【ラーメン】 蒙古タンメン中本 亀戸店@江東区亀戸5丁目

「辛くないですけど、いいですか?」

線路沿いにあるというので、テクテク歩いていきました。
なかなか出て来ないから不安になりましたぞ。



e0164825_17132013.jpg


蒙古タンメン中本 @亀戸

満員のカウンターとテーブルで、お客さんは12~3人。
見渡せば全員真っ赤な辛い系を啜ってらっしゃいます。
鼻も啜ってらっしゃる(^_^;
で、御徒町の五目味噌で中本テビューを果たしたわたしは、
別に辛いのは苦手ではありませんが。

「辛くないですけど、いいですか?」
とお店さん。

はい。これを食べに来ました。



e0164825_17133466.jpg


塩タンメン730円

この店にあって白い一品は異形か。
出てくるや両サイドから熱視線をいただきました。
大振りのキャベツを中心に、野菜や豚肉がたっぷり。
量はそれほど多くありません。普通盛り。
旨そうな一杯は、濃いめの塩でやや脂ギッシュ。
このスープが中太ストレートの麺によく味乗りします。
途中でお酢を入れるとサッパリめなスープに変化。
この変わり身が塩味系の楽しいところです。
んもう、文句ないね、こりゃ。

早食いではないですが、同時スタート組のなかでは最速の完食。
みんな辛そ~にしてますね(^^;
こちらは楽々スイスイ。
いやいや、おいしいスープでしたが、油がヤバイので飲み干してませんよ。

辛さで席巻のラーメン屋さんですが、旨さも違わず本物じゃないすか?
若干しょっぱいけどw

街中で支店をみつけたら安心して入れますね。

※あしたのジョーほう。
10/2(土)は何周年記念だかで1杯無料券がもらえるそうですよ。みんなあつまれー!



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
亀戸/中本
東京都江東区亀戸5-32-2 シャトーマルカ1階
TEL 03-3682-0024
営業時間 [火~金] 11:00~15:30 17:00~23:00 [土・祝] 10:00~23:00 [日] 10:00~22:00
オープン日 2007年10月2日
備考 店前に灰皿あり

以前の中本さん情報
・10/07/02@御徒町 五目味噌
・11/08/02@池袋 北極
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-09-30 22:56 | 今日のラーメン | Trackback | Comments(1)  

《閉店》 ラーメン七十番 @北千住宿場町通り

北千住。

魅力たっぷりな店がひしめく宿場町通りは、
夜はもちろん、
ランチタイムもそこそこな賑わいを見せております。
バードコートや大はしを越えて歩いていきますと、
いかにも、な個人店のラーメン屋さんが見えてきます。

e0164825_14412739.jpg

ラーメン七十番@北千住宿場町通り

見えてきます、っても間口が狭いから見過ごされそうなので、
店先には一生懸命さたっぷりの立て看板で
お得なセットメニューのアピール。

営業力もバッチリです(^^;

そんな中から、普通ならチャーハンを合わせるところですが、
ちょっと変えてみました。



ラーメンと半カレーセット850円

お昼時にも関わらず、雨が祟ったか先客ゼロ…
が、お店はもうじき12周年だそうで、
店内の汚れようが繁盛ぶりを物語っています。
カウンター上の壁には、黄色い紙にメニューがズラ~ッ。

カウンターのみのお店は二人で切り盛り。
息子さんとお母さん、て感じですかねぇ。

「衝突のビデオ見せりゃよかったんだーよ」

と、元気なお母さん尖閣問題の菅内閣に物申しております。
さて待っている間もよくしゃべる、人懐っこいおばちゃんですが、

「ウチはね~、麺大盛りは100円増しなんだけど、麺は倍の2玉入ってるんだよぉー」

ほお。そうなんだ。

「ちなみに1玉は130㌘だからさぁ、260㌘なんだ」

へぇ、そうなんだ。

「むかしは大盛り50円増しでやってたんだけど、
麺の仕入れ値より安くしてたんだもの~。馬鹿だよね~」

はいはい。
いやぁ、主導権離さないなぁ、このおばちゃん(^^;


e0164825_14392569.jpg


てなことしてますと、まずはラーメンから出来上がり。
単品だと550円のラーメンは、少し脂ギッシュ。
屋根はもやしにネギ、メンマとワカメかぁ。
肉無しかよ、と食べ進めていたら、何やらコツンと固形物の感触。
奥からチャーシュー発掘しました。
つか、なぜ隠す(^^;

すると、元気なおばちゃん、

「少し脂すごいでしょー。で、これ入れんのよー」

と、揚げタマネギを勧めてきた。
オリーブオイルとラードでカリカリに揚げたものだ。
揚げにんにくはよくあるけどね。
では、言われるがままに秘薬投下。
んを~、これは効きますなー。

「ね?入れた?ねぇ↑↑↑うまいでしょお~」

って、隣に座る(^^

で、セットの半カレーも登場。


e0164825_14395339.jpg


カレー旨し!

どこが半カレー?充分一人前。

見た目挽き肉カレーかという感じですが、
ほぐれた焼豚らしきが出るわ出るわ。

しっかり辛くて旨いですよ。

あー、これはカツカレーにしたら最強コンビなカレーですよ。
あるでしょ?あの、ドロッとした感じの、
まんてんみたいなカレー。
でもこちらさんのが味も見た目も濃いですよ。


すると老婦人(!)のお客さんが来店。

「カレーちょうだい」

「あら~、また?気に入っちゃったんでしょ~」

って、おばちゃん今度はそっち座るかw


営業力抜群なおばちゃんですが、
どうも近所にライバル店がオープンするようで、
頻りに気にしておりました。

「ウチはね、餃子もおいしいわよ。写真見せよっかぁ?」

ちょっと食べてみて?って、出してくれんのかと思った。
写真ぢゃいいや。

「急ぐんでね、また今度」

ホント、また来よっかな、って思わせる、街のラーメン屋さんでした。
おなか いっぱいだ!



北千住/七十番
東京都足立区千住4-19-11
TEL 03-3888-0070
営業時間 [月~土、祝祭日] 11:30~14:00 18:00~翌0:00
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-09-29 23:57 | 今日の、変な店 | Trackback | Comments(2)  

【ラーメン】 神名備(かむなび)@文京区千駄木4丁目

不忍通り。
道灌山の交差点を駒込方面へ進むと、ちょいちょいラーメン屋さんが現れる。
この辺りなかなか侮れないエリア。
そしてその、侮れない「つけめんTETSU」の斜向かいあたりに、
これまた侮り難いお店があります。




e0164825_1752621.jpg


神名備@千駄木四丁目

さつまぶし(枕崎産の鰹節だそう)、かつおぶし。白菊酒造のほんみりん。
濃いめの色の木目を使って、せっかくシックにできている造りのお店に入ると、
これらの段ボールと醤油瓶が山積みの店内。
やや失望感が漂いますが、すぐに店員さんの丁寧な案内にほっとしました。
座席を用意するのでしばしお待ちを、とのことですので、入口の椅子に腰掛けて待ちます。
お目当てのメニューはただ一つ。




e0164825_1762351.jpg


ごまの酸辣麺 1260円。

汁がはねるからと、前掛け用にナプキンを出してくれます。
いつもの万能ねぎが無い説明やらを見るにつけ、
かなりサービスには気を使っているご様子。
夫婦二人でなんとか切り盛りしているあたりは、オペレーションぎりぎりセーフ。
今日は満員御礼でないにしても、これ以上混むとアウトなんでは…
そんなんで、少し待たされるかな?と覚悟しましたが、思いの外、早く出されました。



e0164825_1754650.jpg

さて、絵柄です。
盛りますな。
そびえるカイワレ。カイワレ?
違いますな、これ。豆苗。
その下には魚粉まみれのモヤシ。
ほぐし豚さんがたくさんかくれんぼ。
そして、少し柔めの麺。
見た目、大賑わいなので食べるのがひと苦労かと思いましたが、
意外に食べやすく箸が進みます。
スープは酸っぱいめの、ラー油が絡みめの。でも辛くなく、むしろ甘みすら感じる旨さです。
この馬鹿っ舌のわたしはベースに節があるのがわかりません(^_^;
そんな、やや辛くて酸っぱ旨いスープは擦り胡麻まみれで、これが甘みと旨みの正体でしょう。
山盛り野菜がスープに沈むと随分温いラーメンになっちゃいますから、
もっと熱々で出してくれたほうが嬉しいかな。

う~ん。スープ旨し!
ひさびさの、脳からの完全制覇指令に、迷わずスープまで完飲か。
と思いましたが、自重。
というよりは少し飽きましたな、途中で。
底のほうは胡麻だらけ。旨かったな、うん。



e0164825_1763733.jpg


ごちそうさま、を見計らって、おかわり用にお冷やを出してくれました。
店内には、お冷やセルフでお願いラベルが貼ってあったのですが、
手が回ればお店がやります的な姿勢はなかなか。

カウンター上には季節の炊き込みおにぎり168円が。
いまは種は松茸だそうで、時期によっていろいろ変わっていくようです。
馴染みの方々はこちらも楽しみのようですね。

「ありがとうございました。またお越しください」
「どうぞお気をつけてお帰りください」
これほどまでに、おもてなし感満載の接客をしてくれるラーメン店もありませんよね。
最初から最後まで抵姿勢の丁寧な接客でかなりの気遣いぶり。
これでオペレーション難のお店も好感度だいぶアップ傾向。

ラーメン1杯に1200円出すご時世でもないですが、
なにか客商売のまっすぐな姿勢を見せてもらった感じですので、今回はCP度外視で満足です。
醤油ラーメン、塩ラーメンなどは700円からありますから、
ご近所さんは普段使いにはこちらなんでしょう。

美味しかったんですが、急激に盛り下がってしまったのも事実。
旨かったけど、1回食べればいいや、という事かな?
ちなみに無化調スープとのことでしたが、らー油に胡麻に。。。
しばらくしたら、さすがに少し胃にきました(^_^;




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
千駄木/神名備
東京都文京区千駄木4-21-3
TEL 非公開
営業時間 [水~金] 11:45~15:30(2011年7月時点の情報。しばらくはこの時間とのこと) 11:30~15:30(以前の時間) [土・日] 12:00~15:00 18:00~21:00 (昼夜ともスープ無くなり次第終了)
オープン日 1999年2月
備考 ・「神名備そば」は2005年9月より休止中のため、メニューにはありませんので予めご了承ください。・まことにも申し訳なく存じますが、乳幼児(及びベビーカー)をお連れでのご入店はおことわりしております。
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-09-26 23:57 | 今日のラーメン | Trackback | Comments(3)  

【蕎麦屋】 そば所よし田@銀座7丁目

銀座。
適当に気取ってみせて仕事を終え、エネルギー補給の時間。
なにを食べるにしても困らない街、銀座。
ここに来てまで蕎麦屋かお前はー、とツッコミが入るのも承知で。


e0164825_7201746.jpg


そば所 よし田@銀座七丁目

バーニーズを出て、振り向けばそこにある、明治からの老舗の蕎麦屋さんです。
古い佇まいに歴史を感じます。
大旦那さんが私服のままで店内をうろうろ。いや、お客様に気を配ってらっしゃいます(^^;
ほかの店員さんも含め、けっこうバタバタしておりますね。

さて、これの発祥の地であるらしいですが、
では真似た店は名前に勘違いをした、という訳なのかな?


e0164825_7204238.jpg


コロッケそば1000円

せっかく来たんだから、これを食べないと話のネタにもなりません。
本家本元のコロッケはじゃがいもにあらず。
大きな鶏のつくねさんです。
しっかり身の詰まったそれの、味の良さは絶品じゃないですか。
鴨肉の風味まで感じてしまうのは気のせいか。
短冊ねぎを配ったかけそばに、柚が香ります。
蕎麦はフツーも、
甘いつゆに鶏の風味と、柚子の香り。なかなかのコンビネーションです。


e0164825_7213526.jpg


かけが500円だから、コロッケが500円なんだね、などと、また貧乏性まるだし。。。
このつくねでちっ、と一杯行きたいもんですが。
まあ今日は、お昼に寄っただけですから、
蕎麦湯でまとめて終わりにしますよ。

銀座界隈にも手軽な立ち食い系があるにはありますが、
ちょいと腰を下ろして落ち着きたいときには、
このくらい優しいCPの老舗があると助かりますよね。

元祖ころっけそば(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
銀座/よし田
東京都中央区銀座7-7-8
TEL 03-3571-0526
営業時間 月~金曜日 11:30~22:00(L.O21:30) 土曜日・祝 11:30~21:00(L.O20:30)



周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-09-24 09:14 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(2)  

【蕎麦屋】 尾張屋@飯田橋店

ぶり返す残暑のなか。
涼しい電車を降りて、暑いあつい外に出るのは嫌だなぁ、と思いつつ、
A4出口の階段を昇ると。もうほら、そこに!
こんだけ近いと助かります。迷うことなく緊急避難(^^;

神田尾張屋 @ 飯田橋

大きな海老天のお蕎麦屋さんですね。
大きな声の旦那さんが迎えてくれました。
ハンカチで汗を拭いながら、けっこう辛そうな顔をしてたんでしょう、わたくし。
たいへんですねぇ的な気遣いの笑顔で、
「こちらへどうぞ」
とテーブルに案内されました。
外のショーケースに飾られていました特盛ランチメニューが2種類。
こちらにしました。


e0164825_2081637.jpg


特盛ねぎせいろ880円。

イカゲソ天が、ネギたっぷりのあったかい付け汁に入っています。
さすがの特盛。蕎麦はけっこうな量が盛られておりまして、
お昼の空腹を満たすに充分です。

残暑厳しく、汗だらけの暑さでしたから冷たいものを、と思いましたが、
暑い日に熱い汁でいただくのも、体が落ち着いていいですね。
くるくる混ぜなくても、うっすら白い蕎麦湯もいい感じ。

歴史ある尾張屋さんですが、
こちら飯田橋店さん、ごくごく標準的な街のお蕎麦屋さんといったところ。
蕎麦屋のおつまみもメニューがずらり。
鴨やきなんて食べたいじゃんね。
丁寧で気の効いた接客も好感だし、
落ち着いてのんびりもできそうです。

仕事中のわたしは今日もドバドバ・ゴクゴク丼ぶり蕎麦湯で
サッサと済ませましたが。

9月22日。外はぐったりするような暑さですが、残暑もこれで最後でしょうか・・・




にほんブログ村 ↓も覗いてみてね(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
飯田橋/尾張屋
東京都千代田区飯田橋4-9-11
TEL 03-3264-0297



周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

# by zacho_7henge | 2010-09-23 09:15 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)