホルモンを口にしてみました。

『もしかしたら柔らかいのもあったりして・・・』

しかし、こんな短時間で劇的な変化など起こる筈もなく、
そんなわずかな望みも見事に断ち切られました。
そして何事も無かったかのように、
鉄板の近くで迂濶にも温められたスイカにかじりつくのでありました・・・

北千住で、お好み焼きといえば「嵯峨野」 です。
わたしも大好きな嵯峨野ですが、
鉄板焼きはそうはいきませんでした。


今の時代、
これでは勝てんよ、さがのさん。

気をつけよう ガラガラなのには わけがある

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

案の定、閉店・・・
駅の東西で人気の嵯峨野さんだけに、残念〆
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-08-05 23:54 | 今日の食事 | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 美濃庵@五反野駅前

で、例の五反野。
そば処大平ですが、店を出て振り返ると、こーなっているわけだ。

e0164825_18184235.jpg


おとなりが、
お隣りも、蕎麦屋。

右の暖簾が大平。
左が美濃庵。

しかも、どー見ても一軒屋。
ひとつの建物で、別々の、蕎麦屋。
う~ん。何があったのかな?

こちらこあがりに、テーブルが3卓。昭和な店内です。


e0164825_1819366.jpg


鴨せいろ800円

右隣の大平と違い、こっちは一転にぎやかな店ですねぇ。
小学生が二人、店内でワイワイ遊んどります。
お客の連れてきてる子供かと思ったら、ここんちの子みたい(^^;
プロレスを始めよった…
これを落ち着かんから最悪と取るか、
ほのぼのとした光景とするか。人によるな。わたしは今日は後者ですが。
ようやく母親らしきが収めにきました。

すると、お父さん出前から帰ってきました。
旦那、子供を窘めるでもなく、

「おお。うん。そうか」

と話に笑顔で相槌。
この店は、客がいようがお構いなしに家族団欒を見せつけるスタイルなんだね。
いや、悪い意味ぢゃなくて、
微笑ましい、仲の良い親子の正しい姿ね。
元気な坊主は遊んでるだけぢゃなくて、
帳簿をつけるお手伝いもしておりました。

あ?そば?
ああ。おばあちゃんが持ってきてくれましたよ。
ふにゃらこ系の、香もあまり無い、ごく一般的な蕎麦です。
いちお本物の鴨肉だけど、どっちかって言うと残念なほう。

っと、ガキんちょがバット持って店に入ってきた。
友達だ(^^
へっちゃらかよ。
まるで昭和のドラマだな、こりゃ。
ちょっとある意味癒されて帰ってきましたよ。

で?蕎麦は旨かったかですって?
まあ、いいじゃないですか(^^

e0164825_1822149.jpg


美しき哉(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
五反野/美濃庵
東京都足立区弘道1丁目1−3
03-3849-6985



周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-08-03 16:55 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)  

【蕎麦屋】 そば遊膳 とりい@五反野

五反野の続き。
そば処 太平のおもろいところをアップしようと、
またこの街を訪れると、こんどはこっちが定休日・・・
ネタですか(^^;
また迂闊な自分、って、金曜日が定休の食べもの屋って、どうよ。
しかたなく、本来の目的の店へ。

さて、北千住から2駅のここ五反野。
こんな近くにこんなおそば屋さんがあると、
わたしはもう出歩かなくなってしまうかもしれない。

最初に断っておきますけど、
ほかのレビュアーさんの言うように、
愛煙家のお客さんがいるとどーなるかは知りません。
たまたまわたしが訪れた時間にはケムンパスは一人も居ませんでしたので。


e0164825_18112575.jpg


5席のカウンターと、数卓(失念)のテーブル。
所々木目をあしらい和洋折衷の装い。
店内は広々としておりまして、見るからに居心地がいいです。

お昼のおすすめは4種類。
白えびのかきあげ丼と笊そば1080円を頼みましたよ。
暑いなか、汗をかいて入店したのに気を配って、
ほうじ茶のほかに冷たいお水も出してくれました店員さんは、
快活なイメージの素敵な女性。
おかげで店の雰囲気は明るくていいですね。
ここでもう十数年はお店をやっている、ということです。
わたしがこの街に出入りしていたのは20年以上まえだから、知らないわけです。

e0164825_18112769.jpg


メニュー帳をめくりながら待ってますと、順々にお料理が運ばれてまいりまして、
まずは胡瓜レタス海草のサラダにお新香とお古香。
徳利で蕎麦汁、と、デザートに小さいおしるこ。
なかなかに贅沢な感じが出てきます。
「へぇー、いいねぇ」
と感心してますと笊が供されました。
見た目、出来るな、こやつ!です。
ひと口つゆをつけずにそのまま。
そして甘くもなく、さほど辛さもない汁でススッと。
香り、食感、喉越し全てよし!です。ここはどこ?五反野か?ここ。


e0164825_18121921.jpg


これ、ちょっともう一枚頼んでおこうかなー、と考えながら啜ってますと、
なかなかいい間合いで丼もの登場。
衣を逃がして揚げた天ぷらは、
江戸っ子下町風情が好んで止まない甘辛濃いめの丼つゆ。

旨し!

むぅ、、、
小振りの丼ものに、
薄造りの笊。
そして締めるは白濁蕎麦湯。
そして、どこか心地よい空気。

「このとりい。座長お探しのもの、揃えてございます」

と話しかけているような、帰りの際のお店さんの笑顔。
気に入りました。
お値段以上の、至福の昼蕎麦であります。

このくそ暑いのに、燗酒も用意致しておりますゆえ、今後は夜に伺いましょう。

うむ。苦しゅうない(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
五反野/とりい
東京都足立区弘道1-3-26
03-3848-1230


周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-07-31 16:55 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)