<   2011年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

≪閉店≫【蕎麦屋】 手打ちそば たかはし@足立区千住中居町

e0164825_23201317.jpg


・もり700円 

今日は少し短い蕎麦でした。柔らかめですが、なんかこう、好きなお蕎麦です。

・そばがき揚げだし500円

そばがきを素揚げにして餡を張ったもの。これはなかなかアイデアです。
もう少し餡が甘口のほうが好みですが、酒をやるにはこれで程よいですね。

ちょいとオススメな一品で、友人を連れて「どうだい?」なんて食べさせてみたくなります。

千住の隠れ家(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/たかはし
東京都足立区千住中居町10-3
TEL 03-3881-9769
営業時間 [月~土] 11:00~14:00(L.O.13:30) 17:00~21:00(L.O.20:30)

以前のたかはしさん情報
・11/09/15 大もり
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-29 23:24 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

じんざえ門@北千住

今日は軽くな。

e0164825_114653.jpg


この後、お呼ばれなんで、ゼロ次会。

e0164825_12610.jpg


さ。エンジンかかったかな?


2011.09.29
・お通し  250円  高野豆腐
・チューハイ 190円
・煮込み  410円                
外税 計 892円   



以前のじんざえ門さん情報
・2011/09/17
・2011/09/14
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-29 23:00 | 今宵の『じんざえ門』 | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 日の出屋@足立区千住1丁目

お腹は空いたがガッツリこってり行く雰囲気でない時、ありますね?
薄味のお昼にするには年をとった何の変哲もない蕎麦屋がいいです。


e0164825_91726.jpg


冷したぬきセット(小牛丼付き)900円 

 ここさんは細くて白い蕎麦(入り冷麦(汗))。醤油が色濃いですが比較的薄味で、胡瓜がたくさんなのでサッパリいただけます。そして牛丼とはいえ狙い通り優しい薄口の味かげん。陳皮が多くて香りよい七味唐辛子は良い飾りになって、辛くないから胃にも都合いいでしょう。いっぱいかけちゃいます。

 印象に残らないほど小さな町のおそば屋さん。そんなお店はあちこちにたくさんありますが、やはり必要だからそこにあるわけです。区役所が移転しても、隣の消防署が無くなってしまっても、13時すぎ、5つのテーブルは全部おひとりさまで埋まっていました。

e0164825_9172491.jpg


帰りがけ、『冷しあさりセット(冷したぬき付き)』なんてメニューを発見。。。想像が追いつきません(^^;

次回の宿題にします。

大衆店を応援します(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/日の出屋
東京都足立区千住1-3-7TEL 03-3881-1462
営業時間 11:00~19:30
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-29 16:21 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 よし房 凛@文京区根津2丁目

e0164825_82538.jpg

さきにこちらがセットされます。
ここさんは酒をやるにしても手順がいいので。
カタチが出来ているお店です。

秋口は平日のランチタイム。外で10分ほど待ちました。
店内右手の、ガラスで仕切った打ち場の前の席、そこに通されました。
ここ、酒をやるにはいい席ですよね。
ちょいと見落としがちなメニューですが、
この天丼は蕎麦と合わせて頼むと充実のランチになります。


e0164825_813831.jpg


小天丼500円
田舎750円


 小さめですが海老2尾、茄子、シソ、まいたけ、竹輪、じゃがいも2枚。やや柔らかいご飯には刻み海苔。甘いめの丼つゆ。ほんの小さいですが漬け物も添えて。もこもこご家庭風な天ぷらですが、この値段ならば十分に価値があります。


e0164825_833114.jpg


 田舎そばのほうですが、こちらもキタワセ。適度なざらつきの中にもしっとり感があって弾力のある蕎麦。

 わたしには、東京のこっち側ではいい蕎麦屋の基準となる安定した旨さです。



いいなあ、根津なあ(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
根津/よし房 凛
東京都文京区根津2-36-1
TEL 03-3823-8454
営業時間 [月~土] 11:00~15:00(L.O.14:45) 17:30~21:00(L.O.20:30)
[日] 11:00~15:00

以前の凛さん情報
・11/09/09せいろ
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-28 15:25 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 蕎麦点心 砂場宗泉@草加市氷川町

 日光街道からは少し離れますが、さすが草加宿といった趣のあるお蕎麦屋さんを見つけました。だいぶ歴史がありそうな雰囲気の建物は、周りのそれとは全く違った佇まいでして、木を切り出した大きな看板に『蕎麦点心』と書かれ軒先にかかげられています。建物は植木に囲まれ、味のある玄関口です。

e0164825_145355.jpg


 宗泉とは・・・なんでしょうかね。歴史を紐解く鍵になっているでしょうかね。蕎麦点心というあたりも何か期待させますが、メニューを見ても特に多彩さはありません。気を引かれるのは蕎麦アイスクリームか。しかしやはり点心ってくらいですから常連のみが知ることのできる裏メニューでも存在するかもしれません。

e0164825_14612100.jpg


店内は3卓のテーブルと座敷。ちょっとした庭木を見ながらいただける座敷がいいでしょうか。しかし、テーブルからも、唐笠や茶を立てる小上がりが見れたりと、なかなか趣ある店内は興味をそそり、その佇まいに空想が膨らみ飽き足りません。

e0164825_1464921.jpg


天せいろ1300円

 蒸籠の蓋の上に天ぷらをのせて提供されました。薬味は連小鉢にずらり5種類。切りゴマ、大根おろし、わさび、生姜シソ、わけぎ、です。
屋根の天ぷらは厚すぎず薄くもなく、の衣の砂場らしい揚がりです。そばも砂場らしいもの。これ何と説明しましょうかね。

e0164825_1471314.jpg


 11月上某日。何もあわてることなく、まだ新そばの謡い文句はありません。ゆったり構える老舗の貫録でしょうか。

e0164825_1474299.jpg





にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
草加/ 砂場宗泉
住所 埼玉県草加市氷川町2175−8
TEL 048-925-4420
営業時間 11:00~21:00 火曜定休
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-27 23:55 | 今日の蕎麦屋 | Trackback(1) | Comments(2)  

【居酒屋】 久助@北千住

西口ロータリーの左側、
宝くじ売り場の路地の先にすぐ見える大衆酒場でございまして、
なんの変哲もない居酒屋です。


e0164825_19234.jpg


まずは枝豆でつないでおいて。

さてこちら、
さほどメニューも凝ったところはなく、刺身は若干高めで、内容も至って普通。

さつま揚げは、そうそうこれがなかなか美味しいほうでして。



e0164825_162371.jpg


あとは、本当にごく普通。それでも随分と使っています。



e0164825_110540.jpg


独楽蔵 純米酒(燗)450円

しかしまた、何ゆえこのろくでもないラインナップの酒たちの中に、これが・・・。
サッポロの生中を時間帯250円で出したり、エビスだって450円。
いろいろ値段で勝負をかけてくる中、
吐くほど呑める、量で勝負の安酒屋(失礼・愛だ)に場違いなことです。独楽蔵。
これがまた、斬れるヤツなんです。
どうせ酔うんでしたら、こういった本物を呑まにゃいけませんがね。
お店さん、これをわたしに適当にぬる燗なんかで出してきてはいけませんよ。

「おう!こんなんじゃ温くて風邪引くぞ!あっちっちにしてこい」 (←小心者なので実際はもっと弱々しいセリフ)

っつうと、チンチンの熱燗にしてきてくれるんです。すばらしいね!でまたこれが、熱燗にしても芯がしっかりしてますんで、ピンと張った旨さが沁みるんですわ。昔の人は金借りてでも呑んでいたって言うことですが、なんとなく分かるような気もしますな。

・枝豆 250円
・さつま揚げ 480円←おススメ
・チューハイ 300円
・独楽蔵純米燗 450円      内税 計1480円

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
北千住/久助
東京都足立区千住2-62
TEL 03-3870-1338

以前の久助さん情報
・11/09/13
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-27 23:49 | 今日の飲み屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 分豊年屋 久の半@東浦和

昔っから職員室とおまわりさん家は好きじゃないんですが、
呼ばれたからには参上いたします、東浦和警察署。
東浦和という地に足を踏み入れたことがありません。だから悪さもしてません。
所轄の『さいスタ』へサッカーを見に行った息子が財布を落としただけです。
なんだぁ・・・(^^;
しかしなんだこの、動悸のアップダウンは!
でも まあこれで、こっち方面に行く口実が出来たわけで、早速蕎麦屋を検索するわけです。

ふ~ん。とゆーことは、豊年屋さんってのがどっかにあるんですね。


e0164825_0504176.jpg


分豊年屋 久の半@東浦和

外壁は白を基調として清潔感があり、
見た目のセンスからもう裏切らない、といった印象です。
看板も白地に細い筆で店名が書かれていまして、繊細かつ清楚なイメージ造りです。
格子戸を引きますと一転、濃い茶の木目柄を活かしたシックな和装、といった感じで、
テーブル4卓に、入り口右手には暖簾で仕切られた座敷が3卓ほどあるようです。
その入り口にも文化財的な色の、背の低い箪笥(?)が置いてあったりして、
その上には今日のお蕎麦の産地が飾ってあります。

座敷のほうは外の光が入って明るいようですが、
テーブル側は光の使い方がちょっと暗すぎるかな?でも落ち着いた雰囲気はいいですね。
しかしこの色調で暗く落とした照明はカメラ泣かせで早くも敗北感。
食べるに集中できるからいいですけど。

土日限定の御膳をいただくことにしました。
せいろは北海道の蕎麦ですが、あらびきに変えていただきました。
あらびきは群馬県渋川市産とのことです。

e0164825_0513360.jpg


久の半御膳1380円

あらびきに換装しましたので、これに100円追加があります。
ちなみにせいろ590円。あらびきは680円です。

天ぷらは蕎麦屋らしいしっかりさん。
大海老に、キス、茄子、まいたけ、南瓜が籠に乗ってきました。
ピンクソルトも添えてあります。
このお塩、見た目も上品な感じで好きなんです。
ヒマラヤ何やら~、って言って、けっこ高いんですよね。

かやくごはんも薫りがいいなあ~、と思いながら食べましたが、
すいません。なんだったか失念(^^;
もり汁が若干塩っぱいかな。
甘さが少ないのは好みですが、ややツンツンした印象。もう少し円いともっと好きですね。

蕎麦は丁寧に打たれています。とてもみずみずしい。
水切りはしっかり出来てるのに乾かないそば。
ずっとツヤがあって、みずみずしいという表現がぴったりです。
この時期にしてはハンデをものともせず、といった頑張りのコシと香り。大至急啜ります。

旨し! 

粗びきらしい食感に思わず笑顔です。おいしいお蕎麦屋さんですね~。

店員さんも当たりが柔らかく笑顔でいいですね。
写真撮りにも笑顔で動きを止めてくれたりして、断らずとも快く応じていただきました。
下手で申し訳ない。つか、壊れましたねこの携帯カメラ。
ぼかしが入るようになってしまった。ホント申し訳ない(^^;

予約の電話なんかも入ったり、おじさん一人客も静かに啜っていたりして、
地元で静かに繁盛しているお店のようです。

あとは蕎麦猪口と徳利で出してくれれば文句なしですね~。


なかなか素晴らしい蕎麦でした(^^

東浦和/久の半
埼玉県さいたま市緑区大牧1217-1
TEL 048-873-3950
営業時間 11:00~15:00(ランチ) 
       平日のみ 17:30~21:30(L.O.21:00)日、祭日は17時からの営業。


周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-23 12:07 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】  ほりた@春日部市緑町3丁目

道すがら、品定めです。
こうしてみると結構な数のお蕎麦屋さんがあります、埼玉県内の旧日光街道。
砂場に、長寿庵。ボロボロな店から料亭みたいなのまであります。
見てるだけで楽しくて仕方ありません。
『次はここかな。ここもいいなぁ』
なんて目をやりながら、しばらくすると目的の一ノ割に着きました。


蕎麦 ほりた@一ノ割

旧道を一本裏に入ると、目を奪われるように綺麗な佇まいのお店が現れます。
木の温かみと厚みをうまく使って高級感溢れる外装ですね。
素砂利を敷き詰めた駐車場に、白いセダンを滑らせますと絵になります。


e0164825_0232294.jpg


暖簾を分けますと、ちょいと重たい外壁とは変わって
店内はまあ綺麗、といった感じの採光のよいお店です。
右手には座敷があるようですから、そこを見たならばもっと高級な印象でしょうか。
午後1時すぎ、昼の終わりに左手のテーブルに通されました。



カツ丼セット1100円

『藤うどん』なるものが推されていますが、紫芋を擦り込んだものらしいです。
藤の花でも使って『藤きり』なんて変わり蕎麦をやったら注目ですが、
きっと上手くいかなかったんでしょう、などと勝手に推察してみました。
どうやら地域の目玉メニューで、ここさんオリジナルじゃないそうです。


e0164825_0234379.jpg


さてと先に出されました蕎麦ですが、
う~んと、湾曲した皿に蕎麦を3玉。笹の葉を敷いています。
見栄えを狙ってのことでしょう。
しかし当然溜まった水に蕎麦の下の方はやや残念なことになってます。
勿体ないことで。

カツ丼が、アタタタ。随分とつゆだくで(^^;
丼ものの、汁の使う量が決まってないなんてことがあるんでしょうか。
昼最後の客でやっつけ仕事でしたかな。
蕎麦も、他の方の写真で見たような綺麗な渦はできていません。
ま、いじくり回されるよりいいですが。
そのお蕎麦はややコシが甘いなあ、という印象でした。


e0164825_0241240.jpg


少し残念なところはありましたが、
ホールさんも丁寧で笑顔の対応ですし、綺麗なお店でいい雰囲気です。
蕎麦、もり汁その他、提供の仕方から町なか仕様のお店で、
この辺りじゃきっと地域一番店を争うお店なんでしょうね。
町のお蕎麦屋さんが一生懸命ひたむきに頑張ったおかげで綺麗になったぜ、
といったところでしょうか。
方向性としては、どっちで行くんでしょうね。町なか仕様?本格蕎麦屋?
ちょっとよくわからないうちに時間となりました。

お昼の最後さんを送りだす笑顔に和まされ帰路につきました。
今日の昼の部は14時で仕舞うのかな…?


頑張る大衆店を応援します(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
一ノ割/ほりた
埼玉県春日部市緑町3-4-57
TEL 048-736-3872
営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-22 22:08 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

じんざえ門@北千住

e0164825_183178.jpg


なかなか活気あるお店でしてね。
煤けた柱が、かなりの古さを演出して、
ふと安心できる大衆居酒屋の雰囲気を出しています。

気前のいい、“のっけ盛り”
e0164825_191355.jpg

4点、とか言って、おまけもたくさん。
名物だね。

e0164825_185849.jpg



お酒は、冷で鶴亀。
ここはあんまし、お酒どうこうのお店じゃないんだ。

e0164825_192826.jpg


鶏のレバ刺しも、にんにくをたっぷりで、ごま油で。
e0164825_19432.jpg


つやつや(^^


2011.09.17

・ お通し        250円 里芋煮
・ チューハイ     350円×2 
・刺身4点のっけ盛り 580円 ←じつは7点
・ 酒 鶴亀      490円 
・ 鶏のレバ刺し   550円    2698円   



以前のじんざえ門さん情報
・2011/09/14
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-17 22:25 | 今宵の『じんざえ門』 | Trackback | Comments(0)  

≪閉店≫【蕎麦屋】 手打ちそば たかはし@足立区千住中居町

 千住の数少ない本格そば屋さんの一軒で、そのむかし靴屋さんを止めて蕎麦打ちを始めた、って言う話です。以前はよくメディアにも取り上げられておりましたが、最近は露出も無く静かです。だからこそ、伺ってみましょうよ。道順が相当わかりづらい、なんてのも有名ですが、実はバイパスのとある道から1本で目の前まで行けるんですよ(^^

手打ちそば処 たかはし@千住中居町

 お店はまるでひとン家のよう・・・じゃなくって、民家です。紛れも無く一軒家。庭木の整った玄関先の左手には、庭を調理場にしたような感じで、玄関を開けるよりも前にご主人が挨拶をくれます。ひとんちですから、一応『おじゃましま~す』と言ってみます。玄関で靴を脱いですぐ左に部屋がありまして、そこでいただきます。6畳ほどの和室に3卓のみの部屋。ご夫婦は、自分の親の少し若い頃、くらいのお年のようで、なんとなく実家に帰ってきて蕎麦を食ってるような錯覚をしそうです。

e0164825_23275873.jpg


・ざる800円+大盛300円

 量を伺うと、戸惑うお母さん。あんまりこの人に聞いてはかわいそう、な雰囲気を持つ優しそうな奥さまです。せっかくなので大盛りにしてみました。お蕎麦が来まして、では失礼!とカメラを向けますと

「ぜひ撮ってやってください」

と笑顔のおかあさんです。器は凝ってますよね。陶器の皿にすのこを敷いて、さすがは大盛り。結構な量です。ちょいとサービスのいい海苔をまとめましていただきます。とがったところの無い、まあるいかえしは少々薄味に合わせてあります。店主の年齢に相応しい塩梅ですね。あらかじめ張られた猪口と、それとは別に徳利でも出されます。
 蕎麦は多少粗めの肌ざわりでコシはもうひとつながら香りは高く、少しのもっさり感の中に心地よい喉越しを残します。もう少し水で締めてもいいのではと思いますが、ここさんは東京ではもう珍しい敦盛(あつもり)蕎麦を扱うお店です。そのあたり、香りと舌触りを活かす何らかの効果といった意味があるのでしょうか。いろいろ考えながら啜るにもだいぶ量はありましたが、それでも最後まで飽きがきませんでした。ふふ、旨いなぁ。このお蕎麦で、太いのを食べてみたいところです。薄らと白い、わざとらしさのない自然な蕎麦湯で一息つかせていただきましょう。
 帰り際、2,3、話をしてきました。信州の蕎麦だそうです。
「あとちょっと混ぜてるんだ」
とはご主人。このお蕎麦を楽しみにしている常連さんも多いようで、狭い店内、時には満席になるほど賑わいます。夜は前もって電話連絡が欲しいとのことですので完全予約制みたいなものですが、オリジナルの信州蕎麦焼酎「たかはし」の用意がありまして、常連さんのボトルキープが何本もありますから、近隣の方々にも大切なお店となっていることが窺えます。
 とてもよいお蕎麦をいただきました。身近にこのような構えのお店があるのは嬉しいことです。午後の仕事中も、しばらくは蕎麦の味わいと感触が舌の奥に残っていました。素朴なお蕎麦ですが、心に響くような気がします。毎日でも食べられる、飽きのこない味わいでした。けっきょく、このあと何度も訪ねることになりまして、すっかりお気に入りです。

千住の隠れ家(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/たかはし
東京都足立区千住中居町10-3
TEL 03-3881-9769
営業時間 [月~土] 11:00~14:00(L.O.13:30) 17:00~21:00(L.O.20:30)

てなわけでございまして。
北千住、という町の名前は無いんですが、
おおよそ北千住と言われるであろう地域のお蕎麦屋さん、ここ
『たかはし』
さんにて全店のご紹介が終わりました。
変なことを書いたお店さんにはごめんなさいm(_ _)m
これから再訪を重ねて、いいところを見つけ直すお蕎麦屋さん巡りをしたいと思います。

『ええっ?ウチ載ってないじゃん』
ってご主人!あんたんち旨いけど蕎麦屋じゃないでしょ(^^;
[PR]

by zacho_7henge | 2011-09-15 21:07 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)