<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

【お蕎麦やさん】 寿家@足立区千住仲町


すかさず再訪です。




e0164825_16201215.jpg

天丼ともりのセット900円

客の前で粉わさびを溶いてんのを見ながら待ちました。
なんてボリュームなんでしょ(^^ 
セットの割には丼も蕎麦も澄ました顔で出て来ました。
茄子、ピーマン、かぼちゃに海老天。どれもがっちりな大きさで笑顔が出ちゃいます。
蕎麦はやはり普通のもりで量的に充分。丼とで充実。お得感満点です。
ちょっと天ぷらの出来はもうひとつですがご愛敬。

帰り際には代わるがわる
「ありがとうございました」
とやまびこの挨拶をくれます。小さい店ですが感じのいい店です。
わたしはやっぱり、こういう町のお蕎麦屋さんがいいなぁ。





にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/寿家
東京都足立区千住仲町31-5
TEL 03-3881-7848

以前の寿家さん情報
・10/11/12 大もり
[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-30 11:24 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

満留賀@足立区中央本町2丁目

蕎麦好きにとって、腹が減ったら『大もり』です。

大もり、って言ったら、もりそばの大きいやつですから、
やっぱり大きく盛ってもらいたいもんです。001.gif



e0164825_1643633.jpg

満留賀@五反野

『町のお蕎麦屋さん』です。
古くから続くお店は、寂れた柱や壁に昭和が残っています。


ここさんの盛り加減は見事です。

別に奇を衒(てら)って山盛りにしているわけではなく、
これでじゅうぶん満足。ちょうど満腹。
これ以上あったらちょっと狙いすぎだしな、ってくらい絶妙な盛りです。
また綺麗に盛るんだ、これが。006.gif




e0164825_16442138.jpg

大もり550円。

いやま、ご覧の通りで。
美しい山ができてます。
少しこぼれてます。



e0164825_1644352.jpg

導火線かw

山頂から掴むと手繰りやすいです。
甘すぎないもり汁でいただきます。

……

減りませんが。042.gif

ただのお蕎麦ですんで、淡々といただいてます。
ややペースが落ち着いたころ、
すべて啜って多すぎない満腹感で完食です。 

「ふぅ…」

ジャストイナフてやつです。
薄白い蕎麦湯は全部いただいといて〆ですな。



e0164825_16453019.jpg


食後、のんびりお茶を啜ってテレビを見てますと。
あ、懐かしい電話の音。
黒電話が鳴っていました。

「はい満留賀で~す」
とおばあちゃんのしゃがれた声。
まぎれもなく、そこに昭和がありました。026.gif


e0164825_16454438.jpg



にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
五反野/満留賀
東京都足立区中央本町2-23-1
TEL 03-3887-0716
[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-25 14:16 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)  

立喰生そば 長寿庵@南千住一丁目

すぐ近くの『峠のそば』、
千住駅前きたろーどの『そば千』とともに、
勝手ながらこの辺りでの三大立ち食い蕎麦屋のひとつに数えさせていただきます。

e0164825_047389.jpg

立喰生そば 長寿庵@三ノ輪橋

さきの2店に比べれば、そばつゆは一番甘辛く濃く、
ベタ~な感じの下町風味。
おそらくは丼めし系もさぞや美味しかろう、ですが。
昨今ワンコインなランチでお済ませの貴兄にはこちらなどいかがでしょう。

e0164825_0474558.jpg

たぬきそば300円

やや太めの丸い蕎麦は汎用性の高さを思わせるも、
生めんを注文を受けてから湯がくものです。
若干ぶよってますが。
これを受けるかけ汁に揚げ玉、葱と定番ながら質、量ともになんてお買い得。
これで二枚お釣りがくるんですから圧巻のコストパフォーマンス。

充分夕方まで保ってしまうわたしの胃袋が貧弱ですか?


お気軽お手軽の代表格で今日もササッとお昼を済ませました。
となりの親父さんのカレーライスも美味しそうでしたね~。
こいつはまたお世話になりそうです。

もっとお蕎麦をw
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
三ノ輪橋/長寿庵
東京都荒川区南千住1-15-6
営業時間 7:00~19:00
[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-24 23:15 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(2)  

讃岐饂飩 根の津@文京区根津1丁目

そんなんで、うどん屋さんです。
次に住むんなら、わたしはこの町だと思ってるんですがね。
10年かけても食べ尽くせません、きっと。
たまにこの町で仕事があると、どこでお昼にしようか本当に悩みます。
お蕎麦屋さんに困らない町ですが、たいへん気に入ってるうどん屋さんがあります。


e0164825_15575691.jpg


讃岐饂飩 根の津@根津

まずお昼時は行列覚悟。店内も相席はあたりまえ。
しかしこれだけ狭いのに、これまで相席を苦に感じたことはありません。
落ち着いた雰囲気と壁の色。
小さなさりげない装飾にテーブルの大きさ等、空間の使い方が上手く、
加えて店員さんの配慮の行き届きなどによるところが大きいでしょう。
お美しい女性客が多いことも手伝ってますね(ボコッ)

注文してから15分は出てこないうどんは、間違いなく受注発注でいつも茹でたてシコシコの噛み応え。
わたしはこのコシの強い、角の立ったタイプのほうが好きです。
で、ここさんはうどん自体もいいですが変わり種もバラエティーに富んで、なおかつ旨いです。
外はもう寒くなってきたので『釜カレー』なんかが出て来ましたが、
それでもやはり『ぶっかけ』をいただきました。


e0164825_15583171.jpg


揚げもち力ぶっかけ750円

混ぜて絡めて旨し!
みぞれと揚げ餅がまた、たまんないっすね~。
うどんも顎が疲れるくらいのコシの強さ。
喉越しも気持ちいいくらいに滑らか。今日も味わっていただきました。
量もだいぶありますので満足ですよ。
それでももう一杯行きたくなるのが旨いうどんですよね。

根津は魅力いっぱいのお蕎麦屋さんだらけなんですが、
この蕎麦好きのわたしをしてランチに選ばせる秀逸なるうどん屋さん。
人気と実力のバランスが高いところで取れています。


e0164825_15584492.jpg


秀逸(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
根津/根の津
東京都文京区根津1-23-16
TEL 03-3822-9015
営業時間 [火~土] 11:30~14:30 17:30~21:00
[日・祝] 11:30~15:00 17:30~?(L.O)

[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-23 14:17 | 今日の食事 | Trackback | Comments(4)  

★うどん★  丸香@千代田区神田小川町3丁目

このところまた、うどんブームなんでしょうか。
いろんな方の、
あっちこっち美味しい美味しいのレポートを見るにつけ、
なればわたしも、と評判のお店に初めて伺いました。

実は何を以って讃岐うどんと言うのかがわかっておりません、わたくし。
ググって定義をしらべましたが、あんな数値はどうでもよろしいですね。
変な先入観を持ちたくなかったので、
誰のレポも読まずに食べることとしました。

関東の、3代に渡ってうどん打ち(素人・笑)の家系に育ち、
自らも20年以上(ド素人)うどんを打ち続けているわたくしでございます。
うどんは家庭料理の域という環境で育ったがために、
金を払って食べるものという認識が乏しく、
ゆえにあまり外食でうどん屋に行かないんですが。
これが本場の讃岐うどんだという当店に、
一礼をしてから暖簾をくぐりました(本当w)。


e0164825_032640.jpg


丸香@神保町

人気店ということなので、行列回避のため早めの食事にしました。
神保町の二郎じゃ考えますけど、
うどんならクライアントと会う直前でもいいでしょう。
しかし、開店前に到着。一番乗りバカです(^^;


e0164825_0324658.jpg


わかめうどん
ジャコ天ねぎ追加で630円


店員さんがオーダーを聞きに来てくれます。
ジャコ天という、四国名物の薄いさつま揚げをチョイス。
うどんにこれを入れたことがないので参考なります。
食感もアクセントになって美味しいです。

かけ、で実力がわかるんでしょうが、お昼としては楽しめないですよね~。
比較的邪魔にならないようにとわかめを選んでみたわけですが、
これがしかし立派なわかめです。
茎のところもどっさり入って、それも柔らかくいただけます。
薄口のかけ汁も邪魔だてもせずに、しかししっかりと支えておりますね。

ファーストロット(て言うか?フツー)だからでしょうか。
待たせないようにうどんを茹でておいてくれたのでしょうか。
そう思えるほど、うどんに茹でたての生きのよさが無かったようです。
このお店は柔らかめで角の取れたタイプのうどんなんでしょう。
讃岐うどんて、いろいろです。

食べ進めたところで卓上の天かすでたぬきにしてみました。
少し湿気ていたのは残念ですが、まあサービスですから(^^;
さらに追加した葱をどっさり入れて。
薄口の上品なかけ汁がさらに美味しくなります。

ふむ、これは美味しい。完食完飲させていただきました。

こちらのうどん、
「柔らかいんだ」という印象はありましたが、
のちにそういうもんだと思えばなるほどね、というとこです。
かけ汁に溶け出してしまっているなあ、と気がかりですが、
そのかけ汁が沁みるように深い、とても優しい一杯でした。

結論~。
手打ちでないのが、評判の割にはやや残念なことです。
うどんはコシの強いものを食べ慣れていると少し物足りません。
でもこの柔らかい優しさが、本場讃岐うどんなんですね。
なるほど、“うどんを飲む”、という言葉の意味がわかります。
かけ汁は旨いですね。
こういうのは家では作れないので食べに来る価値があります。

食事は、それに思い入れのある人、無い人。
うまく言えませんが、だから、文化の違いなんだと思います。
この店のご贔屓のみなさんの、地元出身の方々のレポを見て、そう思いました。
さらにこの店に対する評価の低い方々がいらっしゃることが、そう思わせました。

べつにけんか腰じゃなく、
区別のために讃岐の看板を下ろしたほうがいい店が、
関東にはたくさんあるんでしょうねぇ。。。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ

神保町/丸香
東京都千代田区神田小川町3-16-1 ニュー駿河台ビル 1F
TEL 非公開
営業時間 [月~金] 11:00~19:30(L.O.)(うどん玉がなくなり次第閉店)
       [土] 11:00~14:30(L.O.)(うどん玉がなくなり次第閉店)


[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-19 14:18 | 今日の食事 | Trackback | Comments(3)  

【お蕎麦やさん】 大むら@越谷大間野町3丁目

越谷市。

蒲生から、ちょっと離れたところ。


いいお店さんですな。
構えもいいし。
中もテーブル四つに座敷がズラッと余裕があって寛げます。
ホールも粋で活気のある、手練れの手際良さです。
お昼時は大きな駐車場が満杯です。




e0164825_16242181.jpg


大むら@越谷大間野町

辛み大根のおろし蕎麦とか、
越谷といえば鴨場ですからその辺を頼みたいところですが、
ランチのセットもまた魅力。





e0164825_16244617.jpg

ミニ海老カツ丼せいろセット840円

どこか手を抜いてる風でもないんですが、
出てくるのが早いんです。
手を抜くどころか、蕎麦は口当たりも喉越しも良い手打ち蕎麦。
丼物も熱々染み旨で文句なし。
海老カツだってさ。こりゃ旨いわ~。

何がいいって、やっぱりホールさんのポテンシャル。
客を不安にさせない蕎麦湯を差し出すタイミング。
「蕎麦湯ください」とは決して言わせません。
これに限らず、
ここさんの接客の良さは他の飲食店も見習うべき小気味良さです。

不思議とお客さんの八割くらいはランチを頼むのも仕組まれたものなのか。
この謎を説き明かすと繁盛店の仲間入りかもしれませんよ。

蕎麦って生き物なんで、
やっぱり手際ですね。
厨房とホールと、仕事がいいと蕎麦も生き生きしてる感じです。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
南越谷/大むら
埼玉県越谷市大間野町3-217-2
TEL 048-985-0634
11:00~20:00 火曜定休


周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図
[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-19 14:17 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(1)  

【立食そば】 峠のそば@三ノ輪駅前

当店。界隈立ち喰い蕎麦屋の最高峰と思われ。

峠のそば@三ノ輪

夏には涼を取るべく、ここさんの笊そばは必須。しかし寒くなっても暖かい種もんがグッとくるんです。


e0164825_0382169.jpg

げそ天そば410円

ほうら、揚げたて感バリバリのげそ天。出汁のよく効いた綺麗な露に、
かどの立った蕎麦は立ち食いの域を超えております。
待ったナシの昼メシ時にササッと。
相変わらず文句なしの立ち食い店です!


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
三ノ輪/峠のそば
東京都台東区三ノ輪2-14-8
営業時間 05:30 - 21:00

以前の峠のそばさん情報
・天たま蕎麦
[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-16 22:19 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

《閉店》【蕎麦屋】 かねきよ@足立区島根1丁目

足立区。

環七と4号バイパスの交差する梅島陸橋の下。
気付かない人には全く気付かれない場所。
店に入ると、どうも不穏なやりとりが。

土地の買収問題かなんかで揉めてるらしい。


e0164825_16175338.jpg

かねきよ@足立区島根町

一人の客は税理士かなんかでしょうか。
どうやらお仲間のようです。

おーお。わたしを無視するんですかい?

気遣いも雰囲気もない、ガサツで大まんな店主は
本日ただ今の客よりも、
明日の店の行く末を案ずるのに忙しいようで。

しゃべってないで早く作んなさいよー。




e0164825_16183145.jpg


なんかずーっと争いごとの話をし続けてます。

パチパチ天ぷらを揚げる音。

外の駐車場には『使用期限22年4月30日まで』の看板。
これの権利を争ってるのかな?
裁きの行方によっちゃ、立ち退きが絡んでいるんでしょうか。

蕎麦の水切り音。やっと出来上がりらしいです。

はは、どうせ潰れかけの店ですから。
仕事そっちのけで係争中の案件に夢中なんだから、
こりゃ大したことないだろうな...

不愉快なところもありましたが、
なくなりかけてるんじゃ文句も言いませんよ。



e0164825_16191047.jpg

天ぷらそば800円

大きな丼で登場。

む。
特大と言える海老天に、紫蘇の天ぷらを添えて。

花びらも見事。
これはどうしたことか、『ただ者ではない』感じが漂います。
かなり出汁の効いたつゆは塩辛いくらいに濃いです。
怒涛の如く押し寄せる節の味、香り。
のちに喉の渇きがまったく来なかった。ん~見事。

火の入った葱がつゆを吸って
口当たりにも見た目にも良い飾りになっています。
蕎麦は短め。田舎そばは適当な星が散り、
乱れた蕎麦肌が撫でるように舌を滑り喉越し鮮やか。

なんとまあ、
まさにお見事と言える一杯はこんな穏やかでない環境下で出されているのか。
職人ともプロとも思えないおやじに。
くっそぉ~!服にまで染み付いて離れないほどの香りが、
この店の味を忘れさせません。
気取りの無い主人の大きな声。

「ありがとうございました。ありがとうございましたぁ」

余計な心配事が無ければ、
まっとうな商売はできそうな感じは受けましたが。
争いの真っ只中でそれどころではないくせに、完璧なる天ぷら蕎麦でした。



西新井/かねきよ
東京都足立区島根1-1-8
TEL 03-3885-1735
[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-15 14:19 | 今日の、変な店 | Trackback | Comments(2)  

熟成味噌タンメン 蔵味噌屋@千住3丁目

オープン後、少し経ちましたが行列はあまり変わらず。
人気なようなのでわたしも列を増やす協力をしてきました。

蔵味噌屋@北千住

日高屋さんの居抜きですが、
この建物の造りと妙に統率のとれたオペレーションは個人のお店ではないでしょうが、
あまり聞かない名前。
『しお福』の新業態ですか。
こってりだと太麺で、すっきりだと細麺を出してくるようです。看板メニューをいただきます。



e0164825_8573040.jpg

熟成味噌タンメン650円

スープすっきりで。
これで細麺ですか。中太ちぢれ麺って感じです。
ん~、なんか見た目に貧相な感じをうけますが、スープから立つ香りはいいですね。
すっきりながら麺に絡んで美味しいです。またアツアツなのが嬉しいですね。
味噌もこのアツアツぶりに負けてませんので、これはこのあたりでは行列するのは納得できます。
千住はラーメン弱いですからw


e0164825_905694.jpg


オプションがテーブルに随分たくさんあって何がなんだかわかりませんが、
揚げニンニクを投入して、まあ上手くいきました。
適当に味噌でも入れりゃこのくらいにはなるとは思いますが、
まあまあ美味しいです。


次回はこってり濃い目のを食べてみたいですが、
いちばん奥の厨房入口の席にはもう当たりたくありませんねー。
狭いキツイ真上で調理ちょいと怖いです。
水滴飛んで来るし(^_^;

改善は、もうムリか。





熟成味噌タンメン 蔵味噌屋

最寄り駅 北千住駅、千住大橋駅
ジャンル ラーメン、つけ麺、餃子
住所 東京都足立区千住3-32 武田ビル1F

TEL 03-3870-5415
営業時間 11:00~翌6:00
オープン日 2010年7月16日

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-15 12:17 | 今日のラーメン | Trackback | Comments(0)  

 ラーメン富士丸@明治通り都電梶原店

そういえば最近、富士丸はご無沙汰でした。
わたしのデビューが二郎よりもマルジのほうが先だったもので、
ここのスープの甘さには違和感はなく、というか美味しいです。つか、旨し!
二郎は二郎でカネシがガツンと来て旨いし、
富士丸は富士丸でまた別なウマさで、このエリアいろいろ楽しめてうれしいです。
で、こちらさん富士丸の中でもまた特別に、いろいろ仕掛けがうれしいお店さんだということで
満を持して訪問させていただきました。
お初でございます。思いがけずファーストロットです(^^;



e0164825_2132291.jpg

ラーメン富士丸@ 明治通り都電梶原店

富士丸の、このスープの甘さは何なのかなあ・・・って。
みりんなのかな。したがって豚さまが安定してホロホロほぐれる旨さなんでしょうかね。
まさか砂糖ってことはないでしょうね。
で、富士丸は西新井しか食べたこと無いんですが、
スープの味も豚さんのスペックもほとんど差異が無いです。
二郎は各店ずいぶん違いが出たりしてますが、富士丸はそのあたりどうなんでしょう。
なんにしても美味しい『富士丸』の味が堪能できます。
加えて、ここさんオリジナルの逸品もあるというからワクワクしますね。



e0164825_21302254.jpg

ラーメン750円 白・にんにく・アブラ

そう。なんといっても特筆すべきは『白』でしょうね。
ラーメンの麺量350gのうち、茶碗1杯分くらいの汁無しを作ってくれます。
こんな手間なサービスは、他所さんじゃ、ましてや二郎ではそうは考えられません。
並びの少ないここならでは、なんでしょう。


e0164825_21304579.jpg

さて、初めて体験する『白』ですが、
察するによくかき混ぜて召し上がるが妥当と思われますが、
茶碗ぎっちり入ってますんでなかなかそうもいきません。
ぼそぼそ食べだしてみますが、あまり味も感じず、
ただ麺の味と食感だけを楽しむものなのかと思いましたが、
よ~くかき混ぜるとその威力を発揮しだします。
濃いめの味の浸み込んだほぐれ豚が絶品、麺との相性がすばらしく、
まぜそばというか、油そばというか、あらあらこんなにも旨さを引き出すとは。
底にしずんだアブラがこれに絡んで旨みを補います。
さらに卓上ラー油に気付いたので、これはと思い投入。
もうこれ無限大の旨さですよ。秀逸!


e0164825_21311265.jpg

ラーメンのほうですが、富士丸らしく味玉が載ってます。まるまる1個載ってます。
ファーストロットのお客さんは半切りじゃなくて1個のようです。
さらに『豚入り1000円』はフツー味玉無しですが、こちらも1stロットのお客さんにはサービスされるそうです。
しっかりした、ありがたくないほうの脂身がガッチリ付いた豚さんと、
それを持ち上げると下にほぐれ豚が。
湯掻いたようなにんにくをタップリ絡めて、その野太いちぢれ麺を汁とともに吸い上げます。
いや~、がっつり旨いですよ。
食べ進めると奥からまた豚さんの塊を発掘!
定番トッピングの別皿アブラを半分投下して、麺を啜り、
残りのアブラは『白』に入れてみたりして、また別の味わいをもたらしますね。

e0164825_21313132.jpg


いやいや文句なしの旨さ楽しさで、丼ぶりの中はイベント盛りだくさん。
二郎系にしては珍しく座敷もあるんですね。
連れだって食べにくるお客さんもワイワイやっていいのが、富士丸さんのいいとこなんでしょう。
店の雰囲気の良さは二郎を超えてますね。
食べ終わりには店員さんが丼ぶりを下げに来ます。
これも他とは一線を画すシステムで好感度ますますアップじゃないですか。

いや2種類を楽しめるという、なんとも言えない高揚感と満足感(^^
『白』、かなりおススメです。
比率も1/3とか半分とか、『白』にする量もコントロールできますし、
いろいろフレキシブルな対応をみせてくれるところが他の二郎系にはないサービス感覚。
すばらしいの一語に尽きます。
城東エリア指折りのお店でしょう。
二郎系のお好きな方、ここは必須の課題店ですよ~(^^




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
梶原/富士丸
東京都北区上中里3-18-1
TEL 非公開
営業時間 19:00~24:00
[PR]

by zacho_7henge | 2010-11-12 23:21 | 今日の二郎/二郎系 | Trackback | Comments(5)