人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

【お蕎麦やさん】 柏屋@足立区千住2丁目

そうそうここにもコレがあるのですよ。
出雲の割子そばを思わせる、それです。

e0164825_8415450.jpg

一口そば850円

山菜、とろろ、なめこ、の3つです。
漆の小さい丼に入ってきまして、ネギ、おろし、わさびが添えもんです。
徳利のもり汁が、なみなみ注いであります。上からぶっかけて啜るわけです。

これも、こちらさんの例に漏れず満腹系蕎麦ですよ。

千葉は中山の更月さんは三色そば、って言ってたっけな。
出雲そばに倣って『割子そば』って言って出してるお店、東京に無いかなあ・・・

にほんブログ村 ↓も覗いてみてね(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
北千住/柏屋
東京都足立区千住2-32
03-3881-2807

以前の柏屋さん情報
・天ぷらそば
・海鮮ねぎとろ丼
・冷しみぞれ餅そば
・冷し五目そば
・おろしそば/冷しなめこそば
・鍋焼きうどん 大
・かきそば
・かつ定
・ちからそば
・冷し胡麻だれそば
・冷し焼豚そば
・豚天そば
・天とじ
・ちからそば
・親子なんばんそば
・鴨なんばんそば

by zacho_7henge | 2011-12-29 14:25 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【お蕎麦やさん】 翁庵(おきな庵)@台東区東上野3丁目

みなさん年越し蕎麦は、どちらでしょうかね。
わたしは少し前からこちらに決めておりました。
上野の有名なお蕎麦屋さん。001.gif
江戸前の蕎麦好きを標榜するなら、一度は来なければいけない店です。


e0164825_2132689.jpg



古い、店。妬けた柱。

木札のお品書きも煤けて。


e0164825_21333383.jpg



わたしが座れば壊れてしまうのではないか、というような椅子。
隅にある囲炉裏を囲み、静かに汲み交わされる盃に、
これまで幾重にも繰り返されてきた人の日常を見ることができます。


e0164825_21324068.jpg

ねぎせいろ750円

こちらの名物ということでして。
いや、何となく丼飯が旨いはず、と勘が訴えかけますが、
それはまたの機会に取っておくとして、
新参者は大人しく定番をいただくとしましょう。

イカのかき揚げが入っております。
江戸前の、しっかりした天ぷらは、かけ汁の中でも少々のことではへこたれません。
これは熱燗と同時進行でも良いようです。
カツ丼が絶対うまいはずのつゆ。
甘辛く、江戸前大衆蕎麦はこうであると教えてくれます。
 

蕎麦は緑がかって云々かんぬん、もはやそんな説明など必要ありません。
空気を感じ取ることでじゅうぶん満たされるお店。
この町を、ずっと支えてきた歴史が、来るものに安心感をもたらせます。
今日まで泰然とそこにある蕎麦屋は、きっとこれからも、変わらずこの町にあることでしょう。

e0164825_2134785.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
上野/翁庵
東京都台東区東上野3-39-8
03-3831-2660
営業時間 11:00~20:00 (L.O.19:30)土曜はやや早く終わる時あり。
日曜定休

周辺のお蕎麦屋さんマップはこちら ⇒⇒⇒地図

  



by zacho_7henge | 2011-12-26 23:27 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 手打蕎麦 梅庵@草加市谷塚町

草加市の谷塚。
バイパスにビバホームがありまして、その裏手に蕎麦屋があるんですが、
看板から、なんとなくチカラを入れ過ぎた田舎の大衆店っていうかな、
大したことは無さそうな感じなのでこれまでスルーしておりました。良くないことです。
e0164825_23363252.jpg

たまたまビバホームに木材を買いに来まして。
で、歩いてこちらさんに回り込みまして前を通りますと、
あらあら打ち場があるじゃありませんか。
用事そっちのけで先に蕎麦にしました。
e0164825_23364937.jpg

鮭フレークといくらは凡庸でしたが、蕎麦はビシッと決まっておりましたよ。
いやいや失礼しました良店であります。

e0164825_23371294.jpg

海鮮親子丼とそばのセット1200円

色見、切りからして良いものです。そのまま啜ります。
ニ八以上のそば。そして、常陸秋そばです。
香りが強く通りまして、いいですね。伺えば九一だそうです。
丸抜きで仕入れ、都度石臼で挽いているそうです。
奥久慈ですかな?と尋ねましたがそこはわからないそうです。はぐらかされました。
今年は震災で心配な常陸秋ですから、こうして味わえるのは嬉しいことですね。

e0164825_23381258.jpg

九一の蕎麦でしたか、美味しいです。
そして町に目立たずある街中仕様的なお店にしてはもり汁は甘さ控えめ。
さらにかえしが丸いことから、仕込みの丁寧さが伝わります。
寝かしと配合のいい落とし所を押さえた、旨いもり汁です。
昆布を使い、宗田節とさば節を使うことで、飲んでも味わえるもり汁に仕上がっています。
う~ん、好きですねぇ、こういうの。
蕎麦がとても旨いので、半分以上そのまま啜りました。
常陸秋が好みと合うのか、ここさんが旨いのか。
もうこちらさん、ちょっと惚れこんでしまいそうです。
なぜなら、神亀、鷹勇。これを置いています。店主センス良すぎですよ。

でも駅からだいぶあるし、お酒は近所の方しかやれないかなあ・・・

e0164825_23395549.jpg



店名 梅庵
住所 埼玉県草加市谷塚町1293-1
TEL 048-929-3018

by zacho_7henge | 2011-12-23 22:43 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 人と木 @ 葛飾区堀切5丁目

千住から、京成線でふた駅の堀切菖蒲園でございます。
駅を降りまして北側すぐにお蕎麦屋さんがございまして、
駅至近ではあるんですが、くるっと回り込まないといけない位置関係なんです。
おかげで駅前商店街の喧騒から隔離されて、まるで静かな住宅地のなかにあるように感じます。

e0164825_1722552.jpg

人と木@堀切菖蒲園

e0164825_17202938.jpg

たしかに
『土足のままどうぞ』
と書かれていなければ靴を脱ごうかと間違えるような店内です。
珪藻土様な壁にダークな木目を生かしてシックな店内でして、
天井は明るめな木で藤棚のような作り。いいデザイナーに頼んだような感じです。
棚には陶器やお酒が並んでいます。棚が丸いのがまた洒落ておりますね。

e0164825_17222968.jpg

天せいろ1350円

天ぷらはキス、かぼちゃ、なす、ししとう、えび。
手打ちの蕎麦は大人しい香りながら良い喉越しでありまして、
甘さは少々のしつこくないつゆが美味しいですね。

e0164825_17234425.jpg

蕎麦は北海道は音威子府と教えていただきました。
蕎麦はこれ一本で勝負の堀切菖蒲園の一番店。
蕎麦粉の素性など書き出さないのは、主人のお考えなのか。
『それを知ったからどうなんでぇ』
ってことでしょうか。まあ、そうなのかもしれませんね。


彩霞、という聞きなれないお酒の用意があります。燗で500円。
落ち着いた店内でゆるりとやれそうかな。

e0164825_17212264.jpg
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 料理ブログ お弁当へにほんブログ村 料理ブログへ

堀切菖蒲園駅  / 人と木
東京都葛飾区堀切5-2-8
TEL 03-3838-1109
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:30
オープン日 2010年7月26日


500軒以上を網羅。
周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

にほんブログ村に参加しています。
いつもお越しいただきありがとうございます(^^ゞ


by zacho_7henge | 2011-12-17 22:21 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 よし房 凛@文京区根津2丁目

寒さも本格的になりだした12月の夜。金曜の夜でほぼ満席。
今日は予約があるので7時までなら、とゆーことですが、
そもそも1時間もいないですから予約席を拝借しました。


e0164825_8155991.jpg


まずはカタチから。
お燗はこれか一ノ蔵なので、こちらを選択しました。



e0164825_8163236.jpg


清泉 特別純米燗750円
鴨なんばん1600円


五百万石のお酒で、中口からやや甘口で呑み飽きない印象。
50度弱で出されました。
じゃこを纏った揚げ豆腐がアテに出されます。


e0164825_8172493.jpg


そして鴨南。旨い!欲を言えば、欲を言えば、もう少し厚みを。で、もう少しレアっぽく。
ここの蕎麦で種ものは勿体ないとは思いますが、
鴨が染みたかけ汁に、池田産キタワセの蕎麦。
冬に締め付けられた体を暖かく解きほぐしてくれます。
啜り終わり、最後に残した鴨肉のつくね2個を、
これも残しておいて燗冷ましになったお酒でキュッと。

かけ汁をいただいて、いいアテで〆てきました。


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
根津/よし房 凛
東京都文京区根津2-36-1
TEL 03-3823-8454
営業時間 [月~土] 11:00~15:00(L.O.14:45) 17:30~21:00(L.O.20:30)
[日] 11:00~15:00

以前の凛さん情報
・11/09/09せいろ
・11/09/28小天丼・田舎せいろ

by zacho_7henge | 2011-12-15 15:27 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 山形田@銀座3丁目

京橋から消えたと思ったら、
いつの間にか銀座松屋さんの裏にルーラしておりました(^^


e0164825_18144836.jpg



京橋のお店はカウンターだけのお店でしたが、
こちらではテーブルも手に入って、広くなってよかったね。
少しのんびりできるようになりました。
でも、銀座らしくない雑多な感じ。
気取ってない、つか気取れないんでしょうね(^^;

e0164825_18151135.jpg


冷やし地鶏そば730円。

銀座で、このプライス。
夏だし、板蕎麦よりこっちで。
前から大盛り無料だったっけ?サービスしてくれるそうです。

食べ応えのある、極太の田舎そばに、
独特の透明な塩味の鶏だし汁。
歩きっぱなしの疲れた体にさっぱり感が効きます。
ちょっとなかなか味わえない蕎麦汁ですから、お店さん無くならないでよかったですよぉ、ほっ。

でも、もうちょっと入口の雰囲気を考えないと、
知らない人は地下に降りて行きづらいよ(^^;


↓↓↓おいしいお蕎麦やさんがいっぱい(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
銀座/山形田
東京都中央区銀座3-8-15 アパ銀座中央ビル B1F
TEL 03-3535-9490
営業時間 11:00~22:00
備考 【中央区京橋2-5-15 神保ビル1Fより移転】

以前の山形田さん情報
・板蕎麦
・地鶏冷やし蕎麦

by zacho_7henge | 2011-12-08 09:17 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(3)  

蕎麦乃花@台東二丁目

蔵前橋通りの鳥越一丁目と二長町の交差点の間にあります。
ビルの1階、ガラス張りのお店。
車でちょいちょい通るたび、十割蕎麦の文字が目を引いてます。
おかげで店名がよくわからなかったりして。


e0164825_204856.jpg


立ち食いの狭い店かと思ったら、テーブルでしっかり食べさせてくれるようです。
だけと食券制。種類がありすぎて選びにくいですね。


e0164825_2035653.jpg


石臼730円

ちょっとこういった感じの店にしては、いい値段ですな、どれも。
最初のお茶は入れてくれましたが、あとは麦茶と蕎麦湯のポットがドカドカ置かれてゆきました。
お手軽系にしたいのか、それともちゃんと食わせたいのか???

出てきた蕎麦は量がしっかり、蕎麦もしっかり。
また汁が、鰹節が利くキク。香りぷんぷんです。
ワシワシもぐもぐ、こりなら満足ですよ。

まあま美味しい蕎麦なんで、なんかスタイルが勿体ない気もするんですが、
サラリーマンしか使わないような周辺事情だから、いいのかな。いろいろ選べて飽きないですしね。


お手軽で、しっかりそば(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
新御徒町/蕎麦乃花
東京都台東区台東2丁目3番12号 米州ビル1F

by zacho_7henge | 2011-12-08 09:16 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 千寿竹やぶ@足立区千住河原町

カレー風味のそばあられ。悪くは無いですけど、まあ遊び心ですかね。
蕎麦の風味がどうとか、うるさ方には言われそうですが・・・


e0164825_23345634.jpg


牡蠣の天付きもり 1890円

品の良い大きさの牡蠣が3つ。舞茸と、丸太のさつまいも。
絵柄は芸術ですね~。どうですか?


e0164825_23353577.jpg


今日はお客さんの出足が鈍く、箱庭側のお店を独り占め状態で贅沢な時間でした。


e0164825_23391137.jpg



試作品でしょうか、サービスにプリンをいただきました。
まるで玉子どうふのような味わい。。。次回はお酒にしましょうか。

e0164825_23362247.jpg


にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
千住大橋/竹やぶ
東京都足立区千住河原町7-12

以前の千寿竹やぶさん情報
・11/10/07鴨ざるそば
・11/10/11きのこ天もりそば

by zacho_7henge | 2011-12-06 23:43 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)