<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

そば遊膳 とりい@五反野

五反野の続き。
そば処 太平のおもろいところをアップしようと、
またこの街を訪れると、こんどはこっちが定休日・・・
ネタですか(^^;
また迂闊な自分、って、金曜日が定休の食べもの屋って、どうよ。
しかたなく、本来の目的の店へ。

さて、北千住から2駅のここ五反野。
こんな近くにこんなおそば屋さんがあると、
わたしはもう出歩かなくなってしまうかもしれない。

最初に断っておきますけど、
ほかのレビュアーさんの言うように、
愛煙家のお客さんがいるとどーなるかは知りません。
たまたまわたしが訪れた時間にはケムンパスは一人も居ませんでしたので。


e0164825_18112575.jpg


5席のカウンターと、数卓(失念)のテーブル。
所々木目をあしらい和洋折衷の装い。
店内は広々としておりまして、見るからに居心地がいいです。

お昼のおすすめは4種類。
白えびのかきあげ丼と笊そば1080円を頼みましたよ。
暑いなか、汗をかいて入店したのに気を配って、
ほうじ茶のほかに冷たいお水も出してくれました店員さんは、
快活なイメージの素敵な女性。
おかげで店の雰囲気は明るくていいですね。
ここでもう十数年はお店をやっている、ということです。
わたしがこの街に出入りしていたのは20年以上まえだから、知らないわけです。

e0164825_18112769.jpg


メニュー帳をめくりながら待ってますと、順々にお料理が運ばれてまいりまして、
まずは胡瓜レタス海草のサラダにお新香とお古香。
徳利で蕎麦汁、と、デザートに小さいおしるこ。
なかなかに贅沢な感じが出てきます。
「へぇー、いいねぇ」
と感心してますと笊が供されました。
見た目、出来るな、こやつ!です。
ひと口つゆをつけずにそのまま。
そして甘くもなく、さほど辛さもない汁でススッと。
香り、食感、喉越し全てよし!です。ここはどこ?五反野か?ここ。


e0164825_18121921.jpg


これ、ちょっともう一枚頼んでおこうかなー、と考えながら啜ってますと、
なかなかいい間合いで丼もの登場。
衣を逃がして揚げた天ぷらは、
江戸っ子下町風情が好んで止まない甘辛濃いめの丼つゆ。

旨し!

むぅ、、、
小振りの丼ものに、
薄造りの笊。
そして締めるは白濁蕎麦湯。
そして、どこか心地よい空気。

「このとりい。座長お探しのもの、揃えてございます」

と話しかけているような、帰りの際のお店さんの笑顔。
気に入りました。
お値段以上の、至福の昼蕎麦であります。

このくそ暑いのに、燗酒も用意致しておりますゆえ、今後は夜に伺いましょう。

うむ。苦しゅうない(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
五反野/とりい
東京都足立区弘道1-3-26
03-3848-1230


周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-31 16:55 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)  

ラーメン二郎@千住大橋駅前店

だいぶ戻ってきましたよ、休業前に。

醤油のピンと効いたスープに、例の固形アブラ(^^;
麺も固めで行くのかな?と思いきや、やや柔らかめのに戻って来ました。

個人的には、こっちのが好きです。

e0164825_14595723.jpg


店主、なにか振っきれたんでしょうか。
にこやかに会話も弾む場面も。
明るい店内(^^

でも、暑そう熱そう。がんばってね~(^^;

ちょっと盛りが良かったので写真など追加で。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ
にほんブログ村

以前の千住二郎さん情報
・小豚2009/04/28
・小 2009/07/15
・小 2009/09/05
・小 2009/09/25
・小豚2009/10/22
・小 2009/11/26
・小 2010/01/14
・小 2010/03/12
・店休情報2010/05/18
・店休情報2010/06/11
・小 2010/06/15
[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-30 23:00 | 今日の二郎/二郎系 | Trackback | Comments(0)  

《閉店》そば処 大平@五反野

五反田ではありません。
足立区は五反野に、旨い蕎麦屋さんがあるよ、てんで、
この街は20年ぶり、
なかなか用事もない街に時間を作ってやってきました。

が、お目当ての綺麗な作りのお店は、あえなく定休日。
初歩的なミスを…

アタタタタ、と駅前まで戻って見渡すと、
いかにも地元に根付いた個人店~なお蕎麦屋さんを発見
あるじゃないの、流石だ。
なんも躊躇わず引き戸を開けます。


e0164825_1812999.jpg


なになに、
Aセットもりそばと天丼、Bセットもりそばと野菜天丼。どっちも700円。
とゆーことで、天丼セットですね。


e0164825_182121.jpg


ピーマンと茄子、に海老天です。
ああ、いい色ですね、天丼。
濃いめの丼つゆでしっとり感満点の天ぷらが、
お昼のひとときの笑顔を誘います。
いいねえ。
蕎麦もしっかりして、量もお腹に満足感。
店内も落ち着いてのんびりできます。


e0164825_1825022.jpg


いやもう、吉野家とは打って変わって。
ん~やっぱ街の蕎麦屋さんだな。
チェーン店の蕎麦なんかいらないよ、本当。

頃合見計らって、おばちゃんが
「蕎麦湯ど~ぞ」
って持ってきてくれました。
これです、これでいいんです、の基本形のお店でした。

もしかしたら美味しいお蕎麦屋さんてここだったんぢゃないの?
なんて思いながら店を出て、外観写真でも撮ろうかと振り返ると…

な、な、なんぢゃ、こりは?
ええェ~、なんでこうなのよ!なサプライズ。
あはは、こりゃまた来なくちゃ~なお店でした。
その秘密はまた今度。
久しぶりに訪れた街に、また用事ができちゃいました。

仲良きことは・・・(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
五反野/大平


周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-30 16:56 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

満留賀@目黒区目黒1丁目

行人坂は、キッツイ。。。
暑いあつい日に坂道登り降り・・・
目黒川の涼しげな画など、いかがでしょう。

e0164825_9321314.jpg


さて、馴染みのない街でランチでございます。
ググって来ればよかった、と後悔しながら目黒駅をひと通りぐるりと廻るも、
ピンと来る蕎麦屋も無く。
蒙古タンメンを見つけるも、この日は酷暑だし(^^;
二郎はだいぶ歩くし…

権乃助坂~♪になんかあるだろ~ってんで、
せっかく上がってきた坂を、
今度は下る決心をしたとたん現れてくれました、ほっ。


e0164825_9323130.jpg


カウンターは無くテーブルが8つほど。
正午にも関わらず先客3人。
失礼ながら、なんか大したことなさそうなので、
時間もないしぶっかけ系で行こうと。

e0164825_9324654.jpg


冷やしたぬき820円

大根、胡瓜、カニカマ、わかめ。大根サラダ付き。
う~ん。なんか面白くないねえ、って、
何を求めているのかわかりませんが。
全てが極々フツーに喉元を過ぎてゆきます。
(最近イベントを求める傾向が・・・)
が、なにか不思議な感じがしたのは、
こう、落ち着かないんですよ。内装のせいかなあ。
テーブルは、マーブル柄のグレー色で、
天井は、ほら、よくある配管とかが丸見えになってて高く感じるやつ。
で、真っ黒けにしてあって、柱なんかも黒くしてあります。

綺麗に出来てるんでいーんですけどね。
やっぱり作りは和風のほうがのんびりした感じで癒されるんですが、
如何ですかねー?


e0164825_9331727.jpg


目黒まで来て・・・(-。-;
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
目黒/満留賀
東京都目黒区目黒1丁目4−8
03-3493-2005

周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-29 16:56 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)  

【お蕎麦やさん】  鈴乃家@足立区鹿浜5丁目

e0164825_522552.jpg


本日のサービス
エビフライカレーライス&冷やしたぬきそば850円
多い!
この立派なエビフライを乗せてしまうところがスバラシイ。

e0164825_5232494.jpg


冷やしたぬきも、これだけで600円くらい取れそうな量。
セットだと、それぞれが貧相になりがちですが、ここさんは違います。



e0164825_5234797.jpg

テレビが面白がって取材しようが、スタイルは変わらないから安心だね。
今日も満腹ごちそうさま、な鈴乃家さんでした。


西新井大師西/鈴乃家
東京都足立区鹿浜5-21-16
03-3855-6366
11:00~15:30 17:00~20:00 火曜日定休



周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図

以前の鈴乃家さん情報
・09/05/15かつ丼とざるセット
・09/09/07かつ丼と冷したぬきセット

[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-28 15:53 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

《閉店》 青い吉野家@北千住駅東口学園通り

こんなものが出来たよ、というので、どんなものかと学園通りへ。


e0164825_13502764.jpg

ありました。青い吉野家@北千住


e0164825_13504152.jpg

かきあげせいろ430円

十割そばらしい。
そんな感じは受けません。
かき揚げは、ややカリカリ感があるも。。。

しかし、にしても、、、

ネギとわさびがカピカピ…


e0164825_13511314.jpg


っ、ひでぇ・・・

小鉢に作り置きして冷蔵庫で長時間放置してあるんだね。
写真では良く映ってしまってるけど、
ネギは完全に瑞々しさを失い、カップ麺に入ってるやつみたい。
わさびも乾燥して砂のよう。

こんなのも、『流れ作業』だから平気で出してくる。

酷いなあ。あまり馬鹿にしないでほしい

個人の牛丼屋なんてほとんど無いから勝手に何でもやってくれていいけど、
こんなくだらない店を全国にばら蒔いて、
街のお蕎麦屋さんの商売を邪魔しないでほしい


この値段でも、御免ですな。
蕎麦食って腹立ったの、初めてだ。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

閉店はあたりまえ!
巨大資本の蕎麦屋進出には断固反対すりゅ!by座長七変化
[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-28 14:58 | 今日の、変な店 | Trackback | Comments(2)  

サニーダイナー@ ルミネ北千住8F


小学校のまえにあるハンバーガー店が
ルミネ改装時に呼ばれて支店として入ったそうです。
本店は本店で相変わらず営業してます。

知る人ぞ知る、いや、言わずと知れた北千住の有名店。


SUNNY DYNER@ルミネ北千住8F

じつはわたしはあまりバーガー系には明るくは無いんですが。
マックよりモスのが好き、程度。。。
しかし、そんなわたしでも、ここさんを体験したらですねえ、
もう、これが満点でなくてなんだというのだ!
と言いたくなるほどにいろいろ感じてきました。

で、なにを食べてきたかと言うとですね、
パインバーガープレート1180円と、
ドリンクにアイスレモンティー120円を追加して、で~ん(^^




e0164825_13442475.jpg
マックと比べることもないが高額。
モスと比較しても高級。
リーマンのお昼にしては高価!

まあでも、たまにはこんなんもええで。真っ当だかんね。


オーダーを受けてから肉を焼くそうです。
サニーレタス、トマトに荒みじん切りの玉ねぎ。
船底切りのキュウリのピクルスは別で出てきて自分で~乗せる~♪

ぜんぶ乗せて、潰して潰してカブりつく!
うーん。豪快さが爽快ネ!!

これは本物ですよ。
こういう本物を食べさせたいですな、子供たちには。

溢れんばかりの自家製フライドポテト。
店主はポテト一つで店を持ちたかった、とゆー程こだわってるんだそうです。
でも少し塩っ気強め。
ぐは~。腹いっぱいでっせ、旦那ぁ(-。-;)

メニューには甘いもん系がズラリ。
アルコールもズラリ。
折角のお誘いだが(誰の?)…ふっ。悪いな、仕事なんでな。

そうそう。
とっても気さくで愛想のいい店のお兄さん。
娘に写メするって言ったら、バンズに星条旗を立ててくれました。
待っている間も会話も弾むし、雰囲気もいいですよ。
ガキども連れてっても、旗立てまくりでよろしくお願いしたいです。
ここは絶対に子供たちに食べさせたいな。

きっと喜んでくれるに違いない(^^


店名 サニーダイナー ルミネ北千住店 (SUNNY DINER)
住所 東京都足立区千住旭町42-2 ルミネ北千住8階
TEL 03-5284-3211
営業時間 11:00~22:00
オープン日 2009年6月25日
備考 スイカ使えます。

[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-25 22:59 | 今日の食事 | Trackback | Comments(2)  

《閉店》七福 大黒庵@小伝馬町店

e0164825_926873.jpg


一見、立ち食いかな?と思いましたら、ちゃんと座って食べれますね。
綺麗な店構えで、まだオープンしたばかりなのでしょうか。
ちょいとお気軽お手軽な感じなので寄って行きましょう。


e0164825_9262074.jpg


おろしせいろそば460円也。
注文を受けてから茹でるそうです。
食券を買うと厨房にオーダーが入るシステムらしく、食券提示不要なのです。
という訳で、
「座ってお待ち下さい」
とのこと。

アイドル時間の15時くらいに伺ったのですが、
私以外に客待ちも無しながら5分ほど待たされました。
別にそのくらいはいーんですけど、
ピーク時だったらどのくらい掛かるんだろうか、と余計なお世話。

蕎麦はちょっと柔い。
が香り喉越しはまずまずお手軽系及第点。
おろしは全然辛くない。
むしろ甘々。
猛暑のなか、口の中をキリッとさせたかったから残念ですなぁ。

温泉たまごとおいなりさんの無料券をくれました。
あんまり暑いし、ビールでも飲みたかったな。

よく調べると、セブン&アイHDが運営してるそうです。
夫婦でやってるにしちゃあ、内外装に手が掛かっていると思いました。。
資本力って、素晴らしいなあ。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
小伝馬町/大黒庵
東京都中央区日本橋小伝馬町3-10 上嘉ビル 1F
TEL 03-3662-1588
営業時間 [月・火・水・木・金] 7:00~23:00 [土] 7:00~21:00 [日・祝] 7:00~18:00


周辺のお蕎麦屋さんマップはこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-24 16:59 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)  

【蕎麦屋】 角萬@足立区梅田4丁目

二郎が、ラーメンではなく「二郎」という食べものであるならば、
角萬は蕎麦ではなく、「角萬」という食べものなのかもしれない。

角萬シリーズもいよいよ大詰め。
さて、全部で4店舗ある角萬ですが、
竜泉、向島、本郷ときて、最後にご案内する処は、
最強の、いや或いは最凶か?(^^;
とにかく凶暴とも思える蕎麦を出す店。
そして訪ねることすらままならない最難関の店でございます。
まさにアナザーワールド、番外編、であります。


e0164825_23562494.jpg

角萬 @ 西新井

足立区は西新井、とは申しましたが、実のところ地名は梅田と言いまして。
大阪の梅田なら有名ですが、足立区のそれは地元民くらいしかピンとこない町です。
そしてその梅田にある当店は、
東武線西新井駅からも梅島駅からもはるか遠く、電車徒歩で向かうは無謀。
なれば西新井橋と首都高速の交差する地点から、
足立区特有の毛細血管のような路地を、一方通行と格闘しながらクルマで向かうしかなく、
ようやくたどり着くも近所にはコインパーキングのコの字も出てこないという難所。
しかし、これだけでは済まず、この店に訪れるを最大の難関としているのが、
営業時間が昼のみ、で、さらに不定休という、蕎麦屋にあるまじき暴挙に出ている点です。
近所さんの昼時のみに貢献しようという、地元愛あふれるこのお店は、
これまでカドマニストにすら知られていなかったのでしょう。
いや、知ってても本当にたどり着けなかったのでは・・・(^^;
かくいう北千住に居を構える拙僧も、本日2度目の訪問です。
4打数2安打。。。
つまり2回、不定休日に当たっている訳で。。。今日は開いててよかった(・。・;

さて本題の蕎麦ですが、それぞれの角萬麺を比較しやすいように下のように記述してみましょう。

麺の量 : 多 向島・西新井→本郷→竜泉 少
麺の太さ: 太 竜泉→向島→西新井→本郷 細
麺のコシ: 硬 竜泉→向島→本郷→西新井 柔

といったところです。
そして汁については、竜泉が一番美味しいとは思いますがやや甘め。
向島と本郷は甘さは少なく、やや辛め。
そしてここ西新井は、
竜泉と向島のちょうどいいところを取った感じの絶妙な塩梅で、
それに角萬独特の豚ばら肉の脂身が溶け込んで
旨みと甘味が角萬麺とのハーモニーを奏でるのでした。

そして、ただこれだけでは、この西新井を最強とは呼びません、わたくし。
そう、世界に誇る角萬の「冷や肉」「ひやだい」ですが、
ここ西新井には他店のすべてを超越する驚愕のメニューが。。。

さて、角萬にあって最もアットホームな西新井は、
店番の、にこやかで若い娘さんが迎えてくれます。

「いらっしゃーい。今日はなんにしましょう」

今日は、って、2回目ですけど(^^;
で、このわたしをして、ついにこれをコールする時が、来た!

「ひやだい 天のせ」


e0164825_23565894.jpg


これが、えび天1本を堂々と乗せた、
冷やし肉南蛮そば大盛り、えび天一本乗せ、1450円であります。

この、向島角萬のカレー南・大専用の丼を思わせる、
横から見て四角い器は想像以上の質量を抱えておりまして、
ただでさえこの物量に四苦八苦するところへ
加えてこの大きいえび天一本揚げ、アゲ。
豪快!最強!!

思わず、ひやだいに、礼 m(_ _)m

・・・言うとる場合ではない。戦闘開始!

比較的細くて柔らかい蕎麦は、汁を吸うのが早く、
濃い目の醤油色に彩られてゆきます。
それでも豚バラ肉の甘味と旨みが絡んで秀逸。
さらに天ぷらから出る味も加わって、これはまさしく最ウマなひやだいであります。
ああ、もうこれ以上の説明など何の意味がありましょう。

つか、前置きから長くて自ら疲れてきた(^^;
あとはご想像にお任せします。


e0164825_23582551.jpg


よかった。
今日めぐりあえてよかった。
これでようやく胸を張ってカドマニストと言えます。

ここへきて全てを制した感慨に耽っていますと、
あったか入れたての蕎麦湯を薬缶に入れて持ってきてくれます。

「どうぞ、蕎麦湯です」

ああ、こんなにも白く濁った蕎麦湯を・・・
娘さんありがとう。
角萬で優しくしてくれるの、あんただけだよ。

こうして無事、角萬攻略を終えたわたしは店を後にしたのですが、
あまりの満腹感もコインパーキングまで徒歩5分ですから、
食後の軽い運動すら用意してくれた西新井角萬に感謝するのでした。


ところで、新宿あたりにも角萬と名乗る蕎麦やさんがあるそうですが、
ここの系列とは関係が無いそうです。
よって、角萬シリーズは、竜泉、向島、本郷、そして西新井、の4軒にて完結です。

ごちそうさまでした(^^

西新井/角萬
東京都足立区梅田4-30-5
TEL 03-3840-4931
営業時間 10:30?~13:30?  不定休、昼飯時限定です。
麺打ちに入ると待ちは約30分
※徒歩4~5分にコインパが二つありますから、そこを使いましょう。
一方は60分100円です。

専用駐車場を2台分新設。
すぐそばにコインパもできました。

周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図


※上記は2010年当時の記事です。
最近はだいぶ状況が変わりました。
詳しくは下記の再訪記事でどうぞ001.gif


各地の角萬さん情報
・08/12/06向島カレー南大
・09/09/16竜泉ひやだい
・10/12/14竜泉カレー南
・11/05/25四谷ひやにく(細麺)←系列でない
・10/07/10本郷ひやぎつね
・10/07/16梅田ひやだい天のせ
・12/02/14竜泉ひやだい
・12/04/24竜泉ひやだい
・12/05/31竜泉ひやだい
・12/09/24竜泉ひやだい
・12/11/22竜泉ひやだい
・12/12/03竜泉大カレー南ばん
・13/08/09竜泉ひやにく
・13/09/11梅田ひやにく
・13/09/26向島ひやにく玉落とし
・14/05/29梅田ひやだい汁別
・14/06/16竜泉ひやにく
・15/02/07竜泉ひやだい
・15/02/15竜泉ひやだい
・15/03/25梅田ひやだい玉落ち
・15/07/16向島ひやだい
・16/01/22梅田ひやだい

[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-16 17:01 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

ラーメン二郎@ 環七一之江店

これはねえ、大したもんなんですよ。

いやね、二郎っていえば、やっぱりこう、
がっつり、どっさり、ガッツンドッカンなラーメンで、
また、今日はちょっとそんなん食べたいなあ、
ていう欲求を満たさんがために、わざわざ訪れるわけですよ。

そしてそのジャンキーさが、
若者、あるいは気持ちだけ若者の諸兄の心をつかんで離さないんです。

だから環七を、車を走らせながらいつも見る一之江二郎の行列は、
「呼んでいる」
と思わせるんですよね(^^;

昼時に通るはいつも反対車線。
今日は意を決して回り込み、コインパ突入。

やっと来れました、
数年ぶりの、ラーメン二郎 環七一之江店

タイミングが良かったのでしょう。
5人ほど並んではいましたが、3分と待たずにスイスイ着席。
小ラーメンをにんにく無しで頼みました。

おっと、同ロットの2人組さん、汁無しをご注文でしたか。
そーゆーのもありましたか。油そばみたいなんかな?

わたしのラーメンも出来上がりです。
パッと見、少ないです・・・
豚さんも、なんかちょっと感じが違いますよね。
小ぶりで、やや薄切りですが、
見た目でパサ子っぽい豚ですが、しっかり美味しく沁み込んで柔らかいです。
そして、スープが・・・

ああ。なんか、二郎なんだけど、そう、雰囲気違いますねぇ。
ガツーン!と来る味ではなくって、優しいスープ。
でもこれは、ただ単にライトなわけじゃなくって、
そう、余裕の一杯。

「お客さん。うちも暴れよう思ったらいつでもできますけどね」
「ま、でも、もうそんな歳じゃないですしね、ははは」(ごろまき権藤風)

スープが申しております。

で、こいつがもやしとベストマッチング。
ものすごい、もやしが旨くなるスープじゃないでしょうか。

旨し!

麺量から、あっという間でしたが、
充分堪能してきました。
大人はそんなに食べないし、
もしかしたら、この麺の量も計算されたもの・・・?

わたしの好きな酒に、
こういった文言が書かれているんですよ。
なんかね、下のセリフを思わせる一杯でした。

「この酒は、
人生の機微がわかる35歳以上の方のみ、ご賞味ください。」

勝手な思い込みかもしれませんが、
ここ一之江二郎には、
深く、沁みる味を感じてなりません。



店名 ラーメン二郎 環七一之江店
最寄り駅 一之江駅

住所 東京都江戸川区一之江8-3-4
TEL 非公開
営業時間 [月・火・木・金] 11:00~14:00 17:30~21:00
[土・日・祝] 10:20~14:00 17:00~19:20
[PR]

by zacho_7henge | 2010-07-11 23:39 | 今日の二郎/二郎系 | Trackback | Comments(1)