ふっふっふ。今日のお弁当


ふっ。


e0164825_13570604.jpg


買った(笑)

いろんなのありましたね、細長いのとか、二段とか。
とりあえず出だしなんで手入れの簡単なウレタン塗りのやつです(^^

そのうち漆塗りだ白木だ、形がどうだ、
増えていくのも楽しそうだね。


さて、毎朝眠くて用意がたいへんなおかずですが、
作り置き、なんてぇ手がありますとはね。
なかなか気付かないもんです。

しかし、
いくら作っても全部食べちゃう燃費の悪い男子がいますとこれが(^^;

対策としては、
子供があまり好きじゃないものを仕込んでおく事に。

とりあえずきんぴらごぼう作っときました。
一週間は行けそうかな?

メインは、鰤の幽庵焼きです。



e0164825_13574045.jpg


う~ん、わっぱ。
わっぱ感じ出るな~(笑)
入れ物だけでだいぶ違うぞ(^^;

並べるのもだいぶ頑張った。絵心絵心。

なんか、心にもゆとりができるねお弁当作り。
朝からおだやかだわ。

(30分も早起きしてやんのw)



いつもお越しいただきありがとうございます(^^ゞ
.

[PR]

by zacho_7henge | 2017-09-30 06:53 | 今日のお弁当 | Trackback | Comments(10)  

トラックバックURL : https://zacho7.exblog.jp/tb/26079673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by golmeg at 2017-09-30 09:24
とっても素敵!わっぱ、わたしも大好きです。
ご飯がベチャベチャしませんよね。
ビジュアル的にもイイです。
美味しそう〜!
Commented by yasushi-shi at 2017-09-30 11:04
素敵!ああ、やっぱりわっぱが欲しいなあ。。ごましおごはんがわっぱの色に映えますね。ゆで卵の色も絶妙☆なにより鰤が照り焼きじゃなくて幽庵焼きなところがわあ~です。お昼が楽しみになっちゃうお弁当ですね。
Commented by hahakobento at 2017-09-30 12:35
曲げわっぱお迎えおめでとうございます(*´ー`)ノ
ごはんが本当に美味しいです!!
クレンザーで洗って丸一日乾かさないとならないのだけが
残念ですが、水滴も出ず、安心なお弁当箱♪
お弁当も楽しくなりますねっ(*´∀`)
Commented by zacho_7henge at 2017-09-30 12:47
・megらいおん さま
ありがとうございます(^^
ようやく掲載に耐えうるw絵になってきました(笑)
ベチャベチャしない。そうですよね~。
たしかに気持ちご飯がふんわかしていました!
Commented by zacho_7henge at 2017-09-30 12:51
・おおぐらい さま
ゆで卵は1分くらい余計でした。
ちょっと油断しました(^^;
わっぱ、いいですよ~。
土曜出勤。世間が休みでもこれがあれば乗り切れます(笑)
Commented by zacho_7henge at 2017-09-30 12:54
・uko さま
わっぱデビューしました!
ukoさんはじめ皆さんのブログに出会えてよかったです(^^
手入れとか一つ手間入りますけど、
そういう時間の使い方を楽しみたいです。
ありがとうございます(^^
Commented by emily1105 at 2017-09-30 17:59
こんばんは~。
わっぱ、いいですね~。
お弁当もとっても美味しそうですよ♪
早起きして作られて・・・お疲れ様です(*^_^*)
Commented by zacho_7henge at 2017-09-30 21:59
・emily さま
こんばんわ。
お弁当箱かわって気分も変わります。
早起きまでして、
なんだか盛り上がってまいりました^^
あとは問題は中身ですね^^;
Commented by putit123sucre at 2017-10-01 10:27
こんにちは
わっぱ弁当箱、お迎えおめでとうございます!
わっぱいいですよね。家もわっぱばかり使ってしまいます。
お弁当美味しそうです~!
どんどんお弁当も載せてください。
楽しみにしています(*^^*)
Commented by zacho_7henge at 2017-10-01 18:31
・sucre さま
こんにちは。
わっぱの、詰めてわかる絵柄の良さが気に入りました。
機能面でも優秀なんですね〜。
おかげさまで少しワクワクなお昼になってます^^
ありがとうございます^^)/

<< 老舗が奏でる、彩り野菜のオーケ... それこそ日本の蕎麦屋の歴史その... >>