<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

【立食そば】 そば処 新田毎@JR秋葉原駅構内

9月二度目の三連休。
休日ですが、しょっぱなの土曜日は朝から予定ギッシリな一日です。

まずは早くからとある仕事のパートナーと打ち合わせ、と言っても30分とかかりません。
彼はいつも余計なことは一切しない。
お茶もしなければ無駄話もしない。
仕事の用件以外は一切絡まない。
変わっているがしかし頼りになるし信用もできる、頼もしい変人なのです。

今日も頼んだ仕事と書類の確認のみ。
ヨドバシの前であいさつの後、、、その場でやり取り。
朝飯は、と言っても全く乗ってこない、この場所らしい旧秋葉原な人です。027.gif

『秋葉さん』の話はまたいずれ。 ←必要ないですね(^^;
そんなんで、わたしは次の用事の前にどこかで朝ご飯にしたい時間。
JR秋葉原の駅の、総武線下りホームに向かう途中ある立ち食いそば屋さん。

e0164825_2340646.jpg


新『田毎』って言いましてね。
知る人ぞ知る、ステーキ肉でカレーライスを食べさせる有名店。
興味のある肉食系の方はどうぞ。
わたしは当然こちら006.gif

e0164825_23454446.jpg

春菊そば380円

棒状の天ぷら。
揚げ置きで固く締まっちゃってるけど、
春菊がぎゅーっと詰まってるから好きです。

甘くない、控えめなかけ汁。
沈めた春菊から味が出てきたら決まってくる。
なかなか美味しいんだな。001.gif

量が多かったのかな。麺は残してしまった。
決して口に合わないとかじゃありませんので念のため。

すぐに電車で移動できます。便利な場所です。026.gif


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
レストラン・飲食店
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
秋葉原/新田毎
東京都千代田区外神田1丁目 JR秋葉原駅構内

以前の秋葉原田毎さん情報
・11/01/09三色野菜天そば
[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-31 02:08 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 本陣房@日本橋本石町4丁目

午後一時すぎ。
綺麗になったというので室町砂場に伺うと、案の定満席。
並んで蕎麦を食べるなんて無粋なことはしたくないので、
じゃあこっちへ行けばいいや、と向きを変えました。



e0164825_16492143.jpg


本陣房@神田 日銀通り店

お初です。
入れ違いで老夫婦が出てゆくと、お客はわたし一人。
こんな近くの店同士で、どうしてこうも違いますかね。




e0164825_17282641.jpg

仙人蕎麦1000円

鴨肉をアピールされれば言いなりですよ。あったかいお蕎麦でお昼にします。
当店らしく、先にお盆が配膳されまして、漆箱には葱です。
若者の配膳はやや雑で、まだまだ修業が足りません。




e0164825_17284849.jpg


さて、こういうところの蕎麦を種ものでいただく事に贅沢を感じます。
大きな器が運ばれてきました。
鴨の脂が綺麗に浮いて香りを昇らせてきました。
大振りな短冊ねぎに、たくさんのわかめ。
揚げ餅はしっかり揚がっているのに、四隅が鋭利に角が立っており、
それでいて柔らかく伸びを見せるあたりは技を感じます。
九条ねぎが香りに華を添えています。
このクラスのお店にしては、どれも充分すぎるボリュームで、お蕎麦もたっぷりな量です。
そのお蕎麦ですが、
ほかの本陣房系のお店と違わず綺麗で啜り口のキレが良いものです。
時間をかけていただく種ものでも、
最後まで蒸れ負けしない蕎麦は大したものであるなあ、と感心いたします。
鴨肉の質に若干の物足りなさはありますが、蕎麦の旨さ、上手さは流石と思わせられました。

ただ、お盆を下げるタイミングなど、
あたかも客を早く追い出そうともとれるような手順は、やや改善の余地を含んでおります。
食べている最中に割り箸が折れてしまうというアクシデントもありました。
このあたり縁起の悪さというより、
またしてもわたしと本陣房系の相性の悪さを示している、と不思議な感覚ですが、
室町砂場にフラれたおかげで、美味しい種ものに出会えました。

他にもたくさんオススメがあるようでしたので、また相性を確かめに来たいですね。


e0164825_1729114.jpg






にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
新日本橋/本陣房
東京都中央区日本橋本石町4-5-12
TEL 03-5200-1117
営業時間 [月~金] 11:30~15:00 17:00~22:00(L.O.21:30) [土] 11:30~21:00(L.O.20:00)
オープン日 2010年9月29日
[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-30 16:51 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(4)  

《閉店》★稲庭うどん★ 無限堂 浅草雷門店@台東区雷門1丁目

浅草。

テレビカメラがいます。
なんぞやと聞きましたら、
フジテレビのスーパーニュースの取材中だそうで、
カメラを向けられ面が割れたのではと心配になりましたぞ。

e0164825_025252.jpg


無限堂@雷門田原商店会

本場秋田から打って出てきた稲庭うどんのお店だそうです。

なんかちょっと入りずらい入口。
営業中の札も、昼間なのにガラス越しの店内は暗いです。
ちょっと明治大正の洋館風な造りにジャズなんか流してますが、
出されるのは秋田が誇る稲庭うどんです。


e0164825_0251817.jpg


親子丼とあったかい稲庭うどんのBセット890円

中口のかけ汁に三ツ葉が香る一杯。
稲庭の、柔らかい優しい口当たりが嬉しいですね。


ところが親子丼のほうは見た目、味ともにもうひといきです。

やや深めな丼なので量はいいですが、
見てくれがいかにもセコいんですよね
味は濃すぎなうえ汁が回りすぎ。
鳥の味も卵の風味もぜんぶ醤油の味しかしないのが残念です。


終始しゃべりっぱなしの厨房男子ですから、
まさか分量でも間違えましたかね。

TV取材で舞い上がってたんでしょうか。
さらに、客が食べているのに、
葱やらなんやら詰め込んだスーパーのビニール袋をぶら下げて、
店員のおばさんが入口からバタバタと入ってきました。

裏から入るでしょ普通。

カウンター越しに『板前さんこれねっ』、て渡してます。
カウンターに客がいないからいいんですよ、ってことですかね?


どうしたんでしょうか、このお店???
ホントはまだ準備中だったのに入れてくれたみたいな感じでしたよ。

商売の恐さを知らない、へらへらな雇われ従業員たち。
全国区の大型チェーン店ならしっかりしたマニュアルがあるんでしょうが、
ここさんにはまだ足りないものがたくさんありそうです。
地域ぽっと出の、小規模展開の限界を見た、そんな印象でした。


ここはライバルが多いですから頑張らないと大変ですよ。



浅草/無限堂
東京都台東区雷門1丁目15-9
TEL 03-5806-4188
営業時間 [月~土] 11:00~14:30 17:00~22:30 [日・祝] 11:30~22:00
オープン日 2010年10月13日

[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-23 15:43 | 今日の、変な店 | Trackback | Comments(4)  

【お蕎麦やさん】 名代 喜月@足立区千住寿町

このあたりにはお蕎麦屋さんが三軒も。競争が激しそうですね。
ミサキベーカリーの斜向かいの綺麗なお店にお邪魔します。



e0164825_14402236.jpg


喜月@千住寿町

新しいだけあって店内も綺麗です。
華奢なご主人の野太い声と、奥様のちょっと無愛想に聞こえてしまう声(失礼)が印象的。
挟まれてる息子さんは小さくなってます(^_^;



e0164825_144038100.jpg


肉南蛮そば550円

カメラ上手く行かずにすいません。何回撮り直しても上手くいきませんでした。
湯気に反応してピントが・・お店さんごめんなさい。

さてさて、ほかの種もんは650円が中心ですから、こちらは結構リーズナブル。
ほうれん草、ねぎ、なると。お肉もそこそこ入ってます。
かなり濃いめの甘口かけ汁には豚肉の味が溶けだして美味しい。
かなり好きなつゆです。町なか仕様。

ああしかし、蕎麦がちょっと残念。ふにゃらこでした。
もう少し固めに湯がいてくれたらなぁ。
すごく惜しい!
待っている途中に、
「もう上がってんじゃん?」
なんて声が聞こえたから、もしかしたらわたしの蕎麦のことだったんでしょうか。

おつゆが好きなんで、今度もう一度確かめに行こうかな。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/喜月
住所 東京都足立区千住寿町9-10
TEL 03-3881-5997
[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-16 15:48 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 角萬@台東区竜泉3丁目

今年の締めくくりに、お世話になったお店を再訪してお届けしております、
シリーズ今年もありがとう。
今日はわたくしの訪問回数断トツ1位の蕎麦屋。
言わずと知れたカドマニストの聖地であります。

角萬@竜泉

ひと頃に比べ、国際通りもこのあたりは路駐の取締りが厳しくなりまして、
店内では時折ご主人の
「警察来たよぉ!」
の声が響きます(^^
近頃は周辺のコインパーキングはどこも満車だらけ。みんな角萬のお客様ですな。(ウソぉ)
今日はお昼時を少しずらして訪ねてみましたが、混雑具合はかわりませんね。

「ひやにく」
「ひやだい」
「にく南の冷たいの」
「三人ともひやだいね」
みんないっしょの注文です。
「だいにく」なんて人も。
あったかいのもイイですけど。しかしね、みなさんたまにはここ竜泉角萬でコレ行ってみましょうよ。


e0164825_063016.jpg


カレー南ばん蕎麦950円

「カレー南、そばでね」
ちなみに大盛りは『大カレー』と頼みます。
こちらから蕎麦と言わなくても「蕎麦ですか饂飩ですか」と聞かれますから安心です。

さあ醤油ぽい店内の空気は、たった一人の注文でカレーの香りに包まれます。
すべてを台無しにするわらわのかれ~。
登場いたしますと垂涎の的です。あぁ快感(^O^)
日本人は蕎麦屋のカレーが好き。

この、蕎麦とも饂飩とも思えぬ角萬麺。
“虚にして虚にあらず、実にして実にあらず”な独特の蕎麦は、
カエシで伸ばされ小麦粉でとろみを加えられたお蕎麦屋さんのカレー南蛮によって、
またこれが格別な味わいをもたらします。
言うまでもないあのワシワシ感に、和洋折衷の極み、カレーが絡むのです。
角萬麺の本領発揮!といったところですね。
口の中に広がるは、南蛮渡来の異国文化を見事に融合せしめた、
花のお江戸の粋な味、カレー南蛮。
しかしそこには落ち着きのない角萬麺。
訳わからないけどありえない旨し!

ああ、竜泉角萬のカレー南よ。チミに日本一、いや東洋一の称号を与えよう(^^;
みなさん一度はコレ行ってくださいよ。
寒い冬、みんなでコール『大カレー』
ほら、食べたくなってきた(^-^



三ノ輪/角萬
東京都台東区竜泉3-13-6
TEL 03-3872-5249
営業時間 11:00~15:30 17:00~20:30  日曜定休
[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-14 15:58 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【閉店】堀留屋@中央区日本橋堀留町

※2017年11月 店主急逝のため閉店されたそうです。
そのうち、そのうち、と思いながらすっかりご無沙汰してしまい、
もう食べられないと思うと残念です。
とてもパワフルなお蕎麦でした。決して忘れません。
お悔やみ申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちら一年半ぶり。すっかり有名店になりましたね~。
角萬タイプのお蕎麦屋さん『かどまんズ』の筆頭格。この地で健在のようです。
e0164825_12174823.jpg


堀留屋@日本橋堀留町

オープン当初のご主人は不慣れなうえ、
お客さんの手助けもいただいて恐縮しきりでしたが、いまや手慣れたもの。
常連さんも付いてうまくいっているようです。人柄ですね。
相変わらず一人で切り盛りは慌ただしいですが。
前回は鳥のつけそばをいただきましたんで、今日は平太麺でどんぶりがっつり行かせていただきます。

e0164825_12181490.jpg


肉南蛮そば冷や太麺少し少なめ900円

茹で釜が一つなんで大変そうですが、
わんさか吹きこぼれる釜は臨場感があって迫力を感じます。
見ているだけでも楽しめますから待ち時間も苦になりません。
さて、出された丼は、他のみなさんの絵と違ってインパクトに欠けますが、
この特大な丼は深さがありますから大変な重量級です。
テーブルが、高さがどうなんすか、これ。ちょっと屈むと丼の縁に口が当たる高さ。
ま、これで啜るとつゆが撥ねないんで白いシャツでも安心ですが。

麺は少し少なめで500g。
数字ではいまいちピンときません。つかビビりますが、攻略には苦労しませんでした。
おおよそ向島角萬並みはありましたかね。
平太の麺はやや柔いぶん、角萬麺のようにわしわしガブガブと食べるというよりは、
ちゅるちゅると啜って食べれる麺です。

大きい豚バラが大量に入ってます。Bな豪快さが楽しめます。
これがもう一つ中途半端な味に感じてしまうほどの脂感。
しかし、じゅくじゅくジューシーに煮込まれたネギとの相性は抜群で、
さらに太麺との食感を合わせると、やはり期待通りのもぐもぐ感たっぷりの蕎麦です。
美味しい(^^
そのつゆはやや薄口で、この麺を受けるにしては期待ほどのB級感ではありません。
むしろ繊細なのかも。
玉ねぎスライスがどっさり。これは個人的には不要でした。辛みと臭みが食後まで纏わり付きました。
次回はたまねぎレスオプションで頼んでみたいです。
どうしても角萬と比べてしまうんですが、いや、角萬と比べに来たんですけど、
なかなかどうして、ってところです。
こちらさんも全体的によく出来た美味しいイベントものでした。
間違いなく中毒性を持った、危険なほど遊び心に火がつく一杯です。

種のほうはもっと濃いめに味付けしてもらうとバランスがより好みでしょう。
何にしましても満足度は高いです。
堪能いたしました。
これなら他のメニューも楽しみになります。
また来年来ますよ(^O^)


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へにほんブログ村 料理ブログへ
人形町/堀留屋
東京都中央区日本橋堀留町1-6-10
TEL 非公開
営業時間 [月~金] 11:30~20:30 [土] 11:30~17:00

以前の堀留屋さん情報
・09/05/13鳥つけそば


周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図



[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-14 12:17 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(5)  

更科@幸手市中1丁目

e0164825_23411788.jpg


綺麗になった駅前通り。
静かなもんですが、お蕎麦屋さんを発見。
駅の反対側にお点の高いお蕎麦屋さんがあるそうですが、
ここの駅は東側にしか出口がないので、
だいぶ歩くようですし時間が合わないのでこちらですませようと。


e0164825_2341598.jpg


手打ちきそば 更科@幸手駅前

大正琴のBGMが流れています。
狭いながらもカウンター5席テーブル3卓小あがり3卓と、
お客様の受け入れ体制にぬかりはねーぜ。



e0164825_23414841.jpg

大もり650円

更科というわりには、
やや色付いたもっちりした感じの蕎麦ですね。
手打ちの舌ざわりが喉にもやさしく落ちていきます。

あらま旨し!

街なか仕様のお店さんなんですが、
出て来た蕎麦はそれとはちょいと違うものでした。
大もりが150円増しと少し高めな設定なのがなんか納得できてしまいました。
噛んで蕎麦の香り、呑めば香り。
いや、ほんのりとですが、いいです。
甘すぎずー、のおつゆはノーマルなタイプ。余計なことがありません。
蕎麦が勝ってますが、へー、美味し。


e0164825_23421349.jpg


春日部の更科と似たものを予想していた舌や喉は意表を突かれて笑顔です。
それでもお店さんは
「まあ、ただの蕎麦だからよ」
ってんで、旦那さんを中心におかみさん入れて4人、淡々と切り盛り。
客も客で、只ただズズッと啜るのみ。

そんなんで、昼下がりのんびり系です。
おおきな土瓶の蕎麦湯で少しリラックスしてきました。
いやぁ、やっぱりこういうのは好きだなあ(^^
のんびりしすぎて、あ、時間(-_-#)



e0164825_23424970.jpg

帰りには、らきすたというアニメが描かれた商店街の福引券をもらいました。
3枚で1回か・・・
まあ、記念にいただいておきましょう(^^;

お店には若い学生さんカップルも来てました。
なかなか渋い選択するねえ、お二人さん。
ってんで、『デート』にもチェック入れてみました。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
幸手/更科
埼玉県幸手市中1-14-20
TEL 0480-42-0424
営業時間 11時~20時(通し)
[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-09 23:49 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(3)  

田中商店@六町

お世話になったお店さんに、年末のご挨拶まわり(^^

平日にも関わらず、夜6時半に来てみるとテーブル側はもう満員。
カウンターも半分は埋まっていました。流石ですね。

e0164825_18251065.jpg


らーめん680円

この時間に来ると、1クール目のお客さんたちの替え玉供給に追われるので
ラーメンが来るのが普段より時間が掛かります。

そんなんで、わたしの前後の人たちは中生から入ります。わたしはクルマ…
ああ、隣の兄さんも呑んでるわ。近いんだね。羨ましいわ美味しそーだわ。

見て見ぬふりでやり過ごしたら、ラーメンには辛子高菜と紅生姜を。
平日なのでにんにくは自重・・・

もう師走。今年もずいぶんいただきました。いつも変わらず美味しいねぇ。
ああ、それでも我慢しきれずに、ちょっとだけにんにくを(^^;
絶妙すぎてスープまで完飲させていただきました。
自分の体にごめんなさい、と。

「いっき」が最近どうなのよ…って感じになってきたので、
やっぱり博多とんこつは田中商店、ここだけあればいいですよ、わたしは。


e0164825_16402760.jpg
六町/田中商店
東京都足立区一ツ家2-14-6
03-3860-3232
18:00~翌4:00 無休


以前の田中商店さん情報
・焼豚麺
[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-09 22:16 | 今日のラーメン | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 柏屋@足立区千住2丁目

新入りのおばちゃん、ホールでがんばってます。
12月は忙しいからたいへんだね。

さて、湯気に反応してピントが迷ってるのね、うちの携帯カメラ(^^;


e0164825_1311492.jpg

かきそば750円

牡蛎です。
諸般の事情で2年ぶりです。
泣きそうです(T_T)
ぷりぷりですね。

素揚げの牡蛎が五つ入ってまして、ぱんぱんな身は半生でジューシー。
味の染み出たかけ汁もまた格別。ちょっとかぼすか何かあっても良さげですね。
お酒ください。

これ、天ぷらにしたらどうなんでしょうねぇ。

『かき天そばをヌキで』

ますますお酒ですなぁ。
裏メニューでやってもらおう。


にほんブログ村 ↓も覗いてみてね(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/柏屋
東京都足立区千住2-32
03-3881-2807

以前の柏屋さん情報
・かつ定
・ちからそば
・冷し胡麻だれそば
・冷し焼豚そば
・豚天そば
・天とじ
・ちからそば
・親子なんばんそば
・鴨なんばんそば
[PR]

by zacho_7henge | 2010-12-04 01:30 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)