ラーメン二郎@ 環七一之江店

これはねえ、大したもんなんですよ。

いやね、二郎っていえば、やっぱりこう、
がっつり、どっさり、ガッツンドッカンなラーメンで、
また、今日はちょっとそんなん食べたいなあ、
ていう欲求を満たさんがために、わざわざ訪れるわけですよ。

そしてそのジャンキーさが、
若者、あるいは気持ちだけ若者の諸兄の心をつかんで離さないんです。

だから環七を、車を走らせながらいつも見る一之江二郎の行列は、
「呼んでいる」
と思わせるんですよね(^^;

昼時に通るはいつも反対車線。
今日は意を決して回り込み、コインパ突入。

やっと来れました、
数年ぶりの、ラーメン二郎 環七一之江店

タイミングが良かったのでしょう。
5人ほど並んではいましたが、3分と待たずにスイスイ着席。
小ラーメンをにんにく無しで頼みました。

おっと、同ロットの2人組さん、汁無しをご注文でしたか。
そーゆーのもありましたか。油そばみたいなんかな?

わたしのラーメンも出来上がりです。
パッと見、少ないです・・・
豚さんも、なんかちょっと感じが違いますよね。
小ぶりで、やや薄切りですが、
見た目でパサ子っぽい豚ですが、しっかり美味しく沁み込んで柔らかいです。
そして、スープが・・・

ああ。なんか、二郎なんだけど、そう、雰囲気違いますねぇ。
ガツーン!と来る味ではなくって、優しいスープ。
でもこれは、ただ単にライトなわけじゃなくって、
そう、余裕の一杯。

「お客さん。うちも暴れよう思ったらいつでもできますけどね」
「ま、でも、もうそんな歳じゃないですしね、ははは」(ごろまき権藤風)

スープが申しております。

で、こいつがもやしとベストマッチング。
ものすごい、もやしが旨くなるスープじゃないでしょうか。

旨し!

麺量から、あっという間でしたが、
充分堪能してきました。
大人はそんなに食べないし、
もしかしたら、この麺の量も計算されたもの・・・?

わたしの好きな酒に、
こういった文言が書かれているんですよ。
なんかね、下のセリフを思わせる一杯でした。

「この酒は、
人生の機微がわかる35歳以上の方のみ、ご賞味ください。」

勝手な思い込みかもしれませんが、
ここ一之江二郎には、
深く、沁みる味を感じてなりません。



店名 ラーメン二郎 環七一之江店
最寄り駅 一之江駅

住所 東京都江戸川区一之江8-3-4
TEL 非公開
営業時間 [月・火・木・金] 11:00~14:00 17:30~21:00
[土・日・祝] 10:20~14:00 17:00~19:20
[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-11 23:39 | 今日の二郎/二郎系 | Trackback | Comments(1)  

トラックバックURL : https://zacho7.exblog.jp/tb/17225480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-04-23 14:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 餃子の王将@草加店 【閉店】天丼あきば @千住2丁目 >>