人気ブログランキング |

タグ:埼玉県 ( 8 ) タグの人気記事

 

【閉店】 ★デカ盛り★ 奥会津@久喜市北青柳


毎年恒例。
おたのしみの季節がやってきました。

座七の春の奥会津まつり024.gif


ざんねんながら今年も雨なので、遠めからの図。



e0164825_12031909.jpg


さて。

いつも思うんだ。
蕎麦もいいけど、丼物はどうなのかな~。

たべてみたいな~039.gif


でも折角の年に一回の遠征。
やっぱりこの絵柄を見たい。

もういちど、見たい016.gif(あのCMな)


む。
中盛りの値段がシビアに上昇。


e0164825_12040006.jpg



海老あなご天ざる中盛り1404円+356円税込

今年も中盛りの絵柄で勘弁ね011.gif

まあ、いつもの如く綺麗に盛るもんです。
運ぶのも上手ね。

で、絵柄が綺麗なのはここまで037.gif

酔っ払いと冷奴の如く、
あとはぐずぐずに崩れゆく中盛ランマw


今日はある理由( 連食w )から食べ進まない可能性があるので
天ぷらをやっつけましょう001.gif


天ぷら群は、
横たわる穴子に大海老はもちろん、
かぼちゃ、おいも、ピーマンで脇を固める。


e0164825_12042525.jpg


じゅうぶんな布陣006.gif

田舎のお蕎麦に、田舎の天ぷら。

いいね~。
この天ぷらに、この蕎麦が合うんだよな026.gif


美味しいし、満足。
これでいい、田舎の蕎麦屋の田舎の蕎麦049.gif



で、やっぱり丼物が気になるから、
まさかのまさかのお土産作戦~006.gif



e0164825_12044274.jpg


おみやげ天丼594円税込

え~、奥会津らしくかなり『デカい』丼ぶりw

大海老天、イカ天、キス天、ピーマンかぼちゃ天。

おみやげもすばらしい006.gif


あ~よかった。
今年もたのしい久喜のお蕎麦ドライブ旅でした。
また、来年029.gif

e0164825_12391220.jpg

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
久喜/奥会津
埼玉県久喜市大字北青柳86-1
TEL 0480-22-9112
営業時間 11:00~15:00

『座七のお蕎麦屋さんマップ』はこちらからどうぞ⇒⇒⇒地図

以前の奥会津さん情報~
・09/04/16 かき揚げ天そばセット 
・10/05/12 いか天そばセット
・13/04/25 海老天穴子天ざるそば中盛り
・14/04/26いか天ざるそば中盛り
・15/04/15いか天ざる中盛り+ヱビス


by zacho_7henge | 2016-04-23 00:10 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

純手打ちそば 一茶@南埼玉郡宮代町和戸5丁目


埼玉県は宮代町。
和戸と言う駅が近い場所。


この時期、毎年ですね。
久喜の方へお蕎麦を食べに行くんですが。⇒⇒⇒奥会津

新しめの道路が通ったようで。
去年は電車で行ったからね。知らなんだ。
4号線を使わずに、田舎道をすいすい001.gif


で、
途中の踏切に、これ。

e0164825_11521217.jpg


う~ん、聞いたことがある。

いや、遠い記憶を呼び起こす。
東武動物園で食べたアレのようです。⇒⇒⇒あれ

e0164825_11523003.jpg


某グルメサイト時代に乗せられて食べに行きました。
極太の。いや、刀削麺風な乱切りの、そば?うどん?

実にそんな感じだった009.gif


でも角萬的解釈をすれば種もんでいけるかな?


e0164825_13222995.jpg


この店内の雰囲気とお品書きはドンズバだ!

え~と、どれどれ?
肉南ばんもありましたが、
経験からもっとはっきりした味のものを。


e0164825_11525707.jpg


カレー南ばんそば580円税込

カレーは期待ほどかえしの味わいが無く、
蕎麦屋のそれ感に乏しい。

ご飯にかける、おうちのカレー。


問題の麺は、やはり以前の印象通り。

太くも細くも縮れ、ぬるぬるした麺肌。

あれだその、ぬるふふふ、な奴だ015.gif

星が、欠片の如く散らばり。

香り喉ごしを愉しめる蕎麦ではなく。
噛んで味があるうどんでもなく。

e0164825_11531815.jpg


すいとん、のようなにちゃり感。

そう、にちゃり感009.gif

もひとつこう、
しっくりしない感じでごちそうさま。

なかなかこう、
一般的に蕎麦として解釈するのは難しいかな~。


もりそば、と称して380円なのは貴重。
そうねえ。
この辺りに続く郷土料理として存在するのでしょう。045.gif




にほんブログ村
和戸/一茶
埼玉県南埼玉郡宮代町和戸5丁目1-33
0480-32-3865
11:00~20:00 月曜定休


周辺のお蕎麦屋さんマップは、こちらから⇒⇒⇒ 地図



by zacho_7henge | 2016-04-21 10:58 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 吹上のやぶ@三郷市戸ケ崎

年度末の喧騒を終え、家族で墓参りに行きました。
水元公園近くにある金蓮院です。
法護山金剛寺というそうです。水戸徳川家がどうのこうの。くわしくはこちら



e0164825_5322664.jpg

これが本堂。


e0164825_5324789.jpg


大きな木もあって、


e0164825_533934.jpg

客殿の桜はこんな感じ。

たまにゃこーゆーとこ来ないといけません。
日本人です。落ち着きます。

さ、お参りの後は家族して昼食です。
何も聞かずに大きなお蕎麦屋さんへクルマを滑らせます。

なんか聞くとファミレスだからなw


e0164825_5343659.jpg

吹上のやぶ@水元公園そば

微妙ですが、ここは埼玉県です。
調べるまでてっきり東京だと思っていました。

立派な造りでしょ?
いつも入りたかったんですけど、却下でしたから。
餓鬼ども蕎麦屋の出汁の利いた丼飯で腹いっぱいにしやがれ!



e0164825_535267.jpg

息子は、かつ丼と、ざるそば。
ざるの写真は失念。


e0164825_5361145.jpg

上の娘は親子丼。
海苔が多すぎ。


e0164825_5364393.jpg

嫁はおかめそば。
だから海苔が(^^;

この絵、変でしょ?
もり汁が載ってるw


e0164825_5373796.jpg

で、下の娘はもりそば。

そう、この子のもり汁がおかめの盆に。

『ネギきらいー』

と言ってどかしていました(^^;

で、わたしが天ざる。
ああっ!写真喪失!!!

えび天一匹どデカいのです。
一番下の小さいのが齧り付いてました。
しっぽカリカリは上の娘が担当。

嫁のおかめは顔の表現は足りない絵柄ですが、
優しいかけ汁に椎茸の味が移ってたいへん美味しいものでした。

醤油が大好きな末娘はかえしの利いたもり汁がツボったようで
蕎麦猪口を抱えてはなしません。
海老天強奪して、結果天もりデビューとなりました。

息子は二人前に満足の様子。
そば湯でほっこりしているわたしを見て、
真似てそば湯を愉しんでおりました。

お蕎麦屋さんの、この丼ぶり。
大きい子供たちは相当満足したようで、嬉しい限りです。
わたしは海老天を奪われましたが、
半分残ったもりそばを合わせて『大ざる』をいただいたことになります(^^;

もりそば、ざるそば、天ざる、おかめそば。
親子丼に、かつ丼。
〆て4700円でした。天ざるは1100円でしたがあとは失念。


そうですね。弊ブログ的には、ごく一般的な普通においしいお店。
広めの店内はぐるりと6人ほどの座敷席が5つ、
真ん中に4人掛けのテーブル席が、4つ。
座敷の障子窓からは庭木が愉しめます。

その土地の、大事な町のお蕎麦屋さん、といった感じでした。



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
八潮/吹上のやぶ
埼玉県三郷市戸ケ崎4-394
048-956-1188


by zacho_7henge | 2013-04-01 05:52 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】  かすかべ山喜@春日部八丁目

目の前のコロッケ屋の看板アートが目につきますが。
さて、綺麗にしているお店はいいですよね。
高級店のような構えと豪華さの中、手頃な値段でお蕎麦をいただけます。
こちらは花がたくさん植木も見事。
お出迎えは十分で、建物も大きな敷地に高級感もある造り。なにか敷居まで高そうですよ。
街を代表する、ちょっといいお蕎麦屋さんて立ち位置でしょうかね。


e0164825_13252168.jpg


分煙されていまして、吸う方は奥の座敷へ。わたしは入ってすぐ左の禁煙側です。
明るめの木のテーブル席で、ガラスの外にも植木がたくさん見えまして、
これがまた良い空気良い雰囲気です。
接客もとても良い応対で、ますますいい感じです。

e0164825_1325335.jpg

鴨せいろ1150円

鴨がこの値段というあたりで大衆店側ですか。
新そばで北海道産。品種までは出てこないです。
田舎や十割などの類いの用意はなく、石臼挽きで二八の極細打ち一本勝負ですね。
で、その蕎麦の量が、多いんです。
見事な細打ちにして程よく香りがいいです。
鴨は、やや残念ですか。
ほとんどクズ肉ではないかと思われるほどの小ささは、
安かろう悪かろうにしても、とも思いますが仕方がないですかね。

e0164825_1326340.jpg


釜湯そのままの蕎麦湯を注ぎまして、ゆったりと店内を眺めます。
石臼の模型や野菜なんかの置物。
各テーブルにも小さい花を添えて、おもてなし感を十分味わえます。
漫画雑誌や新聞があるところが庶民的で、いいですね。


e0164825_13262132.jpg



にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
春日部/山喜
埼玉県春日部市八丁目258-1
TEL 048-752-1373
営業時間 [水~土曜日] 11:00~15:00 17:00~20:30(LO.20:00)
[日曜日] 11:00~20:30(LO.20:00)
[月曜日] 11:00~14:00頃(売り切れ終い)

by zacho_7henge | 2011-10-16 22:50 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】 竹舟@春日部市西宝珠花

 ここから国道16号を越えるのも10年ぶりくらい。前後の4号バイパスはだいぶ整備されたんですね。2車線で走りやすくなりました。ロードサイドはあまり発展がないようでして、徐々に増えてゆく緑の景色を眺めながら、行楽地に向かう車たちに紛れてのんびり転がしていきます。
 16号を渡ってから少し行きまして田舎道に入りますと、田園風景のなか、雨を切り裂いて気持ちの良いドライブが続きます。この町は大凧上げで町興しなんですかね。凧の文字を見かけるようになるともうすぐです。土手沿いを過ぎて、木に囲まれた田舎のお蕎麦屋さんに着きました。


e0164825_7545788.jpg


竹舟 @ 春日部

 強く降っていた雨もあがり、開店前になってようやくクルマが入るようになってきました。11:30からなんですが、距離的に時間が読めなかったわたしは11時前に着いておりました。お店さんがクルマまで呼びに来てくれまして一番乗り馬鹿です。緑の多い玄関先に、田舎に来たような安らぎを感じながらお邪魔します。素朴な店内。打ち場の見えるいちばん隅っこの席をいただいて、お店観察をしながら蕎麦を待ちます。


e0164825_754564.jpg


天付田舎1400円

 二八のほうは1200円ですが、せっかくの新そばですから十割だという田舎にしました。産地は北海道は幌加内産。平らに打たれた蕎麦は、コシは柔らかめで、噛み味はやや重たい食感になっていますが、モグモグの田舎蕎麦。どこか家庭的な味わいに、そういう意味の『田舎』を感じることが出来ます。少々甘さの勝ったしょっぱい目のもり汁でグイグイ啜りましょう。


e0164825_7554165.jpg


 天ぷらの具合は良く、海老が2尾で満足です。

 お店はあっという間に満席状態で、奥の座敷を除いて手前は全て埋まりました。この地域の人たちには欠かせない人気店なんですね。いつも来ている人、久しぶりに訪れたという夫婦。お酒から入る人。『新そばを…』『もりを…』と、みんな楽しみに来ている方ばかりで、控え目ながら会話も盛り上がっている様子。綺麗な空気を眺め、美しい緑を吸い込んで、たっぷり元気をもらいました。たまには気分転換、良いドライブでした。



春日部/竹舟
埼玉県春日部市西宝珠花698
TEL 048-748-1008
営業時間 11:30~14:00 17:00~19:30(土曜日のみ夜も営業)
       最終注文は閉店10分前まで
オープン日 1986年

by zacho_7henge | 2011-10-15 16:08 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

【蕎麦屋】  ほりた@春日部市緑町3丁目

道すがら、品定めです。
こうしてみると結構な数のお蕎麦屋さんがあります、埼玉県内の旧日光街道。
砂場に、長寿庵。ボロボロな店から料亭みたいなのまであります。
見てるだけで楽しくて仕方ありません。
『次はここかな。ここもいいなぁ』
なんて目をやりながら、しばらくすると目的の一ノ割に着きました。


蕎麦 ほりた@一ノ割

旧道を一本裏に入ると、目を奪われるように綺麗な佇まいのお店が現れます。
木の温かみと厚みをうまく使って高級感溢れる外装ですね。
素砂利を敷き詰めた駐車場に、白いセダンを滑らせますと絵になります。


e0164825_0232294.jpg


暖簾を分けますと、ちょいと重たい外壁とは変わって
店内はまあ綺麗、といった感じの採光のよいお店です。
右手には座敷があるようですから、そこを見たならばもっと高級な印象でしょうか。
午後1時すぎ、昼の終わりに左手のテーブルに通されました。



カツ丼セット1100円

『藤うどん』なるものが推されていますが、紫芋を擦り込んだものらしいです。
藤の花でも使って『藤きり』なんて変わり蕎麦をやったら注目ですが、
きっと上手くいかなかったんでしょう、などと勝手に推察してみました。
どうやら地域の目玉メニューで、ここさんオリジナルじゃないそうです。


e0164825_0234379.jpg


さてと先に出されました蕎麦ですが、
う~んと、湾曲した皿に蕎麦を3玉。笹の葉を敷いています。
見栄えを狙ってのことでしょう。
しかし当然溜まった水に蕎麦の下の方はやや残念なことになってます。
勿体ないことで。

カツ丼が、アタタタ。随分とつゆだくで(^^;
丼ものの、汁の使う量が決まってないなんてことがあるんでしょうか。
昼最後の客でやっつけ仕事でしたかな。
蕎麦も、他の方の写真で見たような綺麗な渦はできていません。
ま、いじくり回されるよりいいですが。
そのお蕎麦はややコシが甘いなあ、という印象でした。


e0164825_0241240.jpg


少し残念なところはありましたが、
ホールさんも丁寧で笑顔の対応ですし、綺麗なお店でいい雰囲気です。
蕎麦、もり汁その他、提供の仕方から町なか仕様のお店で、
この辺りじゃきっと地域一番店を争うお店なんでしょうね。
町のお蕎麦屋さんが一生懸命ひたむきに頑張ったおかげで綺麗になったぜ、
といったところでしょうか。
方向性としては、どっちで行くんでしょうね。町なか仕様?本格蕎麦屋?
ちょっとよくわからないうちに時間となりました。

お昼の最後さんを送りだす笑顔に和まされ帰路につきました。
今日の昼の部は14時で仕舞うのかな…?


頑張る大衆店を応援します(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
一ノ割/ほりた
埼玉県春日部市緑町3-4-57
TEL 048-736-3872
営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

by zacho_7henge | 2011-09-22 22:08 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)  

更科@幸手市中1丁目

e0164825_23411788.jpg


綺麗になった駅前通り。
静かなもんですが、お蕎麦屋さんを発見。
駅の反対側にお点の高いお蕎麦屋さんがあるそうですが、
ここの駅は東側にしか出口がないので、
だいぶ歩くようですし時間が合わないのでこちらですませようと。


e0164825_2341598.jpg


手打ちきそば 更科@幸手駅前

大正琴のBGMが流れています。
狭いながらもカウンター5席テーブル3卓小あがり3卓と、
お客様の受け入れ体制にぬかりはねーぜ。



e0164825_23414841.jpg

大もり650円

更科というわりには、
やや色付いたもっちりした感じの蕎麦ですね。
手打ちの舌ざわりが喉にもやさしく落ちていきます。

あらま旨し!

街なか仕様のお店さんなんですが、
出て来た蕎麦はそれとはちょいと違うものでした。
大もりが150円増しと少し高めな設定なのがなんか納得できてしまいました。
噛んで蕎麦の香り、呑めば香り。
いや、ほんのりとですが、いいです。
甘すぎずー、のおつゆはノーマルなタイプ。余計なことがありません。
蕎麦が勝ってますが、へー、美味し。


e0164825_23421349.jpg


春日部の更科と似たものを予想していた舌や喉は意表を突かれて笑顔です。
それでもお店さんは
「まあ、ただの蕎麦だからよ」
ってんで、旦那さんを中心におかみさん入れて4人、淡々と切り盛り。
客も客で、只ただズズッと啜るのみ。

そんなんで、昼下がりのんびり系です。
おおきな土瓶の蕎麦湯で少しリラックスしてきました。
いやぁ、やっぱりこういうのは好きだなあ(^^
のんびりしすぎて、あ、時間(-_-#)



e0164825_23424970.jpg

帰りには、らきすたというアニメが描かれた商店街の福引券をもらいました。
3枚で1回か・・・
まあ、記念にいただいておきましょう(^^;

お店には若い学生さんカップルも来てました。
なかなか渋い選択するねえ、お二人さん。
ってんで、『デート』にもチェック入れてみました。

にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
幸手/更科
埼玉県幸手市中1-14-20
TEL 0480-42-0424
営業時間 11時~20時(通し)

by zacho_7henge | 2010-12-09 23:49 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(3)  

更科@春日部市粕壁1丁目

予習なしで、
知らない街で蕎麦屋を探すのは大変かなとも思いましたが、すんなり見つかりました。
駅を一回りすれば1軒くらいはあるもんです。

しかし一回り、って言っても、
線路で町が分断されて、春日部駅周辺はもったいない構造です。
トンネルくぐって、踏切渡って、疲れました(^^;
高架してあげないと町がかわいそうだね。


e0164825_23322699.jpg


更科@春日部駅東口




e0164825_2333543.jpg

馴れない携帯で、




e0164825_23333464.jpg

光に苦しむ、の図(^^;


まあ、古そうですよ。
千住で言えば柏屋さんみたいなもんでしょうか。
大きな水槽に熱帯魚がひらひら泳いで、暗がりの店内を飾ります。
うどんもやってますけど、わたしはやっぱり蕎麦ですね。



e0164825_23324084.jpg

天もり750円

海老天1匹ですが、まずまずの大きさです。
揚げたてカリサクの衣。身はブリプリして旨いですよ。
蕎麦は更科、綺麗に白く、コシが強くてしっかり噛んで食べましょうタイプ。
手打ちなんですねぇ。啜ったときのバラつき感が、自然。

e0164825_23331477.jpg


昼2時を過ぎても、ポツンポツンとやってくるご老人客。
街のお蕎麦屋さんの代表格、といったところでしょうか。
気取ってない分、落ち着きますね~。
うっすら白い蕎麦湯をいただきながら、のんびりさせて貰いました。
通しでやっててくれると、こちらも気を使わないて済みますしね。


にほんブログ村 ↓も覗いてみてね(^^
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
春日部/更科
埼玉県春日部市粕壁1-2-7
TEL 048-754-1911
営業時間 11:30~18:45

by zacho_7henge | 2010-10-17 23:47 | 今日の蕎麦屋 | Trackback | Comments(2)