人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

【蕎麦屋】 手打きだ@銀座一丁目

この辺りで一度、
女優さんだかモデルさんだかの田丸麻紀さんに会ったことがあるんですよ。
背ぇ高くて色白で、ホントに綺麗なお嬢さんでした。001.gif

「あ、こんにちは」

って、思わず声をかけたら、(かけるか?ふつう)

「あ、どうも。こんにちは」

って素敵な笑顔で返してくれまして、足早に建物に消えてゆきました。
恐らく引っ付いていたのがマネージャーか何かで、用事は美容室でしょうか。

その時に、通りの並びにこちらのお店を見つけました。
少なくとも、あれから3、4年にはなりますから、
この地で個人店ながら続いていますね。
安定して認知されているのでしょう。

e0164825_514343.jpg



行列の出来るあのお店の隣にひっそりと佇む、間口の狭い小さなお店さんです。
入口すぐに石臼が置かれ場所の確保もたいへんそう。
それでもテーブルにはかすみ草026.gif

e0164825_53392.jpg


窮屈な中にも、少しでも目を休めていただこう、という気遣いがあります。
飾り気の無い質素な店内ではありますが、
華やかな街の真中で、ちょっとホッとした時間を取れるお店ですね~。


e0164825_53239.jpg


あら挽き1050円

平たくて太め、コシが強い蕎麦です。
これは所謂噛んで食べる蕎麦ですね。
香りも強く、いいですね~。026.gif

もり汁は辛く、とろりとした感じで艶っぽい光を放っていまして、
香からもその濃縮具合が伝わります。
並木藪くらいの濃さを思わせますが、あそこまでの辛さはありませんし、
どこかしっとりした具合なのも特長と言えます。

e0164825_55581.jpg


今日はついでですので強めの白濁蕎麦湯で早々に仕舞いにしました。

常陸秋そばということであります。

外ニは840円。またこの時節菊花切りという変わり蕎麦も用意されていまして、
これはちょっと寄っていく楽しみができましたね。

また何かの折、一枚啜りに寄ってみたいと思います。


e0164825_572643.jpg


※1050円という値段でしたが、場所柄、
あと久しぶりの高額な買い物の後で価格に対する感覚が麻痺していました037.gif


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
銀座/きだ
東京都中央区銀座3-5-16 島田ビル 1F
TEL 03-3563-6003
営業時間 月 11:00~15:00(LO) 水・木・金 11:00~15:00/18:00~21:00(LO)
土・祝・日 11:00~18:30(LO)



by zacho_7henge | 2011-11-19 23:33 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

国産二八蕎麦 蕎香@上野駅ecute上野3F

国産のニ八ということで注目しておりました。
昼時は凄い人気で行列していましたが回転がいいので頂いてみることにしました。


e0164825_12343676.jpg


なかなか中途半端な価格設定で、
e0164825_12354487.jpgリーズナブル系と街中仕様の間くらいでしょうか。
客の扱いもそれらしく、
立ち食いよりはいいけどゆっくりはできない。
そんな中でも国産ニ八、という考えです。
こんな食券で待ちます。

e0164825_12361272.jpg


ニ八そば550円

やや灰色がかった蕎麦はエッジ感もありつるっとしていますがコシはあまりありません。
香りはそれなりにいいですが、誤解でしょうが塩気のようなものを感じる蕎麦ですね。
出汁は香らずかえしも甘くて、割り込みの多いもので業務用の味わいです。

蕎麦湯が欲しい人はオーダーのときに申告せよ、とのことですが、
言わなくてもせいろには付けてくれます。
しかし猪口にもり汁をたくさん入れて出されますから、蕎麦湯をいただきようがありません。
残念ですが諦めました。その蕎麦湯は釜湯そのままのものでした。

e0164825_1237429.jpg


しかし慌ただしく忙しいのは分かりますが、客捌きが煩くてたまりません。
お客さんはみなのんびり落ち着いているんですが、まあホールさんの元気のいいこと。
なんか聞いていると、次を待たせてるのがわたしのような気がしまして、
『そう急くなよ』
って言いたくなります。
並び客だって、配給に群がってるわけじゃないんですがねー。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
上野/蕎香
東京都台東区上野7-1-1 ecute上野 3F
TEL 03-5826-5620
オープン日 2010年12月18日

by zacho_7henge | 2011-11-18 23:22 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(2)  

【蕎麦屋】 箱根暁庵@ 銀座三越

こちらのお店は、あの高橋名人の直伝だそうです。


いや、わたしはべつに信者ではありませんがね。
最後には広島に行ってやろうと思っていたんですが、奇しくもという奴です。

実は麻婆豆腐を食べに来たんですが、こういう所でも休憩があるんですね。
フラれたので通しでやってるこちらで景色のよい一枚です。

e0164825_23465626.jpg


翁の流れを汲んでいるとも知らずに気にせず店に入りましたので、
客の無いアイドルタイムに11階の窓辺で、
ただただ景色を楽しみながら頂こうか、くらいの気持ちでした。

e0164825_234846.jpg


甘いものをいただいても絵になりそうな店内。
順々に配膳されました。

e0164825_23484068.jpg


丁寧な接客は花番さん余裕の時間帯のなせる業でしょうか。


e0164825_2349661.jpg

冷たく冷やされた蕎麦猪口と徳利。
『ずいぶんいい割り箸だなあ』
と見ると、竹を切りだした竹箸でして、これは持ち帰れると言う事です。
何処かでやっていそうなサービスですが流石はデパートの中だなあと思いました。

e0164825_23493651.jpg

ざる 900円

デパートの中ですが、
わたしが少ない経験でこれまで頂いた中でも上位に来る蕎麦ですね。旨い。
かえしは辛めです。甘さはだいぶ抑えているんですね。
で、啜るうちに、なにか違和感、とは言いませんね。
なにか普段感じない香りが紛れているのに気付きました。
木の香り?炙ったとも違う、なんの香りでしょう。
最初わからず、竹の箸が香ってるのか、あるいは笊からの移り香か?などと色々疑っていました。
いやこれが、燻香というやつですね。初めて味わわせていただきました。

変わり蕎麦のゆずきり(1200円)があったので追加しようかと思いましたが、
啜るうち蕎麦湯を供されたので格好がつかず、縁がありませんでした。
うすにごりの蕎麦湯は美味しかったです。

e0164825_23455986.jpg


知らないと言うことは恥ずかしいなあ、と、今回はたいへん勉強になりました。
名前だけは存じ上げていた広島の達磨さん。
あの美術品のような建物を訪れる前にもう少し勉強しないといけないなあ・・・
そしてこちらのお店、ややシビアな評価が多くて気の毒なくらいに美味しかったです。

e0164825_23442171.jpg

店名 箱根暁庵 銀座三越店
住所 東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 新館11F
TEL 03-6228-6918
営業時間 11:00~23:00(L.O.21:30)
オープン日 2010年9月11日

by zacho_7henge | 2011-11-18 22:59 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

永坂更科 布屋太兵衛@池袋東武店

 更科の系図は三大暖簾の中でもっとも複雑で、勘繰り過ぎとは思いますが泥仕合のような人間模様を感じ取ってしまって、どうも。興味ある方は詳しくは物の本でお読みください。3つに分かれた更科のうち、こちら資本力で各所に展開する一派です。


e0164825_23515951.jpg


永坂更科 布屋太兵衛@池袋東武11階

 デパートの中だから、という訳でもないでしょうが接客上手です。随所に目配せを怠らない花番さんの動きに感心します。いい時に当たりました。全体を見れる方が会計の位置からお客さんの状況を把握し、もともと気遣いの良い方をさらにフォローしていました。このくらい気を使ってもらえればもう十分ですよ。


e0164825_23513756.jpg


御前そば760円

 銀座の松坂屋は確か800円オーバーだったような・・・。さて、言わずもがな。更科粉を使った蕎麦ですね。細く、綺麗な白です。太い切りになっているところは芯が残り、冷や麦のような色みと弾力のある食感ながら角が立ち、端正な蕎麦でありますからほのかに香りながらすべる面白い喉の通りです。品がよろしい、といった言葉がピタリとくるのが更科でありますね。さらしながプンプン香ってたまるか、と思うのですが誤解が多くてこちらの評価もどうも気の毒ではあります。

e0164825_23524335.jpg


 もり汁は甘辛い2種類の提供です。申し分なく出汁の利いたつゆです。あまり複雑なことはしていないと思います。好みによりますが、わたしの場合は蕎麦を啜るにはから汁で、蕎麦湯をいただく時はあま汁が上手くゆきます。蕎麦湯の濁り加減はそうは無いですよ。今風ではないでしょうが、本来こういうものだよ、などと諭されているようです。トレンドは一巡したらまた元にもどっていくものですから、そのうち薄っすらそば湯の時代は来るでしょう。

 こちらのお店、蕎麦をすするだけなら気にはしませんが、どうも場所柄落ちつきません。客層のことですけどね。時間帯を選んでも蕎麦屋酒はうまく行かないんじゃないでしょうかね。



にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
池袋/永坂更科
東京都豊島区西池袋1-1-25 スパイス池袋東武 11F
TEL 03-5960-1801
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)

by zacho_7henge | 2011-11-18 14:15 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 上野藪そば@台東区上野6丁目

e0164825_045095.jpg


並木の藪が新装なったそうですね。鴨なん食べたい。
ですけど『どーせ混んでんでしょ?』
蕎麦屋に並ぶなど考えられませんので気軽なこちらに自然と足が向きます。


e0164825_051126.jpg


エビス中650円
あいやき1200円


も少し味の乗せ方と脂のバランスがいいと秀作なんですが、柔らかく美味しいです。
鴨さんは味わい深い肉ですんで、幸せです。


e0164825_052730.jpg


菊正燗650円
かき南ばん1700円



e0164825_054936.jpg


こちら先日の草加氷川町砂場よりもぷるっぷるの牡蛎ですから、味わいと肉感で目尻が下がりますよ。
いい出汁がかけ汁に浸みて思わず飲み干しそうになりました。
閉めて4200円。かけで締めずに贅沢したので、今日はこんなところで。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
上野/藪
東京都台東区上野6-9-16
03-3831-4728


周辺のお蕎麦屋さんマップはこちら ⇒⇒⇒地図


以前の上野藪そばさん情報
・09/03/01せいろう
・10/09/10カレーせいろう


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

by zacho_7henge | 2011-11-18 11:16 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 美津田@亀戸四丁目バス停前

 遠巻きに見たところ普通の町のお蕎麦屋さんでしたが、近づくに連れ『石臼』、『二八』、『手打ち』などの文字が目に入りましたので寄ってみました。今日のお蕎麦は北海道は池田産ということです。

 店内の造りはこじんまりとしたお店で、何の変哲も無い、といったところです。周囲の蕎麦屋がこぞって定休日の今日でも先客は1名のお昼時、板場に一番近い席に座ってやりますと。

『!』

 しかし、今時なんて頑固そうな親父でしょうね。体は向かって右を向き、付いた右腕越しに斜に構えた親父の目が、わたしを観察しています。こえ~・・・。しかし、こちらもそれなりの構えで、睨みを利かせて返してやります。
『こいつ、うるさそうだな』
くらいは思わせてやれたでしょうか。年季の入った蕎麦職人と百戦錬磨の貧乏サラリーマンの真剣勝負です。そこ!わたしにクレしんのお父さんをイメージしないように。
 
「せいろ。1枚お願いします。」

「は~い。せいろ1枚です~。」

「はいよ。せいろ1まーい。」

 奥様の掛け声が通る店内。返事をした割に親父は動きません。おっと気付きませんでした。その奥にいた息子さんでしょうか。若いのが蕎麦を掴みました。なんだ、大将がやるんじゃないのか。その、ちょっと優しそうな彼は普段から親父に仕込まれて大変でしょうな。しかし今の時代には羨ましい関係であります。

e0164825_1254917.jpg


せいろ600円 

 お店の入り口には、電動の石臼があり、打ち場こそ見えませんが、出されたお蕎麦から看板に間違いは無いでしょう。この目ヂカラの親父と対峙しながら写真を撮るのも大変でしたが、やや黒めのお蕎麦は挽きぐるみで少々の星を連れています。包丁は、ん~、ズバリ乱雑なほうです。果たしてこれは大将の作品か、あるいは若造のものか・・・
 コシが強い蕎麦、というよりは太いところが湯がききれていない感じでしょうか。二八にしてはもっさりした印象もあり、ややばらつきを感じます。よく噛んでいますと蕎麦の香りが野性味っぽく上がります。喉越しの香りもいいほうではないでしょうか。つか、いいです。綺麗に整えたらいいお蕎麦です。もり汁が甘いと思うのは好みの問題でしょうか。
 そう。菊正があって、ふ~ん。菊水の純米ね。あとは久保田の3段構え。ウルトラCは無いですが、こんな小さな昔からのお店でも、国産の立派なそば粉を使っていいものを出そうとして頑張っています。そして、親から子への伝承。このあたりも名のあるお店が点在していますが、ぜひ応援したくなるお店です。そんなことを思いながら啜るそば湯は、ほんの少しだけ白く濁っておりました。

 

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
亀戸/美津田
東京都江東区亀戸4-22-1
TEL 03-3684-8561
営業時間 11:00~20:00

by zacho_7henge | 2011-11-17 23:25 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 蕎麦舗 更月@船橋市本中山2丁目

珍しく平日ランチタイムに京成線に揺られていまして、
目標の夏見屋さんだ!と勇んで向かうも暖簾は出ておらず。

定休は木曜ではなかったか、、、とがっかりしました。

「あの。蕎麦屋ないですか?」

と買い物中のおばちゃんに声をかけるとこちらを案内されました。
立派な建物ですねえ。そういえば踏切の向こうは参道でしたね。そういう街に古くからあるお店です。

e0164825_23142055.jpg


 建物の右半分は新しくしたようですが、左側はかなり歴史を感じさせる屋敷のような佇まい。それは重厚というに相応しく、なにかその歴史感は、縁もゆかりもない者にも懐かしさを与えます。

e0164825_231664.jpg


 中に入りますと、外が古い造りの左側は座敷と厨房です。高い天井が開放的な右手はテーブル席で、趣を残しながらの改装が以前あったのでしょうね。その窓側の席に座りました。

e0164825_23162647.jpg


そば三昧1200円

 なめこおろし。のりかけとろろ。冷やしたぬきそば、の3つです。蕎麦は細めで普通の街中仕様ですね。つゆはなかなか濃いめに割っています。気持ち喉に引っ掛かりますけど甘さで化かしてます。まあこんなところですかね。徳利と猪口で出されましたが、つゆは蕎麦にかけてお食べください、との事。そらそうでしょうな。

 これ重ねて出てくると割子そば、って言わないかな?なんて遠く憧れの出雲に思いを巡らせつつ、古いお店で時の重さに包まれながら蕎麦を啜る、か。悪くないひとときではありました。釜湯そのままの蕎麦湯で、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ下総中山/更月
千葉県船橋市本中山2丁目19-5
TEL 0473-34-3462


周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図




by zacho_7henge | 2011-11-16 23:32 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 柏屋@足立区千住2丁目

まだこれから社に戻んなきゃいけないんだが、
腹が減っては何とやら、で夕食です。
呑めない夜に、健全蕎麦リポート。


e0164825_831243.jpg

天ぷらそば750円

釜がわかる席に陣取り、計測。湯がき2分45秒 。なるほど。
けっこ粉入れてんな。

中くらいの海老天。
みどりも飾って、いい彩り。あったまります。
大きい海老もいいけど、でもこのくらいの絵柄が控えめでいいな。

おお、隣のおっちゃんほろ酔いセットか。いいなあ・・・

我慢して仕事終わってから来ればよかった(^^;

にほんブログ村 ↓も覗いてみてね(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/柏屋
東京都足立区千住2-32
03-3881-2807

以前の柏屋さん情報
・海鮮ねぎとろ丼
・冷しみぞれ餅そば
・冷し五目そば
・おろしそば/冷しなめこそば
・鍋焼きうどん 大
・かきそば
・かつ定
・ちからそば
・冷し胡麻だれそば
・冷し焼豚そば
・豚天そば
・天とじ
・ちからそば
・親子なんばんそば
・鴨なんばんそば


店名 きそば 柏屋 (かしわや)
住所 東京都足立区千住2-32
TEL 03-3881-2807
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:30)
オープン日 1904年

by zacho_7henge | 2011-11-16 23:04 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

《閉店》藪そば@五反野店

謎が謎を呼ぶ、銀座藪蕎麦千住支店。
なぜにデフォルトで茶そばなのか。
そもそも銀座の藪とは???
そして、支店というからには、他にも・・・・

さて、適当に生きているだけでも腹は減るものです。
適当な休日。
満留賀さんの綺麗な大もりが食べたくなって、ついでにお酒も呑んじゃおっかな(^^ってんで、
自転車で新橋を渡る決意です。
千住新橋もチャリとなると、これがなかなか四十路にはいい運動です。
へーこら言いながら橋を渡ると、蕎麦ののぼりが見えてきます。
『あれ?満留賀さんはまだまだ先だったよな』
と近づきますと、
それなりの街なか仕様のお蕎麦屋さんが現れました。
そっと佇む小さなお店。
これまでクルマの車窓からでは全然気づきませんでした(^^;
古びた個人の一軒家ですが、妙に白い暖簾が印象的。
暖簾だけ新しくしたふうでもなく、きれい好きなんでしょうかね。
そしてその暖簾には、茶そばの文字が!!!

e0164825_9505283.jpg


茶そば 薮蕎麦 五反野店@足立区足立一丁目

これは・・・。
藪と名乗っているし、千住の藪と関連があるに違いない。。。
なにかある。何かわかるかも。
と吸い寄せられるように店内へ。もう満留賀さんの満留賀盛りはどっか行っちゃいました(^^;

昭和な引き戸を開けますと、これは意外なお店でした。
外観からは想像できない綺麗さです。
いや、新しいとか、豪華だとかいうんではなくて、綺麗なんです。
とても古い造りなんですが、綺麗にしてるんです。
この雰囲気は好きですねえ。

では、パンしていきましょう(^^;

e0164825_9515220.jpg


e0164825_952463.jpg



落ち着きますねえ、この空間。昭和の暖かい感じ。
今これを造れったってできませんね。そこが古いお店の魅力です。
お店さんの歴史と言うか、年輪を見るようで、ある意味豪華です。
ながらく食べ歩きをしていて、ようやく見つけた感に浸っております。
さ、この心地よい空気の中、茶そばをいただきましょう。
千住ではせいろでしたから、今日は種もんでいきましょうかね。

e0164825_9523051.jpg


天ぷらそば800円

薄衣の海老天は、先までしっかり身が入った立派なものです。
うむ。800円でこれが出て来るあたり良心的です。
蕎麦は、当たり前ですが茶そばらしく見事に緑色でして、千住と比べると細打ちです。
やや柔らかめに感じますが、つゆの中でもクタらないんですね。
そして、量も充分です。

e0164825_9531238.jpg


小皿の葱を入れると、皿の底には
『銀座 薮』
の文字が。
さあ、いったいこれは何を指しているのか。。。

お昼もやや過ぎた頃、お客はわたし一人になりました。
旦那さんもお店に出てきて、隅に立ってテレビを見ています。
これは、お客さんをほったらかしにしない、という意味ですね。
ラーメン屋のオヤジが出てきて、椅子に座っちゃうのとは訳が違いますんで、念のため。

茶そばに銀座藪。
話を聞こうと思えば聞けましたが、なにかあっさり解決してしまうのもどうかと思い、
今回は保留にしました。
かなり気に入ってしまったお店さんです。
わたしの探していた理想の構えでしたし、
何度か通わせてもらってからでもいいでしょう。

e0164825_9533676.jpg


年代モノの建物ですから、いたるところ色あせてますが、
全てに手入れがなされていてピカピカでした。
テーブルも椅子も、柱も天井も、時代を感じさせる煤けた色をしていますが、
つやつやして美しい歳の取り方をしています。
小物類も丁寧に綺麗にしてありますし、
また障子の飾り、木の使い方、照明と明かりの採り方、
どれをとってみても時代は感じますが、一つひとつがこじんまりしたお店の空間を小粋に演出しています。
もちろん街なか仕様として、ですが、

『痩せても枯れても、うちも藪だからね』
そんなご主人や奥様の誇り。お店さんの声が聞こえるようです。

いや立派ですよ。すばらしいの一語です。

今日はとても嬉しくなりました。お酒やるの忘れた・・・(^^;



もっとお蕎麦をw
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
五反野/藪

東京都足立区足立1-13-6
TEL 03-3887-1071
営業時間 11:00~20:00

by zacho_7henge | 2011-11-15 15:36 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(6)  

【お蕎麦やさん】 じんじゃ前 更科@草加市氷川町

 草加の駅を西に降りまして、5分も歩けば氷川神社があるんですが、こちら目の前ってわけではないですが、たしかに前っちゃあ前ですかね。じんじゃ前 更科、って、なんかちょっとホッとするネーミングのお蕎麦屋さんです。

e0164825_719958.jpg


 一軒家ですね。引っ込んだ玄関に暖簾。手前は手入れの行き届いた植木と石畳で、落ち着いた構えです。店内も明るくて、ごくありふれた中にも綺麗にまとまった和装です。2卓の座敷なんかはのんびりできそうです。豪華すぎないところがいいですね。お一人様から、家族で、飲み会に、などなど、意外とどんな状況でも形になっちゃいそうなお店ですね。付き合いの長いカップルさんなんか、たまにはこんなとこで食事なんかしてもいいんじゃないですかね~。


e0164825_7192683.jpg

更科定食950円


 何種類かある中から、天丼とせいろの組み合わせを頼みました。カレー丼やまぐろ丼なども選べます。あったかいきつねそばとも合わせることができます。さて、案外ゆっくりめで出されました。お蕎麦は2段重ねで、新そばということです。かなりボリューム感がありますから、これだけでお腹いっぱいになりそうです。天丼のほうが、これがわたし好みの濃厚あまあま丼つゆでして、どっぷり漬けられた天だねたちが、ご飯の上でまったりしています。惚れぼれしますわこの天丼。絵柄通りの甘々醤油で、タレの染み込むご飯がまた、丼つゆの加減が丁度で、しっとりとベッタリをギリギリまで詰めた具合がよろしいです。好きだわぁ~これ。冷奴とお新香付きの、満足度の高い定食でありました。


e0164825_720289.jpg


 そこかしこ遠慮せず新そばの文字で賑わってまいりました。でもさらしなの新そばって、案外分かりにくいんですけど。ましてや町蕎麦の混合比率じゃ、なおさらです。それともわたしが鈍感なのかなあ・・・


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
草加/更科
埼玉県草加市氷川町843-4
TEL 048-927-9117
11:30~15:00 17:00~20:30 水曜定休



周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図

by zacho_7henge | 2011-11-11 11:18 | 今日の蕎麦屋 | Trackback(1) | Comments(2)